大日本印刷、バイオマスプラスチックの普及拡大へ

C&T 2020年9月15日号 20ページ

2020年10月1日 15時00分

Ct20201001 40 1

 大日本印刷(DNP)では、「資源の循環」「CO2の削減」「自然環境の保全」という3つの価値を提供することにより、循環型社会の実現をめざす「DNP環境配慮パッケージング GREEN PACKAGING」を展開している。

 同社では、20年ほど前から容器包装を提供する企業の社会的責任として、世の中の動きに先駆けて環境負荷を低減する包材の開発を進めてきた。

 2017年に、これまで開発してきた環境に配慮した様々な製品を「GREEN PACKAGING」として統合し、循環型社会の実現に向けて環境配慮についてより分かりやすく発信していくための取り組みを開始した。



 「GREEN PACKAGING」の柱の1つが、植物由来のプラスチックを一部に使用し、石油由来のプラスチック削減とCO2削減を実現する「DNP植物由来包材 バイオマテック」(PET(ポリエチレンテレフタレート)=フィルム・シート/PE(ポリエチレン)=フィルム・押出・成型品)シリーズだ。

 石油由来のプラスチックと同等の物性でバリア性能も付与することが可能である。

 2019年度はプラスチック資源循環戦略として、バイオマスプラスチック導入の数値目標(2030年までに200万トン)が示されるなどにより企業の環境問題への関心が一層高まり、化粧品やトイレタリーの詰替えパッケージなどにも同シリーズの採用が広がった。

 その結果、石油由来の包材を使用した場合と比べ、CO2削減量は前年度比500トン増の3000トンとなり、算出を開始した2018年度から累計で5500トン以上のCO2削減に貢献している。

 「バイオマスプラスチックは、普及拡大の新たなステージに入り、今年度から当社が保有しているバイオマスプラスチック関連の特許を開放している。本取り組みにより、日本全体でのバイオマスプラスチックに関する技術の開発が加速すると思われる。このように業種・業界の垣根を越えて複数の企業が協働するようなエコシステムを構築することにより、普及拡大に努めていきたい」(同社)

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  2. 2位 10月19日 10時30分
    資生堂、化粧膜の物性が肌の柔軟感に...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 10月19日 10時00分
    キューサイ、コロナ禍における女性の...
  5. 5位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  6. 6位 10月19日 14時00分
    TPCマーケティングリサーチ、コロ...
  7. 7位 10月19日 15時30分
    シンクタンクが分析する2021年国...
  8. 8位 10月19日 10時00分
    サンスター、活性酸素を除去する米ぬ...
  9. 9位 10月19日 13時30分
    インテージ、2019年化粧品市場は...
  10. 10位 10月19日 11時00分
    イオン、SC・金融の事業改善や小売...
  1. 1位 10月12日 14時00分
    ファンケル、マスクを終日着用した際...
  2. 2位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 10月5日 14時00分
    コーセーマルホファーマ、新ブランド...
  5. 5位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  6. 6位 10月14日 12時30分
    花王グループ、化粧品事業のデジタル...
  7. 7位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  8. 8位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  9. 9位 10月14日 11時30分
    コーセー、雪肌精クリアウェルネスか...
  10. 10位 10月13日 11時30分
    資生堂、オンライン上でメークが試せ...
  1. 1位 10月5日 14時00分
    コーセーマルホファーマ、新ブランド...
  2. 2位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 10月12日 14時00分
    ファンケル、マスクを終日着用した際...
  5. 5位 10月5日 10時00分
    花王、トイレの掃除に便利なクイック...
  6. 6位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  7. 7位 10月8日 10時00分
    資生堂ジャパン、新戦略発表会202...
  8. 8位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  9. 9位 7月15日 12時00分
    マンダム、男性向けシワ改善クリームを発売
  10. 10位 10月28日 13時00分
    アルビオン、化粧液「フローラドリッ...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ