イトーヨーカドーららぽーと横浜、ドラッグと子供関連を柱に活性化

週刊粧業 2023年5月29日号 5ページ

カンタンに言うと

  • ニューファミリー層にアプローチ
  • ドラッグストアからシェア争奪、健康、癒しをテーマに価値を提供

イトーヨーカドーららぽーと横浜、ドラッグと子供関連を柱に活性化
 イトーヨーカ堂はGMSとして直営アパレルの撤退を表明する一方、新たなドラッグコーナー「DrugCosme」と大型子供関連売場「TOYLO PARK」の展開によって、ノンフードの活性化に取り組んでいる。

 衣料品・住関連を統括するライフスタイル事業部が構造改革の一環で、改装を進める中、競争力のある売場として構築した。イトーヨーカドーららぽーと横浜(横浜市都筑区)の改装で、2つの売場を導入し4月21日にグランドオープンした。いままで取り込めていなかった30代のニューファミリー層にアプローチする。

 ライフスタイル事業部で、売上構成比が高かったアパレルは構造改革の領域となっている。アパレル撤退の背景について、梅津尚宏執行役員ライフスタイル事業部長は次のように説明する。

あと91%

週刊粧業の有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > イトーヨーカドーららぽーと横浜、ドラッグと子供関連を柱に活性化

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop