ノエビア、3種の組み合わせに相乗的な皮膚の老化抑制効果を発見

訪販ジャーナル 2023年11月13日号 3ページ

ノエビア、3種の組み合わせに相乗的な皮膚の老化抑制効果を発見
 ノエビアグループは、しわをはじめとする皮膚の老化に関する研究により、次世代レチノールといわれているオランダビユ由来「バクチオール」に老化抑制の新たな作用メカニズムを発見した。

 また、機能性タンパク質「TCF25」に老化抑制効果を新たに発見し、自社栽培「ワレモコウ」がその老化抑制タンパク質を増加させることを見出した。

 新しい機能を導き出した「バクチオール」と「ワレモコウ」に加え、しわ・シミなどの有効成分である「ナイアシンアミド」を組み合わせることで、コラーゲン分解酵素を相乗的に減少させることを明らかにした。

 「バクチオール」「ナイアシンアミド」「ワレモコウ」の組み合わせにより、しわの目立たない美しい肌へ導く効果が期待できるという。研究成果の一部は9月9~10日に開催された「日本生薬学会第69回年会」にて発表した。

あと74%

続きを読むには無料会員登録が必要です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • 化粧品業界の優良記事を
    お届け
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > ノエビア、3種の組み合わせに相乗的な皮膚の老化抑制効果を発見

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop