グラセル、従来の発想を超えた化粧品容器開発に挑戦

週刊粧業 2019年5月13日号 9ページ

2019年5月13日 19時00分

Ss20190513 7 1

 社名変更後10周年を迎えた化粧品容器会社のグラセルは、スキンケアからメークアップ、ヘア&ボディケアに至る全ての化粧品カテゴリーで自社オリジナル容器の開発を強化しており、出展する「第9回化粧品産業技術展」では、「青と白を基調としたヨーロッパのホテル」をブーステーマに、新製品を中心に開発容器を展示する。

 合わせて、海洋プラスチックごみ問題を背景にした環境問題に対し、容器会社として環境対応への取り組みを紹介する。

環境対応容器のプロジェクトを推進
社会課題に向き合う企業姿勢示す

 同社は今回、海洋プラスチックごみの問題をはじめとする地球環境問題への意識を強め、新製品コーナーとともに、環境対応容器を紹介するコーナーを充実させ、容器・包装を取り扱う企業姿勢として環境に対する取り組みを紹介する。

 谷村敏昭社長は、「グラセル創設期は、プラスチック・樹脂容器全盛の時代を迎えており、『デザイン性』と『機能性』に特化して新製品の開発を進めてきたが、ここにきて脱プラ・減プラ社会という新たな時代の流れが世界的に加速している。過去にも環境対応の波は何度かあり、その都度対応してきたが、今回は今まで以上に大きな波だと捉えている。グローバル化が進む中、環境分野で先行するヨーロッパに遅れをとらないよう、注力分野の一つに据え、本格的に取り組んでいく」と意気込みを語った。



 同社は、既に温暖化対策の一素材として注目を集める植物由来のバイオマスプラスチック(以下、バイオプラ)を用いた容器シリーズを取り揃えている。興味をもつ企業は少なくないが、これまでは生産ロット数やコストが合わずに見送られるケースが多かった。

 そうした中、小ロット対応型のバイオプラが徐々に増えてきたことに加え、海洋プラスチックごみの問題が社会問題化したことで、問合せが増えてきていた。そこで、新製品の開発を進める傍ら、昨年から環境対応容器の拡充を検討し、協力工場の選定を進めてきたという。

 「今期(2020年3月期)より、『環境・エコ』をテーマに掲げた新型容器も新たな柱に位置づけ、どこよりも早く対応していくという強い意志をもって環境対応型容器のバリエーションを増やしていく」(谷村社長)

 バイオプラを用いた容器をはじめ、プラスチックの使用比率を減らす代わりに紙の使用比率を高めた新素材容器の開発も進めており、「来年1月には様々な環境対応の要望・ニーズに応えられるようなラインナップを揃えておきたい」(谷村社長)。

 今回の展示ブースでは、その意思表示も込め、試作段階のものも含めて展示し、環境対応容器の可能性を広げていく考えで、リサイクルやリデュースの観点から、ガラス素材の潜在的なニーズも掘り起こしていく。

 「従来のガラス容器の提案ではなく、今の時代や消費者のニーズに合わせ、一ひねり加えてガラス容器の新たな価値創造を図っていく」

 さらに、包装資材の削減、省エネなど間接的に環境対応につながる容器として、新たに開発した「メール便対応」の薄型容器シリーズも展示する。

 環境対応容器への関心の高さは、今年1月に千葉・幕張メッセで開催された「第9回化粧品開発展」に出展した際に確認済みだ。中でもスキンケア用の付け替え・レフィル対応シリーズは、廃棄時の環境負荷軽減につながる容器として好評を得ており、今回も改めて紹介する。

新製品開発の継続・促進が
変化対応力に、新機軸にも挑む

 環境対応を背景にした新たな時代の流れに、谷村社長は「変化が激しい不確実な時代を迎え、先が読みにくい時こそ、新製品を開発し続けることが重要だと捉えている。開発し続ける中で、日の目を見ない製品も当然出てくるだろうが、それでも新しいものを生み出し続けていく」と強調した。

 5年前に本社を移転して以降、日本製コスメの需要拡大も追い風に、業績は2ケタ成長を続けているが、今年は中国で1月に施行された電子商務法の影響から、インバウンド需要に陰りも見えてきた。谷村社長は、「今後も日本製コスメの需要は続くと思われるが、容器の需給バランスが整っていく中で、製品そのものの魅力が問われてくる」と述べ、こう続けた。

 「魅力ある製品は、顧客志向の製品開発だけでは得られない。従来の発想から脱却し、新たな価値を創造するような製品づくりに挑戦していかねばならないと思っている。展示会は、開発力・商品力の評価の場と捉え、来場者の声(評価)を真摯に受け止め、次の製品開発に活かしていきたい」

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 11月11日 11時30分
    コーセー小林社長、2019年上期の...
  2. 2位 11月11日 09時30分
    伊勢半本店、新製品発表会と紅ミュー...
  3. 3位 11月11日 16時00分
    中国の若年層に支持されるプチプラコ...
  4. 4位 11月11日 10時30分
    コルゲート第3四半期決算、減収減益と苦戦
  5. 5位 11月8日 16時00分
    幹細胞コスメ、化粧品の可能性を広げ...
  6. 6位 11月11日 12時30分
    2019年8月の家庭用洗浄剤出荷額...
  7. 7位 11月8日 13時30分
    花王 2019年12月期3Q、増収増益
  8. 8位 11月8日 15時00分
    スキンガーデン ラフォーレ原宿店、...
  9. 9位 11月8日 14時00分
    セントラル・コーポレーション、ヒト...
  10. 10位 11月8日 12時30分
    2019年8月の化粧品出荷額0.3...
  1. 1位 11月7日 09時30分
    バスクリン、きき湯ファインヒートか...
  2. 2位 11月5日 12時00分
    ポーラ、がんアライアワード 201...
  3. 3位 11月5日 14時00分
    ポーラ・オルビスHD、2019年第...
  4. 4位 11月5日 13時30分
    アマゾン第3半期決算、2ケタの増収増益
  5. 5位 11月8日 09時30分
    コーセー、人事異動(2019年11...
  6. 6位 9月20日 15時30分
    ランクアップ、独自の病児シッター補...
  7. 7位 11月6日 09時30分
    資生堂、「ベネフィーク リセットク...
  8. 8位 11月8日 13時30分
    花王 2019年12月期3Q、増収増益
  9. 9位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  10. 10位 11月5日 11時30分
    アイル、基幹システムとWeb受発注...
  1. 1位 9月20日 15時30分
    ランクアップ、独自の病児シッター補...
  2. 2位 11月8日 10時00分
    資生堂 坂井透氏、代表取締役および...
  3. 3位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  4. 4位 10月15日 12時00分
    マイスター、ハンドメイドによる高品...
  5. 5位 10月11日 12時30分
    ユニリーバ、「ダヴメン+ケア」で混...
  6. 6位 10月15日 09時30分
    資生堂、「アナ雪2」と初の5ブラン...
  7. 7位 10月11日 11時30分
    コーセー、冬の雪肌精「SAVE t...
  8. 8位 9月20日 16時00分
    ファンケル、健康経営推進に向け社員...
  9. 9位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  10. 10位 12月25日 14時00分
    イライラでガサガサ…ストレスでお肌...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ