ナリス化粧品調査、日やけ止めの専門用語「わからない」が半数以上

訪販ジャーナル 2021年7月19日号 5ページ

2021年7月20日 10時00分

Hj20210719 2 1

 ナリス化粧品は、梅雨明け後の本格的な夏の到来を前に、全国の子どものいる25~49歳の女性2186名に、本人と子どもの日やけ止めに関する意識調査を行った。

 まず、自分と子どもの日やけ止めの使用の有無を尋ねたところ、「自分だけ使用している」(33.6%)と「自分も子どもも使用している」(38.9%)を合わせると、7割(72.5%)を超える女性が、日やけ止めを使用していることがわかった。

 日やけ止めの使用有無が末子の年齢によって異なる傾向が見受けられたため、詳細を確認したところ、「自分も子どもも使用している」のは、末子が1歳の5割超が最大で、末子の年齢が上がるほど、減少する傾向が見られた。

 末子の性別によって使用の有無に差があるか確認したところ、「自分も子どもも使用している」のは末子の性別が女児だと47.2%で約半数に迫るが、男児の場合は29.9%と3割に満たないことがわかった。



 本人、もしくは子どもが「日やけ止めを使用している」と答えた女性850名に、使用している日やけ止めが専用か否か尋ねた。

 その結果、「それぞれ専用の日やけ止めを使用している」と答えた女性が5割を超えた。

 「自分と同じ日やけ止めを子どもにも使用させている」(19.6%)に対し、「子どもに合わせて、同じ日やけ止めを自分も使用している」と答えた女性が24.9%と後者の方が多数派だった。

 また、末子の年齢が低いほど、子どもに合わせて同じ日やけ止めを自分も使用している女性が多く、それぞれ専用の日やけ止めを使用している女性も多いことがわかった。

 末子の年齢が上がると、専用の日やけ止めを使用している女性が増えるが、子どもが幼いうちは、日やけ止めを選んでいるのは母親で、安全性を重要視する傾向があり、子どもがある程度の年齢に達すると、子どもが日やけ止めを選んでいる傾向が高いため、好みにより、それぞれ専用の日やけ止めを使用していることが伺える。

 日やけ止めを購入する際に、重視することを尋ねたところ、「SPFやPAの数字」や「日やけ止め効果」は基本機能であるため、当然高いスコアを記録したが、特に高いのは「肌に刺激がないか」という項目で、全体では46.7%と約半数の女性が重視している。

 また、末子の年齢別に、重視する項目を見てみると、末子の年齢が低いほど、「肌に刺激がないか」という項目が重視され、3歳までの子どものいる女性では、最も重視するのが「肌に刺激がないか」という項目で、約半数、0~1歳の子どものいる女性では約6割の女性が重視すると答えている。



 ただし、日やけ止めを説明する言葉について、理解度を聞くと、最もよく使用される「SPF」でも「意味をよく知っている」のは17.7%にとどまり、「PA」は13.4%、「ケミカル」は11.9%、「ノンケミカル」は14.1%といったように、「ウォータ―プルーフ」(49.7%)、「パッチテスト」(38.5%)を除くすべての言葉で、よく知っている女性は約1割という結果となった。

 日やけ止めを使用する理由を尋ねたところ、ママが使用する理由は1位「日やけを防ぐため」(73.7%)、2位「将来のシミ・そばかすを防ぐため」(68.1%)、3位「将来のシワを防ぐため」(36.1%)と続き、以前は「日やけ=シミ・そばかす」の一辺倒だったが、3位に「シワを防ぐため」が入り、紫外線がシワの原因にもつながるという意識が浸透してきたことが伺える。



 子どもが日やけ止めを使用する理由は、1位「日やけを防ぐため」(58.9%)、2位「日やけによる赤みや発熱を防ぐため」(45.6%)、3位「将来のシミ・そばかすを防ぐため」(37.1%)という理由が続く。

 4位に「日やけによるかゆみや皮むけを防ぐため」(31.9%)、5位に「皮膚がんなど将来の病気を防ぐため」(27.1%)という理由が入ってくるが、「日やけによる体力の消耗を防ぐため」(16.6%)など、日常の健康を保つために使用するという意識はまだまだ低いことがわかった。

 日常的に使用する12種類の化粧品について、子どもを持つ女性と、子どもがそれぞれ使用して、「肌に合わない、刺激があった」という経験があるかどうか尋ねた。

 ママの「肌に合わない・刺激があった」経験は、多い順から1位「化粧水」(34.2%)、2位「乳液」(26.0%)、3位「洗顔料」(22.3%)で顔に使うスキンケアが多い傾向で、「日やけ止め」は5位で18.1%となった。約5人に1人の女性は、肌に合わない、または刺激があったと答えている。

 子どもの「肌に合わない・刺激があった」経験は、1位「シャンプー」(12.6%)、2位「ボディソープ」(11.8%)、3位「ボディクリーム」(9.6%)、4位「日やけ止め」(9.1%)となった。

 「肌に合わない」は、刺激以外に感覚的な好みもあるため、大人の女性は肌に合わないと判断できるが、子どもは「肌に合わない」と判断できることは少ないため、「刺激があった」経験と近しい数字とみなしてよさそうだ。

 同社では、今回の調査結果を受け、「使用率が7割を超える日やけ止めにおいて、専門用語が生活者に浸透していないことに驚いた結果となった。使用理由も『将来のシミ・そばかすを防ぐ』という外観への意識が圧倒的に強く、『健康のため』という意識は低いことがわかった。女児と比べて男児の使用率が低いことも、その表れだと推察できる。日やけによる疲労を防ぐことなど、日々の健康に日やけ止めが役立つことの理解を促していくことが必要だ」と総括している。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  2. 2位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 9月22日 15時00分
    シーボン、中国向けライブコマースが成功
  5. 5位 9月21日 15時00分
    ナリス、「ディアーゼ」から薬用シワ...
  6. 6位 9月22日 12時30分
    資生堂、新たなサプライチェーン拠点...
  7. 7位 9月21日 16時00分
    コーセー、温度応答性のマスカラ素材を開発
  8. 8位 9月21日 15時40分
    資生堂、紫外線による酸化ストレスを...
  9. 9位 9月22日 16時00分
    ファンケルグループ・アテニア、W1...
  10. 10位 9月22日 14時00分
    アクシージア、中国向け越境EC売上...
  1. 1位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  2. 2位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  3. 3位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  4. 4位 9月17日 14時30分
    花王、社員に「休み休みWork S...
  5. 5位 9月17日 14時00分
    メナード化粧品、皮膚常在菌を短時間...
  6. 6位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  7. 7位 9月17日 12時00分
    20年度ドラッグストア上場企業上位...
  8. 8位 9月15日 14時00分
    カネボウ、マツキヨ相模大野店でKA...
  9. 9位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  10. 10位 9月17日 16時00分
    ハリウッド 牛山社長に聞く、化粧品...
  1. 1位 8月26日 10時30分
    資生堂、世界初のハイブリッド処方を...
  2. 2位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  3. 3位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  4. 4位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  5. 5位 8月27日 12時00分
    資生堂、赤外線が肌に悪影響を与える...
  6. 6位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  7. 7位 8月26日 10時00分
    資生堂、アクアレーベルの新ライン「...
  8. 8位 8月25日 10時30分
    資生堂、第二の皮ふが目袋を瞬時にカ...
  9. 9位 8月16日 15時20分
    花王、エッセンシャル新シリーズ新製...
  10. 10位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

ページの先頭へ