太陽化学、製造の安定化図り好調なグリセリン誘導体の拡販を推進

週刊粧業 2021年4月12日号 28ページ

太陽化学、製造の安定化図り好調なグリセリン誘導体の拡販を推進
 界面制御技術を強みに化粧品や食品の機能性素材を展開している太陽化学は、2022年春に三重県四日市市にある南部工場に乳化剤工場の増設を予定する。

 これにより、供給の維持を図るほか、国内外から引き合いが増えているグリセリン誘導体を増産できる体制を構築していく。

あと86%

週刊粧業の有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > 太陽化学、製造の安定化図り好調なグリセリン誘導体の拡販を推進

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop