ヘアケア市場、新たなヒット不在でほぼ横ばいに

C&T 2017年12月15日号 27ページ

ヘアケア市場、新たなヒット不在でほぼ横ばいに
 矢野経済研究所の発表によると、2016年度のヘアケア市場規模は、前年比0.6%増の4408億円で、伸長率はほぼ横ばいとなっている。

 また、企業の調査によれは、2017年上期のSCIデータでは、市場規模は1%増、単価においては3%増、下期においても1%増を見込んでおり、単価が上昇傾向にある。

 最近はナチュラル・オーガニックから派生したボタニカルブームが市場を席巻しており、ドラッグストアチャネルにおいてはイーネの「ボタニスト」が約1割の売上シェアを占めているという。

 その一方で、ノンシリコンやボタニカルに続く新たなヒットを生むような付加価値がまだ登場しておらず、ヘアケア市場は活路を見出せない状態が続いている。

あと67%

C&Tの有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > ヘアケア市場、新たなヒット不在でほぼ横ばいに

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop