化粧品新業態店「INCLOVER(インクローバー)」出店の狙いと展望を師岡伸生社長に聞く

週刊粧業

2012年10月18日 15時43分

Img1633 1

 住商ドラッグストアーズは2012年10月12日、ラグジュアリー化粧品のセルフ対応型ショップ「INCLOVER(インクローバー)」1号店をラゾーナ川崎プラザPLAZAWEST2階にオープンした。

 百貨店に軒を連ねる有力外資系ブランドやオーガニックブランドなど総勢30ブランドを集積した日本最大級の化粧品新業態店として注目を浴びそうだ。師岡伸生社長に「INCLOVER」出店のねらいと、展望をたずねた。

コーナー内で世界を自由に表現、
アイテム別集積コーナーも展開

 師岡氏は国内化粧品市場を次のように分析する。

 「化粧品市場では店頭販売が1兆7000億円、うち流通別ではドラッグストア6500億円、百貨店が1800億円、その他が専門店とバラエティストアなどとみている。一方、ジャンル別では高価格帯が6500億円、中価格帯が9300億円、残りが低価格である。傾向として、ドラッグストアは増加、百貨店は減少、高価格帯と低価格帯は上昇、中価格帯は下がっている。高級化粧品の中でも伸びているのはアンチエイジングと美白である」

 つまり、不況下にあっても高級化粧品の需要はそれなりにある。しかし高価格帯市場が6500億円ありながら、百貨店で売られている化粧品が全て高価格帯と仮定しても1800億円に過ぎない。一方でドラッグストアでも高価格帯の化粧品を扱っており、お客様がついている。

 「お客様が高級化粧品を気軽にアクセスできる売場をつくり、買い方を含めた提案をすればこの市場はまだまだ伸びる余地があると思った。百貨店ではともすると敷居が高く感じられ、お客様もまずはカウンターに座らなくてはいけない。初回はカウンセリングを受けても、次はもっと気軽に買いたいとか、百貨店まで足を運ばなくても自宅近くの店舗で買いたいというお客様もいる。ショッピングセンターに(新業態店を)出店すれば新たな可能性が見いだせる」

 店名「INCLOVER」はInternational Cosmetic Loverの略語。ターゲットを絞り込まず、幅広い世代を取り込む。東芝の跡地を再開発した「ラゾーナ川崎プラザ」は全国1~2位の売上げを誇る商業施設であり、出店したいブランドは多い。同社でも1号店の出店場所として第一候補にあげていた。(以下、省略)

【週刊粧業】「住商ドラッグが描く高級化粧品の販売戦略とは」はこちら

img1562_2.jpg

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 7月19日 14時30分
    メナード、コラーゲン研究で新たな解...
  2. 2位 7月19日 14時00分
    HIROSEYA with@cos...
  3. 3位 7月19日 13時30分
    ライオン、「NONIOプラス知覚過...
  4. 4位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  5. 5位 6月10日 11時30分
    資生堂、「dプログラム」からオール...
  6. 6位 7月19日 15時30分
    コーセー、「先端技術研究所」を本格稼動
  7. 7位 7月19日 15時00分
    バルクオム、グローバルプロジェクト発表
  8. 8位 7月18日 13時30分
    コーセー、「Maison KOSÉ...
  9. 9位 7月16日 15時40分
    ファンケル、独自原料にコラーゲン産...
  10. 10位 7月18日 12時30分
    美容スクール、高度専門職人材の育成へ
  1. 1位 7月11日 14時20分
    マンダム、ギャツビーから新スタイリ...
  2. 2位 7月16日 15時40分
    ファンケル、独自原料にコラーゲン産...
  3. 3位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  4. 4位 7月16日 15時00分
    ニュー スキン ジャパン、教育支援...
  5. 5位 7月16日 15時20分
    ナガセ ビューティケァ、新スキンケ...
  6. 6位 7月17日 15時30分
    コーセー、クリームレベルの油分を配...
  7. 7位 7月18日 13時30分
    コーセー、「Maison KOSÉ...
  8. 8位 7月12日 15時00分
    【2019年調査】20代・30代女...
  9. 9位 7月12日 14時40分
    【2019年調査】20代・30代女...
  10. 10位 7月18日 10時30分
    資生堂、「ウーノ」の男性用BBクリ...
  1. 1位 12月25日 14時00分
    イライラでガサガサ…ストレスでお肌...
  2. 2位 2月6日 19時40分
    冬のトラブル続きの肌に!温感美容で潤いを
  3. 3位 12月11日 19時30分
    一秒でも長く寝たい…忙しい年末年始...
  4. 4位 7月11日 14時20分
    マンダム、ギャツビーから新スタイリ...
  5. 5位 3月18日 17時00分
    ES-ROOTS、こだわりの純粋ハ...
  6. 6位 6月19日 15時00分
    北の達人コーポレーション、ESPE...
  7. 7位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  8. 8位 6月10日 14時00分
    シーボン2019年3月期決算、減収減益
  9. 9位 6月27日 14時30分
    コーセー雪肌精、世界に向けたマーケ...
  10. 10位 6月21日 15時00分
    スギ薬局、ビューティを核にした都市...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ