外出自粛期間前後の化粧品購入に関する意識調査

訪販ジャーナル 2020年6月29日号 4ページ

2020年6月11日 19時45分

%e3%83%8e%e3%82%a4%e3%83%b31 1

 化粧品ECプラットフォームを運営するノインは、5月28日~6月3日にかけて、全国のNOIN登録ユーザー2350名を対象に、「外出自粛前後における化粧品購入に関しての意識調査」を実施した。



 その結果、初めて化粧品をオンラインで購入した人の92%が「今後もオンラインで化粧品を購入したい」という意向を示しており、化粧品ECに期待するユーザーの需要は外出自粛後も増加する見込みであることがわかった。



 外出自粛期間中は化粧品を1〜2回購入した人が最も多いという結果になった。また、3~4回、5回以上を合わせると89%が外出自粛期間中に1回以上化粧品を購入していた。



 外出自粛期間中、65%がオンラインで化粧品を購入したと回答している。化粧品業界のEC化率が約6%であることを加味すると、急激にオンラインショップへの需要が増加したものと考えられる。



 また、化粧品を購入した場所で最も多かったのが「化粧品専門EC(NOIN、@cosme等)」(30%)で、次いで「ドラッグストア」が28%、「総合ECサイト(Amazon、楽天等)」が27%、「ブランド自社オンラインショップ」が6%、その他(百貨店オンラインショップ・バラエティショップ)という結果になった。

 外出自粛期間中には「スキンケア用品」を購入した人が最も多かった。また、アイメークやチークなどの「メークアップ用品」の購入も僅差で、外出機会が減った状況でも購入は思ったほど大きな落ち込みを見せていなかった。



 オンライン・オフライン問わず、化粧品購入の際には34%がSNSの口コミを参考にしていると回答している。インターネット上の情報が化粧品購入の際の意思決定に大きな影響を与えているといえる。

 また、新型コロナウイルスの感染防止の側面から、店頭での滞在時間を少なくするために事前に情報収集し、買うものを決めてから店頭に向かうようになったという声もあがっている。



 外出自粛期間が明けても、オンラインで化粧品を購入したい人が98%となった。また、同社がInstagram上で実施した別のアンケートでは、店頭でのプロモーションツールとして使われていたテスターに抵抗があるとの回答が79%となっている。



 これらを受け、外出自粛期間明けも化粧品購入における消費者行動は以前とは異なるものになると予想される。

 外出自粛期間が明けることで化粧品購入が増えそうと47%が回答している。増えそう・変わらないと回答した人では全体の92%となっており、需要が高まる見込みだ。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  2. 2位 8月7日 16時30分
    コーセー、ネイチャーサイエンススキ...
  3. 3位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  4. 4位 7月13日 09時45分
    資生堂、手荒れに配慮した処方の手指...
  5. 5位 8月6日 17時30分
    資生堂、ヤーマンと合弁契約を締結
  6. 6位 6月19日 10時00分
    口紅移りを防ぎつつ冷感効果も得られ...
  7. 7位 8月5日 16時30分
    ライオン、「NONIO(ノニオ)」...
  8. 8位 6月11日 14時15分
    第2波に備えて準備しているものは「...
  9. 9位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  10. 10位 6月17日 10時40分
    日本初となる使い捨てウイルス対応冷...
  1. 1位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  2. 2位 8月6日 17時30分
    資生堂、ヤーマンと合弁契約を締結
  3. 3位 8月4日 15時30分
    花王、「アタック3X(スリーエック...
  4. 4位 6月11日 14時15分
    第2波に備えて準備しているものは「...
  5. 5位 8月5日 16時30分
    ライオン、「NONIO(ノニオ)」...
  6. 6位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  7. 7位 6月17日 10時40分
    日本初となる使い捨てウイルス対応冷...
  8. 8位 6月19日 10時00分
    口紅移りを防ぎつつ冷感効果も得られ...
  9. 9位 7月13日 09時45分
    資生堂、手荒れに配慮した処方の手指...
  10. 10位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  1. 1位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  2. 2位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  3. 3位 6月11日 14時15分
    第2波に備えて準備しているものは「...
  4. 4位 6月17日 10時40分
    日本初となる使い捨てウイルス対応冷...
  5. 5位 7月13日 09時45分
    資生堂、手荒れに配慮した処方の手指...
  6. 6位 7月13日 15時45分
    ポーラ、ストレスで突然起きる肌の不...
  7. 7位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  8. 8位 6月19日 10時00分
    口紅移りを防ぎつつ冷感効果も得られ...
  9. 9位 8月6日 17時30分
    資生堂、ヤーマンと合弁契約を締結
  10. 10位 3月4日 15時00分
    コーセー、新型コロナウイルス感染症...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ