ナリス化粧品、香りに関するアンケート調査を実施

粧業日報 2020年6月23日号 5ページ

2020年6月23日 10時30分

Sn20200622 5

 ナリス化粧品は、1月30日~2月10日にかけて、25~59歳の全国の女性約1万5000人のうち、無香料のスキンケア・メークアイテムを使用している約1000人を対象に、香りに関するアンケート調査をインターネットにて実施した。

 その結果、顔用スキンケアの使用は無香料派の女性が半数にのぼることや、20代の40%、30代の20%が妊娠・出産を機に無香料化粧品へ変更したことなどが明らかになった。




 使用している無香料のアイテムを尋ねたところ、最も使用率が高いのは、顔用スキンケア品で50%、次いでファンデーションなどのベースメーク品が48%、口紅などのポイントメーク品が41%となった。若年層の方が、使用率が高い結果となっている。



 無香料のスキンケア・メークアイテムを使用し、かつ子どものいる20~59歳の全国の女性約500人のうち、妊娠・出産の両方、もしくはどちらかをきっかけに無香料のスキンケア・メークアイテムを使い始めたのは、20代前半では46%、後半では31%、30代前半では26%、後半では18%、40代では10%、50代では3%と、若い人ほど多いことがわかった。



 スキンケア・メークアイテムの表記を調べるとき、何を重視するかを尋ねたところ、1位「無香料」(28%)、2位「原産国」(26%)、3位「無着色」(23%)という結果になった。

 また、無香料のスキンケア・メークアイテムのイメージは、1位「肌にやさしい」(40%)、2位「安心できる」(32%)、3位「安全」(24%)という結果が出た。



 無香料のアイテムを選ぶ理由を尋ねたところ、「いろいろな香りが混ざるのが嫌だから」「肌にやさしいから」がともに約3割で上位だった。

 また、20~59歳の男女約1000人に、香りが苦手、もしくは気になる場所を尋ねたところ、男性の27%、女性も32%が、百貨店などの化粧品売場の香りが苦手と答えた。