2020年化粧品OEM市場、不透明感強まる

週刊粧業 2020年2月24日号 1ページ

カンタンに言うと

  • 本誌調査 2割が「市場縮小」と予測
2020年化粧品OEM市場、不透明感強まる
 2019年国内化粧品業界は、市場活性化の大きな要因となっていたインバウンド消費が減速した。

 国内化粧品OEM業界はここ数年、化粧品市場以上の伸長率で成長し、市場調査会社の矢野経済研究所が19年9月に発表した化粧品受託製造(OEM)市場は、18年が前年比12.1%増(3250億円)で大きく伸長したが、19年予測は伸長率が鈍化して8.0%増の3511億円となっている。

 今回本紙が実施したOEMアンケート調査(回答27社、6~7頁)の結果やトップインタビューでは、特に下期以降の受注が減少していることがわかった。まさに今、正念場を迎えている。

あと83%

週刊粧業の有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > 2020年化粧品OEM市場、不透明感強まる

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop