コーセー 小林一俊社長 2021年新春インタビュー~世界で存在感のある究極の高ロイヤルティ企業を目指す

週刊粧業 2021年1月1日号 8ページ

2021年1月14日 15時50分

Ss20210101 146 1

 コーセーは、新型コロナウイルス感染症の影響により上期売上高が23.7%減少したものの、ピンチをチャンスに変えてきたこれまでの経験・ノウハウを活かし、コストコントロールを実施することで、40億円の営業利益を確保するなど、戦後最大の危機にあって変化対応力の高さを社内外に示した。

 中期ビジョンで目指す「世界で存在感のある究極の高ロイヤルティ企業」の実現に向けては、「ロングセラーブランド・商品を数多く有することによって、その人にとってなくてはならない存在になることが重要」と語る小林一俊社長に、新年度の課題と抱負についてインタビューした。

ピンチをチャンスに変え
リスクに強い企業へ進化

 ――まず、2020年を振り返っていただけますか。

 小林 日本経済は、新型コロナウイルス感染症の影響により依然として厳しい状況にありましたが、足元では下げ止まりつつあります。

 化粧品業界においては、経済産業省の化粧品出荷統計によりますと、販売個数・販売金額ともに前年を下回っています。 

 このような市場環境の中、当社グループにおいては、過去の苦しい局面においてピンチをチャンスに変えてきた経験・ノウハウを有しており、今後もグローバル・ボーダレスに事業を拡大していくためにリスクに強い企業に進化すべく、課題に取り組み、改革を進めています。

 国内では、4月~5月にかけて緊急事態宣言が発出され、百貨店が約2カ月間クローズしました。この販路においては、オンラインやデジタルを活用したお客さま対応が遅れており、大いに反省すべきと感じています。

 ただ当社では、デジタルマーケティング戦略部を中心に、「デジタルプラットフォーム」や「オンラインカウンセリング」の本格稼働に向けた準備を相当前から進めていました。

 グループのオフィシャルWebサイト「Maison KOSÉ」では、お客さまからの買い場がなくなってしまって困るという多くの声を受け、急遽、緊急事態宣言中のみ時限措置として、通常ECで取り扱っていないブランドを追加し、購入できようにしました。

 また、社内においてもデジタル改革の一環で、年初に本社をフリーアドレス化し、昨年のうちにノートパソコンを2000台購入するなど、どこでも仕事ができる業務体制の構築を図ってきたことが奏功し、緊急事態宣言発出後はスムーズに社内業務をリモート環境に移行することができました。

 私は数年前から“高リスク社会”の到来を指摘し、「ニューノーマル」という言葉を社内外に向けて頻繁に使い、これまでの常識が通用しない時代が必ず到来することを訴え続けてきました。

 新型コロナウイルスの世界的な蔓延とその影響は想定以上でしたが、この出来事についても、極力ポジティブに考えるようにしています。

 「非常時ほど新しいものが生まれる」とよく言われますが、このコロナ禍は、デジタル化を推進する上では絶好のチャンスであり、商売の仕方やお客さまへのアプローチの仕方を大きく変えていくまたとない機会と捉えています。

 海外は、アジアが好調に推移しました。特に、中国ではオンラインがしっかりと機能する中で、オフライン販売も早い段階で回復し、業績を大きく牽引しました。日本ではこのようなオンラインとオフラインの融合が図れていなかったのは反省点であり、今後の課題として改革を進めていきます。

 ――ハイプレステージの動向はいかがですか。

 小林 コロナ禍においては専門店流通のたくましさを実感し、お客さまとの絆の深さについて、我々の強みであると再認識しました。

 実際、2019年9月の消費増税前の特需の反動をものともせず、9月、10月と非常に健闘しています。お客さまとの強い絆をより強固にしていくため、今後も継続して強化を図っていきます。

 ――専門店チャネルをどのように発展させていくお考えですか。

 小林 お客さまはより多様化していきます。今後もカウンセリング需要がなくなることはなく、店頭でのカウンセリングを充実していかなければなりませんが、そこに集中するあまりデジタルでカウンセリングを行うという視点が欠落していました。

 この部分のテコ入れは必須であり、フェイストゥフェイスのカウンセリングと、デジタルのカウンセリングの両立を図っていきます。

 ――「コスメテリア構想」について考えをお聞かせください。

 小林 コスメテリアはまだまだ途上であると感じています。当社の様々なブランドを専門店流通を通じ、顧客ニーズに即した形で提案していくことを現在進めていますが、将来はコスメテリアを「Maison KOSÉ」と融合し、ビューティアトラクション的な要素を付加価値として提供する新たな業態にしていくべきと考えています。

 「Maison KOSÉ」は、当社がすでに銀座と表参道で展開していますが、全国各地にビューティアトラクションがある状態が理想的です。将来的には、それぞれのエリアで意欲のある専門店さまにその役割を担っていただきたいです。

 ――プレステージの動向はいかがですか。

 小林 私は、制度品メーカーが長年切磋琢磨し積み上げてきた化粧品の価値づくりや売り方、共存共栄関係がここへ来て壊れかけてきていることを非常に危惧しています。

 やはりプレステージの価格帯(3000円~5000円)は、お客さまにとって付加価値が高く、化粧品が提供するワクワク感や夢、肌を健やかに保つことなどに焦点を当てて品質やコンセプトで競うべきです。

 当社としては、安易に価格で勝負することなく、プレステージに相応しい価値を追求していきます。

 ――コスメタリーの動向はいかがですか。

 小林 当社では、付加価値の高いものをお手頃な価格で提供するという姿勢でコスメタリー事業に向き合ってきましたが、コロナ禍における価格の二極化の影響を受け、こうした姿勢が裏目に出てしまい、商売としては厳しい局面にあります。

 ただ、コスメタリー事業については、今の業績だけを見て止めるべきというご指摘も受けますが、私は絶対に止めてはいけないと考えています。化粧品市場の両極をおさえておく必要は絶対ありますし、コスメタリーならではの役割がありますので、今後も強化を図っていきます。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 1月8日 10時40分
    サンスター、コロナ禍で殺菌成分「C...
  2. 2位 8月18日 13時00分
    資生堂、慈善コンサートの収益でウク...
  3. 3位 8月19日 13時00分
    アイル、製造業・卸売業向けの無料オ...
  4. 4位 8月19日 10時00分
    化粧品の海外進出支援、中国市場に特...
  5. 5位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  6. 6位 5月10日 14時53分
    HRK・岩本初恵社長、病魔に打ち勝...
  7. 7位 8月19日 12時00分
    PALTAC第1四半期、増収減益
  8. 8位 8月18日 15時00分
    花王、中国で「キュレル アンチリン...
  9. 9位 8月19日 11時00分
    ホーユー、「ビゲン」からグレイヘア...
  10. 10位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  1. 1位 1月8日 10時40分
    サンスター、コロナ禍で殺菌成分「C...
  2. 2位 5月10日 14時53分
    HRK・岩本初恵社長、病魔に打ち勝...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  5. 5位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  6. 6位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  7. 7位 8月15日 11時00分
    花王、紙おむつの腹部しめつけが乳幼...
  8. 8位 8月4日 10時00分
    小林製薬、「世界猫の日」に向けネコ...
  9. 9位 8月3日 11時00分
    資生堂、Makuakeにてリトリー...
  10. 10位 8月15日 14時00分
    マトメージュ 前髪グルー、前髪をお...
  1. 1位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  2. 2位 5月10日 14時53分
    HRK・岩本初恵社長、病魔に打ち勝...
  3. 3位 1月8日 10時40分
    サンスター、コロナ禍で殺菌成分「C...
  4. 4位 8月1日 14時00分
    資生堂、スパチュラ自立格納容器の開...
  5. 5位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  6. 6位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  7. 7位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  8. 8位 8月3日 11時00分
    資生堂、Makuakeにてリトリー...
  9. 9位 8月4日 11時00分
    花王、「アタック ZERO 部屋干...
  10. 10位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

ページの先頭へ