アルビオン、ケミカルリサイクルPETの化粧品容器を開発

粧業日報 2023年11月14日号 2ページ

カンタンに言うと

  • 美しさと環境配慮を兼ね備えつつ万全な品質と意匠性をクリア
アルビオン、ケミカルリサイクルPETの化粧品容器を開発
 アルビオンは、プラシーズ、ベルポリエステルプロダクツと連携し、美しく高品質なケミカルリサイクルPETの新容器を開発した。

 ケミカルリサイクルPETは、市場回収した飲料用のペットボトルなどをリサイクルした環境配慮材料だが、「透明性」「肉厚」「色調」などの点で、アルビオンがこだわるデザイン性を叶えることができず、課題となっていた。

 この課題解決に向け、アルビオン、プラシーズ社、ベルポリエステルプロダクツ社の3社が協同し、ベルポリエステルプロダクツ社で新たに開発された共重合リサイクル樹脂「C1-PIFG10」を用いて、万全な品質と意匠性をクリアしたケミカルリサイクルPETの新容器を開発することに成功した。

 同容器は、11月1日よりスタートした「ラ プードル キャンペーン」キャンペーンの特典であるリップ製品(非売品)に使用されている。
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > アルビオン、ケミカルリサイクルPETの化粧品容器を開発

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop