アンチエイジング、幹細胞培養液の幅広いラインナップとCPP技術搭載ビタミンC誘導体を発表

週刊粧業 2021年5月17日号 9ページ

2021年5月18日 10時40分

Ss20210517 9 2

 アンチエイジング(本社=東京都港区)は、2012年にヒト幹細胞培養液を日本に導入して以来、ヒト幹細胞培養液を専門に原料の提供を行なっている。

 同社の強みは幅広い原料のラインナップ。ほぼ100%のヒト幹細胞培養液「RemyStem」を中心に、浸透性を高めるためリポソームにした10・30・50%の濃度のヒト幹細胞培養液「RS Liposome」、さらに近年注目を集めるエクソソームをヒト幹細胞培養液のデリバリーに応用したハイブリッドエクソソーム「RemyEV―3」など、安定性と浸透性を高めたヒト幹細胞培養液を取り揃えている。

 同社のヒト幹細胞培養液の特徴は、豊富な機能性データと安全性データ、それに加え独自のローリングボトル培養による豊富なエクソソーム含有量にある。

 また、世界中で最も美容について研究が行われている脂肪由来幹細胞を用いていることも特徴となっている。「化粧品原料として正当に入手でき、無理なく製造に用いることのできる幹細胞は、脂肪由来幹細胞がベストである」と同社は語る。

 今年1月に行われた化粧品開発展では新規複合原料「RS Liposome 3.0 Complex」を発表した。

 同製品はリポソームしたヒト幹細胞培養液を30%含有し、浸透型ペプチドビタミンC誘導体を組み合わせた化粧品原料。この浸透型ペプチドビタミンC誘導体「Pentide―C」は、細胞膜浸透性ペプチド(CPP)の技術をビタミンCの安定化に応用した素材。通常のビタミンC誘導体は、安定化のために組み合わされる物質に機能はないが、「Pentide―C」でビタミンCの安定化のために結合するペプチドは、それ自体が皮膚に浸透し細胞までビタミンCを運ぶ機能を持っている。これはCPPの技術が用いられているからだ。

 さらに、通常のビタミンCはトランスポーターに依存して細胞の中に取り込まれるが、「Pentide―C」はトランスポーターに依存することなく、ビタミンCを細胞中に運び込む。

 そのため低濃度ではビタミンCよりも強い効果が期待できる。同社は皮膚への浸透性、細胞への取り込み(図)、コラーゲン生成促進、抗炎症、メラニン生成抑制などについて、in vitroで確認している。



 CITE JAPAN 2021では、アワードにノミネートされた「Pentide―C」の単体での発売開始をアピールする。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  2. 2位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  3. 3位 6月11日 10時30分
    ポーラ、コロナ前後で肌変化を比較 ...
  4. 4位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  5. 5位 6月8日 13時30分
    花王、合成擬似セラミドによる唇のあ...
  6. 6位 6月11日 12時00分
    アルビオン 小林章一社長、2021...
  7. 7位 3月4日 15時00分
    コーセー、新型コロナウイルス感染症...
  8. 8位 6月11日 10時00分
    資生堂、組織の一部改正と人事異動(...
  9. 9位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  10. 10位 6月11日 11時30分
    ファンケル、関西圏に新たに物流拠点を設立
  1. 1位 6月8日 13時30分
    花王、合成擬似セラミドによる唇のあ...
  2. 2位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  3. 3位 6月10日 11時00分
    アルビオン、2021年3月期は売上...
  4. 4位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  5. 5位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  6. 6位 6月7日 13時00分
    ミルボン、トレーサビリティシステムを開発
  7. 7位 6月9日 10時00分
    カネボウ、ミラノコレクションのボデ...
  8. 8位 3月4日 15時00分
    コーセー、新型コロナウイルス感染症...
  9. 9位 6月7日 15時00分
    コーセーコスメポート、ジュレーム ...
  10. 10位 6月11日 12時00分
    アルビオン 小林章一社長、2021...
  1. 1位 5月24日 14時00分
    資生堂、革新的なクレンジングウォー...
  2. 2位 5月26日 15時00分
    コーセー、第21回SCCJ優秀論文...
  3. 3位 5月25日 10時30分
    コーセー、驚きのさらさら感が特徴の...
  4. 4位 5月25日 10時00分
    資生堂、日本初の多機能技術を搭載し...
  5. 5位 5月19日 13時30分
    牛乳石鹼、無添加シリーズから待望の...
  6. 6位 5月31日 13時00分
    アンチエイジング 牛島社長、ヒト幹...
  7. 7位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  8. 8位 5月26日 13時30分
    資生堂グループ、人事異動(2021...
  9. 9位 6月3日 12時30分
    ポーラ、みずみずしく生命感溢れるツ...
  10. 10位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ