連載コラム

中国クチコミ分析で探る「美」のツボ

執筆者:森下 智史 株式会社トレンドExpress 「中国トレンドExpress」編集長

%e6%a3%ae%e4%b8%8b%e6%99%ba%e5%8f%b2

2022.10.12 第37回 多用から簡潔型へ新たな中国のスキンケア意識
【週刊粧業2022年9月12日7面にて掲載】 中国の消費者はスキンケアに特に熱心。多くのスキンケア商品が市場にあふれているが、昨今Weiboや小紅書で注目されているスキンケアキーワードが「精簡」である。これまでのスキンケアと何が違うのか、クチコミ調査とともに見ていこう。 「精」とは肌質に合った化粧品や肌へのダメージの少ない化粧品を選択して使用すること。「簡」とはスキンケアのステップをより簡略...
2022.10.12 第36回「618」に躍進した中国スキンケアブランド
【週刊粧業2022年7月25日4面にて掲載】 2022年上半期の大型商戦「618」は、例年よりも静かに進められた。その中で新たに台頭したスキンケアブランドがある。今回は今注目の中国ブランドを調査した。 22年の618商戦で、天猫におけるスキンケアブランドでは「L’OREAL」「Estee Lauder」「LANCOME」といった大手欧米ブランドが盤石の状態だった。日本勢からは資生堂も安定の売...
2022.10.12 第35回 中国メイク、今年のトレンドは「素顔メイク」?
【週刊粧業2022年6月6日11面にて掲載】 「中国の女性は、がっちりメイク」という認識が、2022年に入り覆されようとしている。今、中国を席巻しているのは「素顔美人」。「素顔でより輝く」というテーマのトレンドを探った。 「チャイボーグメイク」といったキーワードで中国のメーク手法や中国国産メークブランドが日本で紹介され始めたのは2019年頃だっただろうか。そのころの「チャイボーグメイク」とい...
2022.10.12 第34回 動画から入るヘアスタイル。市場は「韓流」へ?
【週刊粧業2022年4月25日4面にて掲載】 年々オシャレになっていく中国の消費者。スキンケアやメイクアップはもちろんながら、ヘアスタイルにも非常に強いこだわりを見せつつある。今回は中国の消費者がどのようにヘアスタイルを選んでいるのかについて、SNSのクチコミから考察したい。 トレンドExpressでは、ウェイボー上で中国語のヘアスタイルを意味する「髪型」というキーワードに関連するクチコミを...
2022.10.12 第33回 明暗分かれる韓国コスメをクチコミで見る
【週刊粧業2022年3月28日5面にて掲載】 中国コスメ市場で韓国ブランドが光を失いつつある。少なくとも、一部のブランドは規模を縮小、もしくは中国市場からの撤退を進めている模様だ。その様子は中国SNS上にどのように現れているか。トレンドExpressのSNSクチコミ簡易分析から見てみた。 中国コスメ市場において韓国コスメは巧みにそのシェアを確保してきた。しかし、その韓国ブランドが中国市場でシ...
2022.10.12 第32回 2022年中国スキンケアホットワードは「油」?
【週刊粧業2022年3月7日8面にて掲載】 スキンケア意識の高い中国の消費者。そのスキンケア手法も常に変化をしている。今回は中国のSNSをチェックしながら見えてきた、2022年に新トレンドとなりそうな中国のスキンケア手法を見てみよう。 毎年のように新しいトレンドが現れてくる中国のコスメ業界。スキンケアに関しても、2019年ごろから「成分党」と呼ばれる消費層が成長、ヒアルロン酸やアミノ酸、ニコ...
2022.10.12 第30回 オープンデータとクチコミで最大商戦のコスメ市場を見る
【週刊粧業2021年12月6日5面にて掲載】 中国最大の商戦「ダブルイレブン(W11)」が終了した。商戦を包む雰囲気は昨年と大きく異なったが、それでも全体の流通総額は増加傾向が続いている。今回はその2021年W11のコスメ業界の様子を俯瞰してみよう。 最終的な結果としてはT‐Mallで「5403億元」、JD.comでは「3491億元」という取引総額が発表されている。 T‐Mallにおけるスキ...
2021.11.04 第29回 中国消費者の唇を潤すものは?
【週刊粧業2021年11月1日6面にて掲載】 日本でも中国でも乾燥の季節が到来している。この季節気になるのは肌だけではなく、唇の乾燥。中国でもこの季節に本格化するリップクリームのニーズをSNSのクチコミから簡易分析した。 今回分析を行った対象期間は2020年10月から21年9月の1年間。まずウェイボーに書き込まれた「潤唇膏(リップクリーム)」に関すクチコミの月次件数を見てみた。 唇の荒れは季...
2021.10.05 第28回 高まる「瞳」のオシャレニーズ
【週刊粧業2021年10月4日14面にて掲載】 高速で変化する中国のファッショントレンド。今、ある新領域のファッションアイテムに投資家たちが注目し、過熱し始めている。それは中国の女性たちの「瞳」である。 中国では今、「美瞳(mei tong)」ニーズがZ世代を中心に高まっている。 美瞳とは読んで字のごとく、「瞳」を美しく見せること。すなわち瞳の色を変えたり、大きく見せたりするカラーコンタクト...
2021.08.30 第27回 中国海南島の免税ショッピングをクチコミから見る
【週刊粧業2021年8月30日14面にて掲載】 2020年はトラベルリテール業界に非常に大きな『事件』が2つあった。1つは新型コロナウイルスの発生・流行であるが、もう1つは「離島免税制度」の拡大だ。中国海南島におけるトラベルリテールを大いに盛り上げた。今回はその中国海南島離島免税消費の状況を最新レポートから見ていこう。 知っての通り、中国政府は20年7月から、海南島(海南省)の離島免税政策を...
2021.08.02 第26回 中国コスメ市場開拓に必須
【週刊粧業2021年8月2日10面にて掲載】 今年も上半期が過ぎ去った。お隣の中国ではコロナ以前と同等とは言えないが、消費が回復傾向を見せている。その中で日本からも注目されたのが上半期最大の商戦「618」である。今回はその618をクチコミから見ていこう。 7月初旬、トレンドExpressではオープンデータと自社クチコミ調査を合わせた「2021年618商戦レポート」を発行した。
2021.06.28 第25回 中国Z世代は「加齢」が気になる?広がるアンチエイジングニーズ
【週刊粧業2021年6月28日12面にて掲載】 若々しいパワーで消費の中心となっている中国Z世代。しかし、そのZ世代は「加齢」にも非常に敏感な様子。今回は、中国Z世代に広がる「エイジングケア」について見てみよう。 中国Z世代の美容トレンドはますます多様化している。 最近、じわじわと話題になってきているのが「抗初老」、すなわち20代からアンチエイジングを行う「アーリーアンチエイジング」である。
2021.05.31 第24回 キレイになる中国男子その市場の行き先は?
【週刊粧業2021年5月31日12面にて掲載】 世界的なジェンダーレスの潮流が、コスメ業界に新たな変化とビジネスチャンスをもたらしている。お隣の中国でもそうした影響が「メンズコスメ」市場の急拡大という形で顕在化している。 インターネットの中国のオーディション番組やバラエティ番組を見ながらふと思う。 「中国の男性も変わった」 表現が難しいが、いわゆる「キレイ系男子」が増えたと感じる。
2021.05.31 第23回 伝統的な美的感覚が残る中国で求められる肌とは
 常に新しいトレンドが生まれている印象がある中国だが、「美」の基準に関してはやや保守的なところがある。その代表的なものとして「美白」を求める傾向が強いことがあげられる。昨今においては表現しにくい言葉となっているが、中国ではいまだ現役のニーズとして発信されている「美白」について考えてみたい。 現在、多様性を尊重する意味で「美白」のような「肌が白い=理想」という表現を改める動きが進んでいる。これ...
2021.04.02 第22回 中国ブランドの浸透に代言人中国Z世代をクチコミから眺める
【週刊粧業2021年3月29日5面にて掲載】 日本の一般メディアでも徐々に聞かれるようになってきたキーワード「Z世代」。1995年以降に生まれた世代を示す言葉であり、これまでとは異なる嗜好を持った消費者層として分析が進められている。今回は中国のZ世代をクチコミから掘り下げてみよう。 中国では2018年ごろから本格的に注目・分析が進められてきたZ世代。中国ではその生まれ年を示す「95後(199...
2021.02.08 第21回 中国化粧品市場攻略のための最新動向
【週刊粧業2021年2月8日10面にて掲載】 コロナ禍においても勢いが衰えない中国の化粧品業界。それをチャンスと捉え攻勢をかける動きが広がっている。しかしそこでは中国国産ブランドが急成長し、存在感を放っている。 今回は年初に発行したレポートから、再度、中国の化粧品市場を俯瞰してみよう。 トレンドExpressでは今年1月、中国国内コスメ業界の関連データ、クチコミ、EC流通額などを調査した『中...
2020.12.14 第20回 韓国ブランドの躍進から見る中国最大商戦の戦い方
【週刊粧業2020年12月14日10面にて掲載】 今年も行われた中国最大商戦であるW11(双十一・独身の日)。EC最大手「天猫(Tmall)」のオーダー総額が4982億元(約7兆9000億円)に達したこの商戦、そのスキンケア部門で台風の目となったブランドをクチコミ調査で見ていこう。 今年のW11スキンケア部門でトップをとったのはEstee Lauderであった。 同ブランドは傘下に「LA M...
2020.10.26 第19回 個性を髪で表現伸びる中国セルフヘアカラー市場
【週刊粧業2020年10月26日11面にて掲載】 オシャレな街になりつつある中国。その中国で近年伸びているのが「ヘアファッション」の中のセルフヘアカラーニーズだ。 中国でも色とりどりの個性的なヘアカラーの消費者が街を彩っている。今回は、そんなセルフヘアカラーについてクチコミ分析を通じてみていこう。 中国の調査会社iiMedia Researchの調べでは、ヘアカラー剤市場規模は2017年には...
2020.09.21 第18回 「映える」「試せる」メイク天国ショップがオフラインで拡大中
【週刊粧業2020年9月21日12面にて掲載】 世界的に重要な消費市場となった中国のコスメ業界。2019年頃からオフラインの動きが活発化している。 今回は、現在人気を集める中国コスメセレクトショッについてクチコミ分析と合わせて見ていこう。 コスメ消費の主戦場はT₋MallやJD.comなどがひしめくオンラインと目されているが、実はオフライン市場では「セレクトショップ」が急拡大中だ。 しかも「...
2020.07.27 第17回 中国上半期最大商戦。これからの中国市場の開拓法は?
【週刊粧業2020年7月27日14面にて掲載】 例年とは異なる雰囲気の中で展開された今年の「618」。上半期最大の小売イベントが終了したわけだが、その経過を見ていると、中国EC業界が新しい時代に入っているのではないか……という疑問がわいてくる結果となった。今回はその様子をクチコミ調査の結果をもとに見ていこう。 今年の618の成果をメディア報道や公式発表などを基に整理を試みた。 京東では202...
2020.07.02 第16回 クチコミデータから見る中国の新型コロナ流行期の「買いたい商品」とは
【週刊粧業2020年6月29日4面にて掲載】 日本でも徐々に日常生活が戻りつつあるが、いまだ感染そのものは収束してはいない様子である。「withコロナ」の時代、何が必要とされるのか。それを知るためにも、今、中国の新型コロナ流行期のニーズを振り返ってみよう。 今回、トレンドExpressでは自社のクチコミデータであるトレンドViewerから「買いたい」日本商品クチコミランキングのデータを抽出し...
2020.06.18 第15回 台頭する中国国産ブランド。Afterコロナ市場で留意すべきは?
【週刊粧業2020年5月25日11面にて掲載】 予断を許さない状況ながら、世界に先んじて「Afterコロナ」へと移行しつつある中国。その経済、消費の回復に期待を寄せる日系化粧品ブランドも多い。今回はこうした日系ブランドの前に立ちふさがるであろう中国国産ブランドのコロナ情勢下の動きをデータから見ていこう。 5月15日、中国国家統計局は2020年4月の社会消費品小売総額を発表した。 それによると...
2020.06.12 第14回 新型コロナウイルスが中国に残したものとは?
【週刊粧業2020年3月23日6面にて掲載】 日本で危機感が高まっている新型コロナウイルスだが、逆に中国ではすでに気分は終息ムードとなっている。その反動が現れはじめている最新の商戦から、中国消費者の現状を追いかけてみよう。 まず、中国で最も厳しい外出規制が行われていた時期、中国の消費者たちは何を求めていたのか。 トレンドExpressでは1月20日~2月9日、中国の複数のSNSでクチコミ調査...
2020.06.12 第13回 クチコミデータで見る春節前後の中国消費者
【週刊粧業2020年3月9日5面にて掲載】 春節も過ぎ、中国の発表するデータを見ている限りでは、患者数も落ち着き始めているかのように見えている中国の新型コロナウイルス。今回はその感染症が本格化した春節前後のクチコミの動きを見つつ、状況を分析した。今後の中国コスメ市場を考えてみよう。 中国SNSクチコミデータバンクであるトレンドViewerで、春節前後のデータを見ているとやはり大きな変化がみら...
2020.06.12 第12回 メイク技術は〇〇から?
【週刊粧業2020年2月24日18面にて掲載】 中国のコスメ業界で拡大しているのがメークアップ市場だ。しかしメークで自分自身の「美」を引き立たせるのには、ある程度の技術が必要となる。そんな中国消費者のメーク技術の情報源を探ると、意外な存在が見えてきた。 昨今、日本でもKOLの中国風メークが「チャイボーグ」などと呼ばれ、注目されている。 では中国の一般の消費者はどこからメークノウハウの情報を得...
2020.06.12 第11回 中国女性を鮮やかに彩るメークアイテム。
【週刊粧業2020年2月10日5面にて掲載】 2019年中国の小売は、まさに「ライブコマース」の年だった。特にカリスマKOLである李佳琦がその存在感をいかんなく示していた。そんな彼の名を一躍有名にしたのが「口紅」だった。今回はそんな中国の口紅ニーズを見てみよう。 中国トレンドExpressでは、19年に中国のメークアップに関するクチコミ調査を行った。 口紅に関するクチコミのキーワードで注目し...
2020.06.12 第10回 冬の肌悩み「乾燥」を解決するのは、日本のローカル化粧品
【週刊粧業2020年1月27日11面にて掲載】 年が明け、日本にとっても重要な2020年が到来した。その冒頭にやってきたのが中国からのインバウンドシーズン「春節」である。今年は1月25日と例年より早めの春節となったが、中国消費者はどんな日本の商品を求めてやってきたのだろうか? トレンドExpressでは訪日中国人観光客のショッピングニーズを把握するために、クチコミデータバンク「トレンドVie...
2020.06.12 第9回 中国SNSクチコミ総括今年の人気日本商品は?
【週刊粧業2019年12月9日14面にて掲載】 2019年もあとわずか。今年、中国消費者の人気を集めた日本商品は何だったのか? クチコミデータバンクから今年の傾向を探ってみた。 WEbメディア「中国トレンドExpress」ではクチコミデータバンク「トレンドViewer」から今年1月第1週から10月最終週までの「買った」クチコミデータを抽出し「中国消費者『買った』日本商品ランキング2019」を...
2019.11.27 第8回 現代中国女性のメイク、ポイントは「目ヂカラ」にあり
【週刊粧業2019年11月18日8面にて掲載】 文化的にも民族的にも近い間柄にあるという中国と日本。しかしそのメーク手法や好みには大きな差が存在している。今回は、中国女性がこだわるメークポイントを見てみよう。 Web媒体「中国トレンドExpress」が行った中国女性のメイクアップに関するクチコミ調査において、「メイク×テクニック」というワードで調査をしてみたところ、具体的なメイク手法では「ア...
2019.11.27 第7回 美脚を求める中国女性サプリ選びはリアルクチコミ
【週刊粧業2019年10月28日14面にて掲載】 中国の女性の美に関する悩みで、乾燥肌や敏感肌といった肌の悩みに次いで多いのが「スタイル」だ。日本以上にハードワークと言われるビジネス環境の中で中国女性は自らの美しさの維持に必死だ。そんな彼女たちから支持されている日本商品がある。 トレンドViewerの「買いたい」ランキングで長期にわたって上位となっている商品に「DHC メリロート」がある。 ...
1 

プロフィール

執筆者:森下 智史 株式会社トレンドExpress 「中国トレンドExpress」編集長

高校卒業後、約10か月間日本で中国語を学ぶ。1998年2月~上海で学部および大学院(中国古代史)で学ぶ。
2005年に卒業後、上海で在留邦人向け情報誌の編集・ライターとして業務。
2012年に日系市場調査会社上海現地法人でマーケティングリサーチ(産業調査)業務に携わる。
2015年5月、17年間の中国生活に区切りをつけ、帰国。東京で日中間のビジネスコンサルティング業務を経て2018年1月にトレンドExpress入社。現在に至る。

https://www.trendexpress.jp/

%e6%a3%ae%e4%b8%8b%e6%99%ba%e5%8f%b2

カテゴリー

流通記者50年「経営トップとの交流の中で」

執筆者:加藤英夫

週刊粧業 顧問(週刊粧業 流通ジャーナル 前会長)

Img cat27

化粧品通販ビジネス実践講座

執筆者:船生千紗子

(株)通販総研 化粧品専門コンサルタント

Img cat14

矢野経済研究所 アジア美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

矢野経済研究所 中国美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

化粧品トレンドを読み解くキーワード

執筆者:松本 竜馬

TPCマーケティングリサーチ(株)マーケティングマネージャー

Img cat21

化粧品のリテラシー

執筆者:島田邦男

琉球ボーテ(株) 代表取締役

Img cat10

激変するコスメマーケット

執筆者:鯉渕登志子

(株)フォー・レディー代表取締役

Img cat2

『女心』攻略データベース

執筆者:中村浩子

(株)ヴィーナスプロジェクト代表取締役社長

Img cat

今日から試せる! PR&販促講座

執筆者:松下令子

美容専門PR・販促支援会社 (株)DSプロモーション 代表取締役

Matsushita face

化粧品コンサルタントが教えます 最新・ヒットの法則

執筆者:廣瀬知砂子

女性潮流研究所 所長 / 商品企画コンサルタント

Hirose face

アジア美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

中国美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

化粧品・日用品業界の商標・ブランド戦略相談室

執筆者:髙橋 伸也

フルブルーム国際商標事務所 所長弁理士

Img cat20

榎戸淳一のエステサロン経営 地域一番店への道

執筆者:榎戸淳一

株式会社ES-ROOTS代表取締役社長、一般社団法人エステティックグランプリ元理事長

Img cat3 1

中国クチコミ分析で探る「美」のツボ

執筆者:森下 智史

株式会社トレンドExpress 「中国トレンドExpress」編集長

%e6%a3%ae%e4%b8%8b%e6%99%ba%e5%8f%b2

アットコスメクチコミトレンド

執筆者:山田メユミ

株式会社アイスタイル 取締役 CQO / コーポレート領域管掌

Img cat1

新日本有限責任監査法人 公認会計士から見た化粧品・トイレタリー業界

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

新日本有限責任監査法人 不正事例に学べ!

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

創業原点を未来へ託す

執筆者:川原慎也

(株)船井総合研究所 東京経営支援本部 部長 グループマネージャー

Img cat8

Eコマースに見る中国化粧品マーケットの今

執筆者:斉晶岩(サイ ショウガン)

LAFASO JAPAN 代表取締役社長

Img cat13

韓国ビューティーマーケット最前線

執筆者:吉田武史

吉田法務事務所代表、日本薬事法務学会理事長

Img cat4

消費動向から斬り込むマーケティング戦略

執筆者:大神賢一郎

産業能率大学総合研究所主席研究員

Img cat6

消費者視点の「買われ方・選ばれ方」

執筆者:野澤 太郎

(株)ネオマーケティング ビューティ&ライフチーム マネージャー

%e3%83%8d%e3%82%aa%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

SNSで売上拡大 コスメ業界の新販促手法

執筆者:岡崎佑紀

(株)ホットリンク ソーシャルメディア事業本部 コンサルティング部

Img cat26

アクセスランキング

  1. 1位 12月8日 12時00分
    花王、Z世代男子に向けた新ブランド...
  2. 2位 12月8日 10時00分
    ライオン、一般用医薬品の新工場を建設
  3. 3位 12月8日 11時00分
    コーセーコスメトロジー研究財団、第...
  4. 4位 12月9日 10時00分
    2022年下期 化粧品原料動向、サ...
  5. 5位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  6. 6位 12月7日 13時00分
    資生堂、SHISEIDO 23年S...
  7. 7位 12月8日 10時00分
    松屋銀座店、化粧品売場はコロナ禍の...
  8. 8位 12月7日 14時00分
    岩瀬コスファ、残渣を使用したサステ...
  9. 9位 12月7日 10時00分
    マツモト交商、低刺激な新コンセプト...
  10. 10位 12月7日 11時00分
    ポーラ・オルビスグループ、人事異動...
  1. 1位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  2. 2位 12月2日 12時00分
    花王、第一三共ヘルスケアとの共同開...
  3. 3位 12月5日 12時00分
    花王、2023年度グループ基本方針を説明
  4. 4位 11月30日 11時00分
    資生堂、タンパク質繊維を用いた化粧...
  5. 5位 11月29日 11時00分
    マツキヨココカラ、美容感度の高い顧...
  6. 6位 12月1日 11時00分
    クオールHD、在宅調剤を強化し23...
  7. 7位 12月2日 11時00分
    ライオン、お口の筋力向上を目指すフ...
  8. 8位 12月5日 15時00分
    ライオン・スペシャリティ・ケミカル...
  9. 9位 12月5日 18時00分
    JTS、ヒアルロン酸の組み合わせ提...
  10. 10位 12月6日 12時00分
    ライオン、経営戦略・新製品発表会を開催
  1. 1位 4月6日 13時00分
    テスティー、15~24歳女性を対象...
  2. 2位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  5. 5位 11月4日 11時00分
    資生堂、世界初のサステナブルな化粧...
  6. 6位 11月21日 14時00分
    ライオン、手肌のうるおいを保つ薬用...
  7. 7位 5月10日 14時53分
    HRK・岩本初恵社長、病魔に打ち勝...
  8. 8位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  9. 9位 1月8日 10時40分
    サンスター、コロナ禍で殺菌成分「C...
  10. 10位 11月30日 11時00分
    資生堂、タンパク質繊維を用いた化粧...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

ページの先頭へ