連載コラム

中国クチコミ分析で探る「美」のツボ

2020.07.27

第17回 中国上半期最大商戦。これからの中国市場の開拓法は?

執筆者:森下 智史 株式会社トレンドExpress 「中国トレンドExpress」編集長

%e6%a3%ae%e4%b8%8b%e6%99%ba%e5%8f%b2

【週刊粧業2020年7月27日14面にて掲載】

 例年とは異なる雰囲気の中で展開された今年の「618」。上半期最大の小売イベントが終了したわけだが、その経過を見ていると、中国EC業界が新しい時代に入っているのではないか……という疑問がわいてくる結果となった。今回はその様子をクチコミ調査の結果をもとに見ていこう。

 今年の618の成果をメディア報道や公式発表などを基に整理を試みた。

 京東では2020年の618累計オーダー金額を「約2692億元」と発表し、昨年(2015億元)を大きく上回った。

 対する天猫は「6982億元」と発表。2社を合わせると1兆元近い金額となり、昨年を大きく上回る規模に発展したと考えられる。

 ECデータの分析を専門とする「星図数据」では、今年の618期間中(6月1日~18日)のGMVを発表している(レポートは未公開ながら複数のメディアが報道)。

 それによると618イベントを展開した全ECサイトの合計オーダー金額は「4573.3億元」で、19年の3180.75億元より43.78%増だった。コスメ部門では、天猫、京東ともに「LOREAL」「LANCOME」が1位、2位とほぼ欧米系がトップを占めた。

 トレンドExpressでは、そんな今年の618をどのように消費者がとらえていたかを把握するため、5月25日から6月20日の618期間中、Weibo上でつぶやかれた関連キーワードでのクチコミ調査を行った。

 関連クチコミ総数を見ると、昨年が約30万件であったが、今年は50万件を超え、昨年比で70%近い伸びを見せた。ここには新型コロナ禍における「報復消費」ともいえる心理が現れていたのではと考えられる。

 同じく618期間中にクチコミをされたブランド名を集計した(表参照)。ここでもやはり、「LOREAL」「ESTEELAUDER」の欧米系スキンケアブランドの強さが際立つ。
 
 一方で、19年と20年のトップ10を比べると中国ブランドの存在感が増している。10ブランドのクチコミを国別に集計してみると、より顕著に見える。

 昨年は10ブランドのクチコミの74%を欧米系ブランドが占めていたが、今年は中国系に巻き返されている。日本ブランドは残念ながらトップ10から外れたが、資生堂が27位から12位に大きく順位を上げるなど健闘しているといえる。

 そのほか、注目したいのは、618期間中にSNS上に頻出したキーワードだ。「優恵(サービス)」や「活動(イベント)」という値引きを現すワードに次ぐ形で「直播」、すなわち「ライブ」が4位にランクインしている。

 これは19年には見られなかった新しい現象であり、ライブコマースが爆発的に拡大したことを示している。

 そのなかで異彩を放っているが「抖音」と「快手」の2大ショートムービーアプリだ。欧米系および中国系メークブランドが積極的に活用し、売上につなげていた。

 これによってこれまでの「淘宝ライブ→T₋Mall店舗」という導線だけではなく、ECサイト外に存在している多様なライブプラットフォームを活用し、それぞれからどのように消費者を抱え込み、また、そうした発信情報とECサイトにおけるキャンペーンをどのように紐づけ、よりお得な印象を消費者に植え付けていくかという、ECサイト内だけにとどまらない広範囲な戦略策定が必要となる。

 また、こうしたECサイトとライブプラットフォームには「相性」がある。いわゆる業務提携関係で、しかも年々変化している。

 企業のマーケティング担当者はこれまで以上に広い視野に立ってのプランを考えなければならない。

この記事のお問い合わせはこちら

プロフィール

執筆者:森下 智史 株式会社トレンドExpress 「中国トレンドExpress」編集長

高校卒業後、約10か月間日本で中国語を学ぶ。1998年2月~上海で学部および大学院(中国古代史)で学ぶ。 2005年に卒業後、上海で在留邦人向け情報誌の編集・ライターとして業務。 2012年に日系市場調査会社上海現地法人でマーケティングリサーチ(産業調査)業務に携わる。 2015年5月、17年間の中国生活に区切りをつけ、帰国。東京で日中間のビジネスコンサルティング業務を経て2018年1月にトレンドExpress入社。現在に至る。

https://www.trendexpress.jp/

%e6%a3%ae%e4%b8%8b%e6%99%ba%e5%8f%b2

中国クチコミ分析で探る「美」のツボ

2020.10.26
第19回 個性を髪で表現伸びる中国セルフヘアカラー市場
2020.09.21
第18回 「映える」「試せる」メイク天国ショップがオフラインで拡大中
2020.07.27
第17回 中国上半期最大商戦。これからの中国市場の開拓法は?
2020.07.02
第16回 クチコミデータから見る中国の新型コロナ流行期の「買いたい商品」とは
2020.06.18
第15回 台頭する中国国産ブランド。Afterコロナ市場で留意すべきは?
2020.06.12
第14回 新型コロナウイルスが中国に残したものとは?
2020.06.12
第13回 クチコミデータで見る春節前後の中国消費者
2020.06.12
第12回 メイク技術は〇〇から?
2020.06.12
第11回 中国女性を鮮やかに彩るメークアイテム。
2020.06.12
第10回 冬の肌悩み「乾燥」を解決するのは、日本のローカル化粧品
2020.06.12
第9回 中国SNSクチコミ総括今年の人気日本商品は?
2019.11.27
第8回 現代中国女性のメイク、ポイントは「目ヂカラ」にあり
2019.11.27
第7回 美脚を求める中国女性サプリ選びはリアルクチコミ
2019.11.27
第6回 欧米ブランド中心の中国メーク市場日本ブランドが切り込めるか?
2019.11.25
第5回 中国でオシャレ男子増加中。ヘアサロンインバウンドが契機に?
2019.11.25
第4回 コスパと利用スタイルにマッチしての大人気
2019.11.25
第3回 「内面から美しく」は漢方商材市場が主戦場に
2019.11.25
第2回 華やかなスタイルから質へ狙うは髪の「ケア」市場
2019.06.24
第1回 中国のアンチエイジング商材主力年代は〇歳?

カテゴリー

流通記者50年「経営トップとの交流の中で」

執筆者:加藤英夫

週刊粧業 顧問(週刊粧業 流通ジャーナル 前会長)

Img cat25

化粧品通販ビジネス実践講座

執筆者:船生千紗子

(株)通販総研 化粧品専門コンサルタント

Img cat14

矢野経済研究所 アジア美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

矢野経済研究所 中国美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

化粧品トレンドを読み解くキーワード

執筆者:松本 竜馬

TPCマーケティングリサーチ(株)マーケティングマネージャー

Img cat21

化粧品のリテラシー

執筆者:島田邦男

琉球ボーテ(株) 代表取締役

Img cat10

激変するコスメマーケット

執筆者:鯉渕登志子

(株)フォー・レディー代表取締役

Img cat2

『女心』攻略データベース

執筆者:中村浩子

(株)ヴィーナスプロジェクト代表取締役社長

Img cat

今日から試せる! PR&販促講座

執筆者:松下令子

美容専門PR・販促支援会社 (株)DSプロモーション 代表取締役

Matsushita face

化粧品コンサルタントが教えます 最新・ヒットの法則

執筆者:廣瀬知砂子

株式会社ビューティブレーン 代表

Hirose face

アジア美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

中国美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

化粧品・日用品業界の商標・ブランド戦略相談室

執筆者:髙橋 伸也

フルブルーム国際商標事務所 所長弁理士

Img cat20

榎戸淳一のエステサロン経営 地域一番店への道

執筆者:榎戸淳一

株式会社ES-ROOTS代表取締役社長、一般社団法人エステティックグランプリ元理事長

Img cat3 1

中国クチコミ分析で探る「美」のツボ

執筆者:森下 智史

株式会社トレンドExpress 「中国トレンドExpress」編集長

%e6%a3%ae%e4%b8%8b%e6%99%ba%e5%8f%b2

アットコスメクチコミトレンド

執筆者:山田メユミ

株式会社アイスタイル 取締役 CQO / コーポレート領域管掌

Img cat1

新日本有限責任監査法人 公認会計士から見た化粧品・トイレタリー業界

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

新日本有限責任監査法人 不正事例に学べ!

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

創業原点を未来へ託す

執筆者:川原慎也

(株)船井総合研究所 東京経営支援本部 部長 グループマネージャー

Img cat8

Eコマースに見る中国化粧品マーケットの今

執筆者:斉晶岩(サイ ショウガン)

LAFASO JAPAN 代表取締役社長

Img cat13

韓国ビューティーマーケット最前線

執筆者:吉田武史

吉田法務事務所代表、日本薬事法務学会理事長

Img cat4

消費動向から斬り込むマーケティング戦略

執筆者:大神賢一郎

産業能率大学総合研究所主席研究員

Img cat6

消費者視点の「買われ方・選ばれ方」

執筆者:野澤 太郎

(株)ネオマーケティング ビューティ&ライフチーム マネージャー

%e3%83%8d%e3%82%aa%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

アクセスランキング

  1. 1位 11月18日 10時00分
    Paypay、花王商品の購入で最大...
  2. 2位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  5. 5位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  6. 6位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  7. 7位 6月22日 13時00分
    耳にかけないマスクが販売開始、ヘア...
  8. 8位 11月19日 20時00分
    資生堂、「アルティミューン」から高...
  9. 9位 10月28日 13時00分
    アルビオン、化粧液「フローラドリッ...
  10. 10位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  1. 1位 11月18日 10時00分
    Paypay、花王商品の購入で最大...
  2. 2位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  5. 5位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  6. 6位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  7. 7位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  8. 8位 11月17日 13時00分
    花王、鬼滅の刃とコラボ、家族で掃除...
  9. 9位 10月28日 13時00分
    アルビオン、化粧液「フローラドリッ...
  10. 10位 11月18日 17時30分
    エスプリーク、マスク着用でも化粧持...
  1. 1位 11月6日 10時30分
    ナリス化粧品、ネイル禁止でも使える...
  2. 2位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  3. 3位 11月18日 10時00分
    Paypay、花王商品の購入で最大...
  4. 4位 11月9日 14時00分
    ポーラ、肌の潜在力高めるには「喫煙...
  5. 5位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  6. 6位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  7. 7位 11月10日 10時30分
    コーセー、マスクに色移りしない高化...
  8. 8位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  9. 9位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  10. 10位 10月5日 14時00分
    コーセーマルホファーマ、新ブランド...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ