使えるペルソナ設定を生み出す方法

2016年10月25日 12時00分

Tsd20161025 1

本当に魅力的な商品なのだろうか・・・

前回の売れる訴求の作り方①「商品USPの抽出方法」では
売れる訴求を作るために必要な4STEPをうち、
『STEP.01 商品USPを抽出する』を紹介しました。

今回は
STEP.02 ターゲットを設定する
について紹介します。

「本当にこのUSPはお客様にとって魅力的なのだろうか・・・」

商品USPの抽出を実践していただいた方はもしかしたらそう思っているかもしれません。
商品を購入してもらいたい”お客様”から、商品を魅力的に感じてもらうことは非常に重要です。

そこで、今回は的確な”お客様(ターゲット)”の設定方法について紹介していきます。

頑張ってペルソナを作ったものの・・・

自社がアプローチしたいターゲットがどんなお客様なのかを知るために、
架空の顧客像を設定すること(=ペルソナ設定)
ほとんどの皆さんが実施した経験があるかと思います。

しかし、「ペルソナ設定したものの、ここからどうすればいいのかわからない・・・」
「何に使ったらいいのかイマイチわからない・・・」
という声をお聞きすることが非常に多いです。

一般的なペルソナの設定の仕方は
下記6つの項目をインタビューやアンケート、プロジェクトメンバーでのブレストを通して、
具体的に設定していくことが多いかと思います。

一般的なペルソナ設定 ① 基本情報 年齢・性別・家族構成・所得感
② 職業 学校・職種・役職・雇用形態/パート・アルバイト・主婦
③ 趣味・興味 活動・雑誌・TV番組・流行・関心
④ 生活パターン 一日の過ごし方/平日・休日
⑤ 性格・価値観 自分でどう思っているか・周りがどう思っているか、判断基準
⑥ メディア使用 PC・スマホ・SNS・Line・紙媒体

上記の設定が具体化できた後に、
○共感ポイント : ターゲットが聞いて・感じて・考えて共感するコト・ワード・ビジュアル
○価値判断ポイント : 私にとって価値があるかどうかを考える基準
を浮かびあがらせていくという方法になると思います。

しかし、この方法で作られたペルソナから実際の施策に活かせたことはあるでしょうか?
今回は使えるペルソナ設定について紹介します。

使えるペルソナ設定の仕方

使えるペルソナ設定の方法、
それはさきほどのペルソナ設定に5つの項目を追加させるだけです。

使えるペルソナ設定 ① 基本情報 年齢・性別・家族構成・所得感
② 職業 学校・職種・役職・雇用形態/パート・アルバイト・主婦
③ 趣味・興味 活動・雑誌・TV番組・流行・関心
④ 生活パターン 一日の過ごし方/平日・休日
⑤ 性格・価値観 自分でどう思っているか・周りがどう思っているか、判断基準
⑥ メディア使用 PC・スマホ・SNS・Line・紙媒体
⑦ 具体的な体の特徴 肌の特徴/性質
  ⑧ 具体的な体の悩み 肌の悩み
  ⑨ 悩みに対しての具体的な取り組み 何を使っていつどうしている
  ⑩ 取組みについての満足状態 効果がどのくらいでている・不満点はどこ
  ⑪ ⑧・⑩における具体的な言葉とシーン ※ 下記にて言葉・シーンを紹介

※言葉例①:「夕方になると粉が吹くくらい乾燥するの」「目の下のクマさえなければ30代に見えるのに」
「髪がペシャンコするから室内でも帽子がとれないの」「しっとりしているけどメイクがよれるからティッシュオフするの」

※シーン例:“朝太陽光が差し込む洗面台で鏡にうつった時に目立つ目元のシミ”
”打合せの時に相手の目線が鼻の毛穴にいく”

このペルソナ設定では⑪が非常重要になっていますので、
正解不正解は気にせず、できるだけ多く出すことを心がけて下さい。

どうでしょうか?ペルソナ像が抱えているお悩みが大分見えてきたのではないでしょうか?

さらに上級者の方になると
⑧の原因(生活習慣・メカニズム)や
⑨についてリアルに近づける(実際の洗面所や鏡台においてあるものは?)
も同時に考えるとペルソナ像が深まっていくのでオススメです。

また、ここまで具体的なペルソナ設定を持つことができれば
・ペルソナ像へ自分の視点をトレースする
・ペルソナ像が解決したい本質的な悩みに共感できること
ができるようになり、作ったペルソナ像を元に様々な施策を生み出すことが可能です。

以上が、STEP.02 ターゲットを設定する です。

次のSTEP3では、このターゲットから見た商品USPを抽出し、
それをベネフィット化して訴求にする方法をご紹介いたします。

アクセスランキング

  1. 1位 12月7日 10時00分
    資生堂、人事異動(2022年1月1日付)
  2. 2位 12月7日 12時00分
    資生堂、クレ・ド・ポー ボーテ22...
  3. 3位 12月7日 11時00分
    資生堂、組織の一部改正(2022年...
  4. 4位 12月6日 13時00分
    資生堂、光老化により肌がくすみやす...
  5. 5位 12月7日 14時00分
    高級アルコール工業、SDGs関連の...
  6. 6位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  7. 7位 12月7日 11時00分
    JTS、豊富なラインナップで水の代...
  8. 8位 12月7日 10時00分
    シバハシケミファ、欧州発エコフレン...
  9. 9位 12月6日 14時00分
    資生堂、肌由来オキシトシンが表皮再...
  10. 10位 12月7日 11時00分
    味の素ヘルシーサプライ、マイクロプ...
  1. 1位 11月15日 12時00分
    PALTAC、急速な環境変化に対応...
  2. 2位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  3. 3位 6月19日 18時00分
    ロート製薬、幹細胞のエクソソーム分...
  4. 4位 12月1日 10時00分
    花王、2022年度グループ基本方針を説明
  5. 5位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  6. 6位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  7. 7位 12月3日 10時00分
    アルビオン、組織変更・人事異動(2...
  8. 8位 11月30日 13時00分
    資生堂、大人の女性の背中を押すプロ...
  9. 9位 12月3日 14時00分
    アルビオン、感性と効能を両立した化...
  10. 10位 12月2日 10時00分
    コーセー、初のアスリート社員が強化...
  1. 1位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  2. 2位 11月10日 10時00分
    アルビオン、店頭容器回収システムの...
  3. 3位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  4. 4位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  5. 5位 11月15日 12時00分
    PALTAC、急速な環境変化に対応...
  6. 6位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  7. 7位 11月5日 14時00分
    アルビオン、とろけるような肌感触の...
  8. 8位 11月11日 10時00分
    資生堂グループ、人事異動(2021...
  9. 9位 9月21日 18時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品原料メー...
  10. 10位 10月28日 10時00分
    アルビオン、研究・生産体制の強化で...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

ページの先頭へ