2018年下期オーラルケア市場の最新動向・トレンドまとめ

2018年下期オーラルケア市場の最新動向・トレンドまとめ

こちらのコーナーでは、「2018年下期オーラルケア市場の最新動向・トレンド」をテーマに、市場トレンドや参入各社の取り組みについてまとめています。

2018年11月 3日

市場規模2380億円、拡大傾向も伸長率鈍化

Ss20181029 29

2018年のオーラルケア市場規模は、前年比1%増の2380億円になることが予想される。

2018年のオーラルケア市場規模は、前年比1%増の2380億円になることが予想される。

出典 2018年オーラルケア市場規模2380億円、拡大傾向も伸長率鈍化

主要カテゴリー別にみると、ハミガキが前年比微増の885億円、ハブラシが前年比1%増の553億円、洗口液が前年比2%増の338億円となる見込みだ。

出典 2018年オーラルケア市場規模2380億円、拡大傾向も伸長率鈍化

ライオン

Ss20181029 26

ライオンは、生活者のオーラルケア習慣向上に向け、製品価値だけでなく使用体験による新価値の提案を進めている。

口臭科学から生まれたブランド「NONIO」は、口臭を予防するという機能価値に加え、息に自身が持てるようになることで、気持ちの通うコミュニケーションを高めるという価値の提供を行っている。

出典 ライオン、各年代のニーズに合わせオーラルケア商品を展開

歯槽膿漏をトータルケアする「デントヘルス」では、「デントヘルス薬用ハミガキ 口臭ブロック」を発売した。歯ぐきリスクが高まる50代からの口臭ケアへの新提案として、口臭が気になって大声で笑うことをためらってしまうなど、口臭に深い悩みを抱えた人にアプローチする。

出典 ライオン、各年代のニーズに合わせオーラルケア商品を展開

サンスター

Ss20181029 25

サンスターグループは、オーラルケアカテゴリーの主要ブランド「G・U・M(ガム)」から2018年1月に発売した新シリーズ「ガム歯周プロケアシリーズ」が、TVCMとWeb広告を中心としたプロモーションで着実に認知度を拡大している。

ガムブランドにおけるハミガキ・ハブラシ・歯間清掃具の今期売上(1~9月)が前年同期を上回る推移を見せている。

出典 サンスターグループ、主要2ブランドの新シリーズに注力

8月に発売したガム・ナイトケアリンスのプロモーションでは、1000GRPに及ぶTVCMを投下し、広告と店頭との連動を強化したことに加え、サンプリングキャンペーンを積極的に行い、新規トライアルの獲得につなげたという。

出典 サンスターグループ、主要2ブランドの新シリーズに注力

花王

Ss20181029 24

花王では、「クリアクリーン」「ピュオーラ」「ディープクリーン」の3つのブランドで、ライフステージに合わせたオーラルケア商品の提案を行っている。

口内環境の変化を感じるようになる40~50代をターゲットにしたブランド「ピュオーラ」では、特に口臭に深い悩みを持つ消費者に向け、「薬用ピュオーラ 泡で出てくるハミガキ」を2018年4月に発売し、好調な売れ行きとなっている。

出典 花王、薬用ピュオーラの泡で出てくるハミガキが好評

同社は、数十年にわたる口腔内の菌研究から、不快な口臭の原因のひとつである「舌の上の菌」に着目した。同商品は、泡を舌の上に直接のせることで、きめ細かい泡が舌に密着して舌の上を殺菌し、口臭をケアできる。

出典 花王、薬用ピュオーラの泡で出てくるハミガキが好評

小林製薬

Ss20181029 23

小林製薬は、「生葉」を中心としたハミガキや、糸ようじ、やわらか歯間ブラシを展開する歯間清掃具が好調に推移し、2018年12月期上期のオーラルケアカテゴリーは前年同期を上回る実績を残した。

今秋は、既存品の育成強化に加え、「ブレスケア」ブランドを展開する口中清涼剤市場の活性化に向け、「ブレスパルファム」シリーズから、即感性のあるカプセルタイプ「はじけるカプセル」(プレシャスフローラルの香り)を10月に発売した。

出典 小林製薬、息を香らせる「ブレスパルファム」で新規ユーザー獲得

アクセスランキング

  1. 1位 2月17日 14時00分
    富士経済、機能性化粧品の国内市場調...
  2. 2位 2月17日 09時30分
    コーセー、「サロンスタイル ビオリ...
  3. 3位 2月17日 16時00分
    ナリス化粧品、大阪市女性活躍リーデ...
  4. 4位 2月17日 15時00分
    エテュセ、新たなコンセプトのもと中...
  5. 5位 2月14日 16時00分
    敏感肌コスメ市場、17年連続増で2...
  6. 6位 2月17日 14時30分
    日本ドラッグチェーン会、マツモトキ...
  7. 7位 2月17日 10時30分
    資生堂、男性がん患者のための小冊子...
  8. 8位 2月17日 11時30分
    花王、消費者志向経営で「消費者庁長...
  9. 9位 2月13日 12時30分
    石洗組合、新春懇親会で若い世代が希...
  10. 10位 2月14日 12時00分
    花王、キュレルの「潤浸保湿フェイス...
  1. 1位 2月10日 12時30分
    ティアーズ、新製品発表会を開催
  2. 2位 2月13日 11時30分
    ユニ・チャーム、GPIF選定のES...
  3. 3位 2月12日 12時30分
    ポーラ化成工業の松尾研究員、化粧品...
  4. 4位 2月10日 16時00分
    GEウェルネス、日本古来の美容法を...
  5. 5位 2月10日 10時00分
    ソフィアリンクス 三原代表、中国化...
  6. 6位 2月13日 14時30分
    花王、高級スカルプケアブランド 「...
  7. 7位 2月7日 14時30分
    2019年11月の家庭用洗浄剤出荷...
  8. 8位 2月12日 14時00分
    ディセンシア、直営店でユーザーとの...
  9. 9位 2月10日 14時30分
    コーセー、肌バリア機能を簡便かつ迅...
  10. 10位 2月10日 12時00分
    明色化粧品、新スキンケアブランド「...
  1. 1位 1月28日 11時00分
    コーセー、「雪肌精」のグローバル化を加速
  2. 2位 1月21日 10時30分
    コーセー、「コスメデコルテ」から多...
  3. 3位 1月23日 10時30分
    アルビオン、「イグニス」を一新 個...
  4. 4位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  5. 5位 1月20日 12時30分
    オルビス、国内空港免税店へ初出店
  6. 6位 1月17日 12時30分
    三葵コーポレーション、ユニークな海...
  7. 7位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  8. 8位 1月28日 14時00分
    中国ECモール化粧品売上高トップ3...
  9. 9位 1月17日 16時00分
    日本コルマー、化粧品開発展で価値創...
  10. 10位 2月4日 09時30分
    花王グループ、「バイオミメシス ヴ...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ