2017年 ポイントメイク市場の最新動向・トレンドまとめ

2017年 ポイントメイク市場の最新動向・トレンドまとめ

こちらのコーナーでは、「2017年 ポイントメイク市場の最新動向・トレンド」をテーマに、市場のトレンドや参入各社の取り組みについてまとめています。

2018年2月28日

ポイントメーク市場、口紅を起爆剤に活性化

%e5%8c%96%e7%b2%a7%e5%93%81%e5%87%ba%e8%8d%b7

今、ポイントメーク市場では口紅が圧倒的な存在を保っている。その背景に口紅の王道色であるレッドカラーのトレンドがある。赤い口紅はつけた人の肌色を明るくみせ、全体の印象も華やかにする。2017年前半は口紅の大型新製品が続々登場して話題をふりまき、各社が体験型イベントやデジタルプロモーション、美容誌への露出といった多角的な仕掛けで集客につなげた。

口紅関連の統計をみてみると、経済産業省が発表した化粧品出荷金額における2016年の口紅の出荷額は前年比14.9%の427億7500万円と2ケタ成長を遂げた。

出典 ポイントメーク市場、口紅を起爆剤に活性化

次に日本輸入化粧品協会がとりまとめた化粧品輸入額をみると、2016年の唇のメークアップ調整品は前年比18.8%増の約148億7300万円と、同様に好調に推移したことがわかる。

出典 ポイントメーク市場、口紅を起爆剤に活性化

イヴ・サンローラン・ボーテ、口紅がブランド成長の起爆剤に

Ct20170701 47 1

イヴ・サンローラン・ボーテでは「ルージュヴォリュプテシャイン」が火付け役となり、リップカテゴリーが好調に推移している。2017年2月に発売した「ヴォリュプテティントインバーム」では、店頭に長蛇の列ができたことは記憶に新しい。

アイテム的にはリップスティックの勢いが強く、リキッドリップはティントが新たなトレンドになっているので、細分化されている印象がある。

出典 イヴ・サンローラン・ボーテ、口紅がブランド成長の起爆剤に

イプサ、肌色測定&IATで納得の色選び

Ct20170701 46 1

イプサでは肌測定器イプサライザーで肌を美しくみせるリップフィッティングサービスを提案してきた。2017年夏は、「リップスティック」の導入にともない、IAT(Implict Association Test)技術を応用した「10(テン)ピクチャーズ」も採用する。

色の傾向として、くすんだ茶かがった赤や暗めの色がトレンドになっている。くすんだ深い色調は年代を問わず取り入れられている。

出典 イプサ、肌色測定&IATで納得の色選び

今春夏は目元、口元ともピンクカラーが人気であり、「ピンクメーク」にフォーカスした特集を雑誌でよくみかけた。質感は、秋冬はベルベット、春夏はシアーな傾向にある。

出典 イプサ、肌色測定&IATで納得の色選び

カネボウ化粧品、コフレドールの口紅で澄んだ色ツヤを実現

Ct20170701 45 1

カネボウ化粧品は今年3月16日に発売した「コフレドールピュアリーステイルージュ」(全8色)が好調に推移している。「半熟ルージュ」をキャッチコピーにしたプロモーションが奏功し、6月16日には早くも新4色が登場する。

リップグロス市場は下がってはいないが、スティックに対する思いが強くなっている。

出典 カネボウ化粧品、コフレドールの口紅で澄んだ色ツヤを実現

女性は色の落ちにくさとみずみずしさを同時に求める傾向にある。

出典 カネボウ化粧品、コフレドールの口紅で澄んだ色ツヤを実現

ベアエッセンシャル、遺伝子から紐解いたベストカラーを提案

Ct20170701 44 1

ベアエッセンシャルでは去る2月8日、4種類・40色のヌードカラーを発売した。グローバルブランドならではの、世界の人々の肌を美しく見せるカラーシェードで予想を上回るペースで売れている。

真っ赤なリップなど、ビビットな色を使って自己表現をする一方で、時流のナチュラル、エフォートレス、本物志向などを受け、一生懸命盛るメークでなく肌なじみのよいヌード系カラーも大きなシェアを占め、両極の傾向にある。

出典 ベアエッセンシャル、遺伝子から紐解いたベストカラーを提案

高いツヤ感よりはツヤを控えめにした「セミラディアンス」「ナチュラルマット」など、トレンドであるナチュラルルックに溶け込む質感が人気だ。

出典 ベアエッセンシャル、遺伝子から紐解いたベストカラーを提案

アクセスランキング

  1. 1位 11月15日 11時30分
    花王、ファインファイバー技術を化粧...
  2. 2位 11月15日 10時30分
    コーセー、ブランド横断型の新サービ...
  3. 3位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  4. 4位 11月15日 09時30分
    @cosme、グローバル向けアプリ...
  5. 5位 11月15日 10時00分
    SAKURAYA FOR ME 新...
  6. 6位 11月14日 13時30分
    ライオン、2019年12月期第3四...
  7. 7位 11月14日 12時30分
    ジョンソン&ジョンソン第3四半期、...
  8. 8位 9月20日 15時30分
    ランクアップ、独自の病児シッター補...
  9. 9位 11月15日 12時00分
    ドラッグストアの化粧品販売戦略、P...
  10. 10位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  1. 1位 11月11日 16時00分
    中国の若年層に支持されるプチプラコ...
  2. 2位 11月11日 11時30分
    コーセー小林社長、2019年上期の...
  3. 3位 9月20日 15時30分
    ランクアップ、独自の病児シッター補...
  4. 4位 11月12日 12時30分
    あらた、ドラッグストアが順調でHB...
  5. 5位 11月13日 10時30分
    ライオン、弘前大との「口腔内検査シ...
  6. 6位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  7. 7位 11月8日 16時00分
    幹細胞コスメ、化粧品の可能性を広げ...
  8. 8位 11月12日 10時30分
    P&G、台所用洗剤「ジョイ」で海洋...
  9. 9位 11月12日 12時00分
    テクノエイト、チューブ製品の多品種...
  10. 10位 11月12日 14時00分
    エヌ・ピー・ラボ、大ロットを中心に...
  1. 1位 9月20日 15時30分
    ランクアップ、独自の病児シッター補...
  2. 2位 11月8日 10時00分
    資生堂 坂井透氏、代表取締役および...
  3. 3位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  4. 4位 10月15日 12時00分
    マイスター、ハンドメイドによる高品...
  5. 5位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  6. 6位 10月17日 14時00分
    コーセーAwake、全製品「ヴィー...
  7. 7位 9月20日 16時00分
    ファンケル、健康経営推進に向け社員...
  8. 8位 9月24日 16時00分
    大日本印刷、コンプレックスボトルで...
  9. 9位 12月25日 14時00分
    イライラでガサガサ…ストレスでお肌...
  10. 10位 10月15日 09時30分
    資生堂、「アナ雪2」と初の5ブラン...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

世界の化粧品業界 展示会一覧 | 週刊粧業オンライン

ページの先頭へ