富士フイルム、皮膚への浸透性高めた「ナノ化ワセリン」を開発

訪販ジャーナル 2023年6月19日号 6ページ

富士フイルム、皮膚への浸透性高めた「ナノ化ワセリン」を開発
 富士フイルムは、独自のナノ分散技術を活用し、ワセリンの粒子を微細化して皮膚への浸透性と保水効果を高めた「ナノ化ワセリン」を開発した。

 非ナノ化ワセリンと比べ、角層への浸透性が22倍向上し、角層の厚みが約1.8倍に増したことを明らかにしている。今後、「ナノ化ワセリン」を化粧品に応用していく。

あと83%

続きを読むには無料会員登録が必要です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • 化粧品業界の優良記事を
    お届け
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > 富士フイルム、皮膚への浸透性高めた「ナノ化ワセリン」を開発

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop