ツバキスタイル、業界に先駆けて環境対策容器を提案

週刊粧業 2020年10月19日号 26ページ

2020年10月21日 11時30分

Ss20201019 22

 化粧品・トイレタリー容器メーカーのツバキスタイルは、業界に先駆けて環境対策容器の提案と、SDGs(持続可能な開発目標)の推進に力を入れてきた。

 近年、国内でも環境意識が急速に高まる中、同社が展開する環境対策容器は品質の高さや価格、バリエーションといった面から注目を集めており、売上を牽引している。

環境対策樹脂の使用量は業界トップ
従来の石油由来樹脂と同価格で提案

 海洋プラスチックごみやCO2排出による地球温暖化への影響など、多くの世界的な社会問題を引き起こしていることから、使用を見直す動きが広がっている石油由来樹脂。海外をはじめ、最近は国内でもレジ袋の有料化など、環境配慮への意識が急速に高まっている。

 ツバキスタイルは、業界に先駆けて「環境対策容器」の提案に力を入れてきた。再生PET樹脂やバイオマス樹脂などの環境対策樹脂の使用量は業界トップを誇る。

 「環境対策容器」は品質の高さに加え、価格や豊富なバリエーションも特長だ。再生PET容器・バイオマス容器ともに、従来の石油由来樹脂容器と同価格で販売しているほか、800を超えるすべての既存持型で転用が可能で、小ロットへの対応も実現している。

 同社は、化粧品・トイレタリーボトルメーカーとして初めて、飲料用ボトル100%リサイクル樹脂を使用した「再生PET容器」を製品化している。

 すでに製造されている飲料用プラスチックボトルを100%リサイクルすることで生まれる再生PET樹脂は、国際的な専門機関であるFDA(米国食品医療品局)やEFSA(欧州食品安全機関)の認証を受けるなど安全基準も高く、大手飲料メーカーでは飲料用ボトルとしての採用が進んでいる。

 ボトル表面の汚れはもちろん、真空・高温下で樹脂の内部に染み込んだ不純物まで除去し、本来の純度と機能を回復させることができる。

 そのため、石油由来ボトルと全く変わらない見た目や強度を実現している。さらに、容器の色を「透明色」にすることで飲料用PETボトルと同じようにリサイクルすることができるため、永遠に石油由来の材料を使う必要もない。

 枯渇性資源である石油由来樹脂に対し、近年は循環型資源であるバイオマスに注目が集まっている。

 環境負荷を軽減させ未来に美しい地球を残していくため、ツバキスタイルでは植物性樹脂を使用した「バイオマスPE・PET」の提案にも注力している。

 砂糖を搾り出した後のサトウキビの残渣から精製されるバイオMEG(モノエチレングリコール)を原材料としているバイオマス樹脂。バージン素材であるため、バイオマスPE・PETは環境への負荷を抑えるだけでなく、従来のボトルと同等の見た目の美しさや強度を有している。

 しかも、カーボンニュートラルという考え方に基づき、ボトルを使い終わって焼却処分する際に排出されるCO2は、原料であるサトウキビが成長過程で大気から吸収したものであるため、地球温暖化防止にもつながる。

 国内機関の調査では、石油由来の樹脂に比べ、「バイオマスPE」は約70%のCO2を、「再生PET」も約63%のCO2を削減できることが明らかになっている(国内で生産・消費し、同じ場所で焼却した場合の樹脂1㎏あたりのCO2量)。

 製造工場の椿化工株式会社は業界で唯一、世界的な第三者安全認証機関であるUL認証を取得している。

 厳重な管理の下、植物の収穫から最終製品までの製造工程と、原料や製品の出入庫管理体制が検査されており、使用される植物由来原料の環境対応状況をすべての工程で把握することができる。

 植物由来原料の含有量を証明できるだけでなく、悪質な非植物由来素材の混入や事故を防止できるUL認証により、「本当に環境対策容器なのか」という顧客の不安や疑問も払拭することができる。

 SDGsが注目を集める昨今、世界中の企業がサステナブルな社会の実現に向けた取り組みを進めている。

 こうした中、環境負荷を抑えた「環境対策容器」を使うことは、企業におけるSDGsの実践そのものであり、未来の世代へ美しい地球を残していくための最良の道といえる。

 現在、ツバキスタイルは自社のみならず、容器ディーラー各社の協力の下、環境対策容器を通じたSDGsを実践している。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  2. 2位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  3. 3位 6月11日 10時30分
    ポーラ、コロナ前後で肌変化を比較 ...
  4. 4位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  5. 5位 6月8日 13時30分
    花王、合成擬似セラミドによる唇のあ...
  6. 6位 6月11日 12時00分
    アルビオン 小林章一社長、2021...
  7. 7位 3月4日 15時00分
    コーセー、新型コロナウイルス感染症...
  8. 8位 6月11日 10時00分
    資生堂、組織の一部改正と人事異動(...
  9. 9位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  10. 10位 6月11日 11時30分
    ファンケル、関西圏に新たに物流拠点を設立
  1. 1位 6月8日 13時30分
    花王、合成擬似セラミドによる唇のあ...
  2. 2位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  3. 3位 6月10日 11時00分
    アルビオン、2021年3月期は売上...
  4. 4位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  5. 5位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  6. 6位 6月7日 13時00分
    ミルボン、トレーサビリティシステムを開発
  7. 7位 6月9日 10時00分
    カネボウ、ミラノコレクションのボデ...
  8. 8位 3月4日 15時00分
    コーセー、新型コロナウイルス感染症...
  9. 9位 6月7日 15時00分
    コーセーコスメポート、ジュレーム ...
  10. 10位 6月11日 12時00分
    アルビオン 小林章一社長、2021...
  1. 1位 5月24日 14時00分
    資生堂、革新的なクレンジングウォー...
  2. 2位 5月26日 15時00分
    コーセー、第21回SCCJ優秀論文...
  3. 3位 5月25日 10時30分
    コーセー、驚きのさらさら感が特徴の...
  4. 4位 5月25日 10時00分
    資生堂、日本初の多機能技術を搭載し...
  5. 5位 5月19日 13時30分
    牛乳石鹼、無添加シリーズから待望の...
  6. 6位 5月31日 13時00分
    アンチエイジング 牛島社長、ヒト幹...
  7. 7位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  8. 8位 5月26日 13時30分
    資生堂グループ、人事異動(2021...
  9. 9位 6月3日 12時30分
    ポーラ、みずみずしく生命感溢れるツ...
  10. 10位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ