ナチュラル・オーガニック化粧品原料の動向・トレンドまとめ

ナチュラル・オーガニック化粧品原料の動向・トレンドまとめ

こちらのコーナーでは、「ナチュラル・オーガニック化粧品原料の動向・トレンド」をテーマに、参入各社の取り組みについてまとめています。

2018年3月14日

ナチュラル・オーガニック化粧品原料の動向

%e5%8c%96%e7%b2%a7%e5%93%81oem%e7%b7%8f%e8%ab%96 %e6%96%b0

安心安全ばかりを追求するあまり、末端の声として「反面で、効果実感に乏しい」といった印象が拭えなかったオーガニック化粧品が、ここへきてコスメフリークの評価が高くなってきた。

根底では、参入プレーヤー数が多くなってきたことで企業間またはブランド間の勝ち残り競争が激化する中、安心感を押さえたうえでメーカーが標榜する価値と、実際に使った時の実感が合致してきたという指摘がある。

出典 ナチュラル&オーガニック原料、参入企業増加で市場基盤強固に

実際、出退店が頻繁で鮮度アップに躍起な有力テナントの変化を追っていると、オーガニックに分類できる勢力が台頭している様子を見て取ることができる。こうした実態からは、前出の指摘「実感が合致」に信憑性を感じ取ることができる。

出典 ナチュラル&オーガニック原料、参入企業増加で市場基盤強固に

とりもなおさず、愛用者から評価を受ける化粧品の成り立ちは原料が命運を担っている。「ナチュラル」や「オーガニック」と掲げた化粧品の一群が台頭し、売り手先行の機運から脱して買い手の関心度が主導する市況感に変わった今、ここに係わる注目原料を整理・掌握しておく必要がありそうだ。

出典 ナチュラル&オーガニック原料、参入企業増加で市場基盤強固に

岩瀬コスファ

Ct20171001 21 1

化粧品・健康食品原料・素材商社の岩瀬コスファでは、近年引き合いが増えている自然由来原料において、「桃セラミド水」「Zemea Select プロパンジオール」(Zemeaはデュポン・テート・アンド・ライル・バイオプロダクツ社の登録商標)「コスメソームCM―1」「植物由来EGF―Uni」の4種を勧めている。

特に、「桃セラミド水」(岡安商店製)は元々健康食品向け原料として活用されていた原料であり、口の中に入れるものと外からケアするものの両方を天然由来にする内外美容に適した水溶性製剤の原料だ。国産桃由来のピーチセラミドを1%含有している。

出典 岩瀬コスファ、エイジングケアに最適な植物由来原料を紹介

クローダジャパン

Sn20171113 3

クローダジャパンは、愛用者基盤が拡大している「ナチュラル」または「オーガニック」を標榜する製品を擁するメーカーに向け、無色透明でほぼ無臭の高純度なトリグリセライド製品群「CROPURE」シリーズの提案を強化している。

「CROPURE」シリーズに関し同社が「高純度」と掲げる背景では、CRODAが独自に有するカラム吸着精製法(Super Refined Technology)によって実現する品質が根拠となっており、トリグリセライドの特性を維持したうえで不純物となる極性物質だけを除去している。

出典 クローダジャパン、高純度のトリグリセライドを積極提案

日本緑茶センター

Ct20171001 19

日本緑茶センターでは1969年の創立以来、世界中から集めたハーブとお茶の販売を手がけてきた。

1982年に日本初のハーブ&ティー専門店「ティーブティック」を青山にオープンし、川上から川下まで携わるとともに、日本ハーブ協会連絡協議会の設立に参画するなど業界の発展にも尽力してきた。

出典 日本緑茶センター、自然素材のハーブを化粧品原料へ

日光ケミカルズ

Ct20171001 18

日光ケミカルズは、グループ7社の総合力を活かし、化粧品や食品、医薬品向けに原料の開発・製造・提供から製剤開発、安全性・有用性評価までトータルでサポートしている。

先のCITE Japan 2017では、趣向を凝らしたさまざまなコンセプトゾーンを設け展示した。海外で注目されている原料を紹介するゾーンでは、ナチュラル・オーガニック製品に向けたストーリー性のある原料などを紹介し好評を博したという。

出典 日光ケミカルズ、ストーリー性のある素材を提案

アクセスランキング

  1. 1位 6月13日 12時30分
    コストコ2019年第3四半期累計、...
  2. 2位 6月14日 14時00分
    一丸ファルコス、新規オーガニック原...
  3. 3位 6月14日 15時00分
    アーツ、独自システムで業務効率化を支援
  4. 4位 6月14日 10時30分
    カネボウ、「KATE」から輝きと透...
  5. 5位 6月14日 16時00分
    自然派オーガニックコスメ、多チャネ...
  6. 6位 6月14日 14時00分
    フェイバリット、製造の最終工程から...
  7. 7位 6月14日 16時00分
    国内物流サービス、人材不足・価格競...
  8. 8位 6月14日 12時30分
    アルビオン 小林章一社長、2019...
  9. 9位 6月14日 12時00分
    カトー薬院、ホワイトリリー化粧品の...
  10. 10位 6月13日 14時30分
    トレンドExpress、中国人バイ...
  1. 1位 6月13日 12時30分
    コストコ2019年第3四半期累計、...
  2. 2位 12月25日 14時00分
    イライラでガサガサ…ストレスでお肌...
  3. 3位 12月11日 19時30分
    一秒でも長く寝たい…忙しい年末年始...
  4. 4位 2月6日 19時40分
    冬のトラブル続きの肌に!温感美容で潤いを
  5. 5位 6月3日 12時00分
    ヤーマン、中国美容機器市場での展開強化へ
  6. 6位 3月18日 17時00分
    ES-ROOTS、こだわりの純粋ハ...
  7. 7位 5月31日 12時00分
    ジュリーク・ジャパン、新製品発表会を開催
  8. 8位 6月10日 12時00分
    美人製造研究所、ドクターズコスメの...
  9. 9位 6月6日 10時00分
    ウテナ、創業100周年を見据え社会...
  10. 10位 6月4日 12時00分
    nijito、ライフスタイルブラン...
  1. 1位 12月25日 14時00分
    イライラでガサガサ…ストレスでお肌...
  2. 2位 12月11日 19時30分
    一秒でも長く寝たい…忙しい年末年始...
  3. 3位 2月6日 19時40分
    冬のトラブル続きの肌に!温感美容で潤いを
  4. 4位 3月18日 17時00分
    ES-ROOTS、こだわりの純粋ハ...
  5. 5位 6月13日 12時30分
    コストコ2019年第3四半期累計、...
  6. 6位 4月9日 15時00分
    laboratory、新製品発表会を開催
  7. 7位 4月9日 13時00分
    ヤーマン、マスク型美顔器が人気
  8. 8位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  9. 9位 4月9日 11時00分
    アテニア、肌質修正下地をリニューアル
  10. 10位 4月1日 12時00分
    ファンケル、研究ミーティングを特別開催

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ