GMS・量販店の化粧品販売、有力各店が有形無形の独自色を確立する時代へ

週刊粧業

2012年3月7日 21時02分

Img1244 1 thumb 240x179 4121

 量販店各社が加盟している日本チェーンストア協会(通称=JCA、事務局=東京)による平成22年度(2010年4月~2011年3月期)「チェーンストア販売統計」によると、同期間における化粧品売上高(医薬品を含む)は4031億3596万円で対前年比98.6%となっている。個人消費の低迷に抗えず実績割れが避けられなかった一方で、落ち込みの幅は「衣料品」(95.6%)や「水産品」(94.1%)に比べると少なかった点からは、不況に強いとされる化粧品の特性が垣間見えたようでもある。また、同期間の推移を四半期毎に追うと、化粧品の前年同期比は第1四半期(97.0%)から第4四半期(102.5%)にかけて緩やかな上昇を継続していることから、こと当期に関していうと量販店における化粧品は“復権”の動きを見せた格好だった。

利益確保と鮮度維持の狭間で売場づくりに積極投資

 本特集で取材協力を得た有力4社・4店舗の社内的なポジションを検証してみると、各社の業容や展開商圏に違いこそあっても、おそらくは社長室に掲示しているはずの店舗マップのなかで重要な役割を担ったキー拠点であるはずとの仮設を立てることができる。

 理由として、ビルド&スクラップを経営方針の基礎にしてきた量販店業態にとり、改装や売場再構築のためコストを投下する先は収益の担い手として期待がかかっていることの証左だといえる。

 顧客に支持されるためのより良い売場づくりに向け、検討や考察に費やす時間的コストも相まって、鮮度を疎かにしていない個別店舗は運営社本体の調子を計る指標のようでもある。

重要商圏のキー店舗を今春の改装で活性化

 「テコ入れ」という表現が最も相応しいといえそうなのがイズミヤ長岡店(京都・長岡京市)。京都と大阪の各中心部から一定の距離間で離れた当地は真っ向でぶつかる競合店が無く、衣食住を一貫して揃えるイズミヤは商圏の生活者に支持されてきた背景があり、今春に巨額のコストを投じて大規模な改装を断行して全館を刷新した。

 このうち、化粧品が並ぶH&BC売場は「回遊性と可視感の向上によるカジュアル訴求の売場づくり」(商品部)を整え、半年間を経て早くも「良い流れにあると捉えていい」と自己判断を下せる商況にあるほか、同店のモデルを「各店舗にフィットさせていくかが課題」(同)だとして拡がりをつける方針も明らかにしている。

話題の韓流コスメで差異化とアイキャッチ

 また、イオンリテールのイオン津田沼店(千葉・習志野市)は芸能ジャンルで再燃して著しい韓流ブームに狙いを澄まし、今春から独自編集により韓国コスメを集積した「The FACESHOP」の1号店を開店して社内外の関心を集めている。

 その後、「The FACESHOP」の出店を加速するというH&BC本部の方針からは計画に添った売上げが取れているという推計が成り立つほか、商品力に加え販売員を配した体制で化粧品売場の中心的存在へ育成する構えを見せている。

新しさ満載の郊外店が他社の風土入れ顧客育成

 さらに、ユニーは昨秋に初年度売上目標で150億円と掲げた新巨艦店「ヒルズウォーク徳重ガーデンズ」を準地元の名古屋市に開店し、外部企業が運営する化粧品専門店「パルファンガーデン」を300㎡超の場所へ誘致して顧客の育成を進めている。

 開店から間もなく丸1年間が経つ現在だが、新規出店から早々に売上が伸びるほど甘くないのが化粧品ビジネスであることから、パルファンガーデンの店長は「顧客づくりにまい進の時」といった考えで2年目以降に真価を見せる決意を示していた。

発祥地に根づいた巨艦は4年目で安定飛行が定着

 このほか、イズミが創業の地で2008年に開店した巨艦店「ゆめタウン広島」は、既に“新顔”のヴェールが消えて地域にしっかりと馴染んだ印象が強まり、カウンセリング化粧品売場も顧客をつかんでさらなる前進をめざしている。

 前出ユニーの「パルファンガーデン」が、目と鼻の先のマツモトキヨシと向き合って競い合いの構図を醸していることと同様、イズミのカウンセリング売場も本体が編集する単品売場と背中を合わせる商環境で来店客の評価を競い合っている側面がある。

 自社の商品部が主導で編集するGMSサイドのもと売場と、メーカーが優れた美容部員を派遣して収支を睨むカウンセリング売場とによるバランス感覚は、レイアウト上の位置取りや導線のめぐらせ方で各社が相当に腐心するテーマとなっているといえる。

 本特集の量販店取材を通じて実感したことは、百貨店や専門店のほかドラッグストアとは大きく異なるGMSの特性を受け入れ、自社編集売場とメーカーの衣を借りたカウンリングショップが織りなす“究極の融合”を見出した企業が、今後にかけて抜きんで出た存在になるといえそうだ。

※【週刊粧業】GMSの化粧品販売最前線コチラ

週刊粧業web版紹介.jpg

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 11月13日 10時30分
    ライオン、弘前大との「口腔内検査シ...
  2. 2位 11月13日 10時00分
    化粧品製造機器、ロボット活用で人手...
  3. 3位 11月13日 11時30分
    クレ・ド・ポー ボーテ、メンバーシ...
  4. 4位 11月13日 12時30分
    資生堂 2019年12月期第3四半...
  5. 5位 11月13日 09時30分
    ACRO・THREE、10月より中...
  6. 6位 11月12日 12時30分
    あらた、ドラッグストアが順調でHB...
  7. 7位 11月12日 10時30分
    P&G、台所用洗剤「ジョイ」で海洋...
  8. 8位 11月12日 12時00分
    テクノエイト、チューブ製品の多品種...
  9. 9位 11月12日 14時00分
    エヌ・ピー・ラボ、大ロットを中心に...
  10. 10位 11月12日 10時00分
    ユースキン製薬、ビタミン系保湿クリ...
  1. 1位 11月7日 09時30分
    バスクリン、きき湯ファインヒートか...
  2. 2位 11月8日 13時30分
    花王 2019年12月期3Q、増収増益
  3. 3位 11月8日 09時30分
    コーセー、人事異動(2019年11...
  4. 4位 11月8日 16時00分
    幹細胞コスメ、化粧品の可能性を広げ...
  5. 5位 11月11日 11時30分
    コーセー小林社長、2019年上期の...
  6. 6位 11月8日 12時30分
    2019年8月の化粧品出荷額0.3...
  7. 7位 11月11日 16時00分
    中国の若年層に支持されるプチプラコ...
  8. 8位 9月20日 15時30分
    ランクアップ、独自の病児シッター補...
  9. 9位 11月8日 14時00分
    セントラル・コーポレーション、ヒト...
  10. 10位 11月8日 15時00分
    スキンガーデン ラフォーレ原宿店、...
  1. 1位 9月20日 15時30分
    ランクアップ、独自の病児シッター補...
  2. 2位 11月8日 10時00分
    資生堂 坂井透氏、代表取締役および...
  3. 3位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  4. 4位 10月15日 12時00分
    マイスター、ハンドメイドによる高品...
  5. 5位 10月15日 09時30分
    資生堂、「アナ雪2」と初の5ブラン...
  6. 6位 9月20日 16時00分
    ファンケル、健康経営推進に向け社員...
  7. 7位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  8. 8位 12月25日 14時00分
    イライラでガサガサ…ストレスでお肌...
  9. 9位 3月18日 17時00分
    ES-ROOTS、こだわりの純粋ハ...
  10. 10位 10月17日 14時00分
    コーセーAwake、全製品「ヴィー...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ