中央物産、店頭品揃えの差別化をサポート

週刊粧業 2022年9月5日号 8ページ

カンタンに言うと

  • サプライチェーン効率化の取り組みも
中央物産、店頭品揃えの差別化をサポート
 CBグループマネジメントの中央物産は、引き続きM&S(マーケティング&セールス)の考え方を柱に、新たな需要創造に向けた中間流通事業を展開している。

 CBグループマネジメントの2023年3月期第1四半期決算は売上高が前年同期比9.5%減の354億9400万円、営業利益が40.8%増の6億5100万円、経常利益が41.8%増の6億7700万円、当期純利益が89.5%増の4億3000万円となった。

あと85%

週刊粧業の有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > 中央物産、店頭品揃えの差別化をサポート

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop