訪販化粧品メーカーの動向・トレンドまとめ

訪販化粧品メーカーの動向・トレンドまとめ

こちらのコーナーでは、「訪販化粧品メーカーの動向・トレンド」をテーマに、市場トレンドや参入各社の取り組みについてまとめています。

2018年4月 7日

2019年訪販化粧品業界、つながりを求める時代が追い風に

Ss20191007 12 1

訪販各社は、職業としての販売員の魅力や活動意欲を高める教育制度の充実・見直しを推進しながら、新たな顧客との接点拡大や愛用者増大に向けた組織づくりを進めている。

人を介したサービスを機軸にする訪販業界にとっては、在宅率の低下とともに、販売員(ディストリビューター)の獲得も喫緊かつ今後ますます重要な課題となっている。

出典 2019年訪販化粧品業界、つながりを求める時代が追い風に

2018年下期訪販化粧品の最新動向、接客品質高め成長軌道へ

Ss20181008 17 1

既報の通り、2016年度は訪問販売売上高が1兆7194億円(前年比が0.41%増)となり、ごくわずかな伸び幅ながら2013年度以来の上昇に転じたと公益社団法人日本訪問販売協会が報告している。

将来性でも鈴木会長は「インターネットの台頭により『早くて便利』が宣伝されて久しい中で、『人と人のつながり』を基軸にする訪販チャネルにしかできない価値提供により、新たな展望が描けるのではないか」と述べ、先行きに灯りをともした。

出典 2018年下期訪販化粧品の最新動向、接客品質高め成長軌道へ

2016年訪販売上高、3年ぶりに上昇基調へ

Sn20180404 1

訪問販売売上高が3期ぶりで上昇に転じている。公益社団法人 日本訪問販協会が公表しているデータによると、2016年度売上高は1兆7194億円(前年度比0.41%増)と2013年度以来3年ぶりのプラス成長を果たした。

推計の初年度1979年に9300億円だった訪販売上は、その後1996年に3兆3400億円となって「頂点」を記録し、以降は16年連続で下降したのち2013年にいったん息を吹き返したものの、2014~2015年はまたもや連続の落ち込みとなっていた。

出典 2016年訪販売上高、3年ぶりに上昇基調へ

ポーラ

Sn20180402 1

ポーラの2017年12月期は、シワ改善美容液「リンクルショット メディカル セラム」による新客の獲得に加え、訪日者数の増加を背景にしたインバウンド需要の盛り上がりなどにより、売上高が1440億1200万円(前期比24.0%増)、営業利益が285億8400万円(同68.2%増)となった。

同社では、2ケタの増収増益を記録した前期の好業績にうかれることなく、「今期は基盤づくりを進め、お客様とビューティーディレクター(BD)が長くつながる仕組みをつくっていくことが重要」(及川美紀取締役執行役員)と捉えている。

出典 ポーラ、2018年度は基盤づくりを重点施策に

アクセスランキング

  1. 1位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  2. 2位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  3. 3位 8月4日 15時30分
    花王、「アタック3X(スリーエック...
  4. 4位 9月16日 10時30分
    花王、ワンウェイプラスチックで資源...
  5. 5位 9月17日 17時05分
    資生堂、シミ部位の血管密度が色素沈...
  6. 6位 9月17日 16時00分
    ポーラ、70代以上の人の肌は最もう...
  7. 7位 9月14日 15時10分
    花王、スキンケア動作習慣が皮膚状態...
  8. 8位 9月17日 15時00分
    アルビオン イグニス、植物の力にこ...
  9. 9位 9月17日 09時00分
    アモーレパシフィック、ブルーライト...
  10. 10位 9月15日 16時45分
    コーセー、シワ部位と対人印象の関係...
  1. 1位 9月14日 15時10分
    花王、スキンケア動作習慣が皮膚状態...
  2. 2位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  3. 3位 9月11日 14時00分
    資生堂、太陽光強度のブルーライトが...
  4. 4位 8月4日 15時30分
    花王、「アタック3X(スリーエック...
  5. 5位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  6. 6位 9月14日 11時00分
    コーセーマルホファーマ、新ブランド...
  7. 7位 9月15日 16時45分
    コーセー、シワ部位と対人印象の関係...
  8. 8位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  9. 9位 9月14日 13時00分
    資生堂、メークテクニックを提案する...
  10. 10位 9月11日 10時15分
    化粧品業界、新型コロナの影響で支援...
  1. 1位 9月14日 15時10分
    花王、スキンケア動作習慣が皮膚状態...
  2. 2位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  3. 3位 8月4日 15時30分
    花王、「アタック3X(スリーエック...
  4. 4位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  5. 5位 8月18日 13時50分
    ジーユー、新コスメブランド「フォー...
  6. 6位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  7. 7位 9月11日 14時00分
    資生堂、太陽光強度のブルーライトが...
  8. 8位 8月31日 15時30分
    ライオン、2023年春に本社を台東...
  9. 9位 7月10日 17時15分
    コロナ禍のメークアップ、使用しなく...
  10. 10位 6月11日 14時15分
    第2波に備えて準備しているものは「...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ