セントラル・コーポレーション、幹細胞に関する2人の博士を迎え研究体制を強化

週刊粧業 2021年11月8日号 9ページ

2021年11月11日 15時00分

Ss20211108 10 1

 「100個からでも作ります」のキャッチフレーズで知られる化粧品・健康食品OEMメーカーのセントラル・コーポレーション(本社=岡山県、笹山博史社長)はこのほど、幹細胞の研究者を含む2人の博士を迎え、ヒト幹細胞化粧品の研究開発体制を強化した。

 「最新研究である『臍帯血由来』生ヒト幹細胞培養液は、創業来43年にわたって継続してきた研究の1つの到達点」と話す笹山社長に話を聞いた。

「臍帯血由来」の生ヒト
幹細胞培養液に注目

 ――化粧品業界では「幹細胞培養液コスメ」が注目を集めていますが、どのようにみていますか。

 笹山 従来は保護・保湿を図る「保護化粧品」がマーケットの主軸を担っていたが、消費者はもはや単純な保護化粧品だけでは満足できなくなっている。マーケットの主役が、細胞増殖を含めたアンチエイジング化粧品へと移行していくのは必然の流れであり、実際そうなっている。

 ――「幹細胞培養液」も様々な種類がありますが、注目されている成分はありますか。

 笹山 今、最も注目すべき成分は、「臍帯血由来」生ヒト幹細胞培養液だろう。創業来42年にわたって継続してきた研究の、1つの到達点だと考えている。しかし、一定の注意点をクリアした幹細胞培養液化粧品でなければ、効果を期待することはできない。

 ――どのような注意点をクリアすべきですか。

 笹山 1つ目の注意点としては、単純に「配合濃度」だ。幹細胞培養エキスを1滴でも配合すれば、理屈上「幹細胞化粧品」とうたえてしまう現状がある。

 2つ目の注意点は「ヒト由来」かどうかだ。例えば、クモとヒトが結びついたりしないように、「ヒトのリガンド(鍵)」を持たない、「植物由来」の幹細胞が「ヒトのレセプター(鍵穴)」と結びついて効果を発揮するというのは、細胞学の基礎知識からすると考えられないことである。

 最後に、ヒト由来の幹細胞培養液の中にも、脂肪、臍帯血、骨髄、歯髄由来など、さまざまな由来の違いがあるが「ヒトの表皮を増やす」という効果に着目すると、当社が採用している「脂肪由来」や「臍帯血由来」が最適だろう。中でも注目度が高まっているのが、「臍帯血由来」だ。

 ――なぜ「臍帯血由来」の注目度が高まっているのでしょうか。

 笹山 臍帯血由来の幹細胞培養液は、89種類ものタンパク質で構成されており、原料メーカーの試験では、増殖成分である成長因子「GDF11」の発現が脂肪幹細胞培養液よりも60倍以上多いことが確認されている。

 このGDF11は、若返りタンパク質として注目されており、あの世界最高権威の学術誌である「ネイチャー」「セル」「サイエンス」にも論文が掲載された成分だ。テレビでも特集が組まれており、世界的に注目が集まっている成分といえる。

「完全独自処方」の幹細胞培養液
化粧品を「100個から」製造

 ――最近、「エクソソーム」という言葉を聞く機会が増えましたが、御社の原料にも含まれていますか。

 笹山 もちろん含まれているが、誤解のないように説明しておくと、エクソソームという情報伝達物質は、すべての幹細胞培養液に含まれている。なお、当社の「臍帯血由来」生ヒト幹細胞培養液には、脂肪由来の1.7倍のエクソソームおよび有効成分が含まれていることが確認されている。

 ――幹細胞に関する研究体制の強化についてお聞かせください。

 笹山 化粧品の分野は医療の研究が進歩するにしたがって、化粧品も進化させる必要があると考えている。当社では、博士号を取得した2人の専門研究家が在籍しており、幹細胞に関する研究を常に行っている。

 1人目は、幹細胞による骨再生に関する研究を進めており、2018年10月24日にネパールで開催された国際学会で発表し、国内の学会では、日本再生医療学会をはじめ多数の学会にて研究成果を発表した。世界的にも研究が認められ、インパクトファクターの高い論文として掲載された。

 2019年度には国から研究が認められ、個人の研究継続が承認され、研究のための助成金を支援されている。現在は、アンチエイジング作用すなわち老化細胞の除去が可能な材料の臨床応用に向けた研究を進めている。

 2人目の専門研究は、歯の噛み合わせによる顔の表情筋に関するアンチエイジング研究だ。

 ――幹細胞培養液コスメを扱う上で、どのような注意点がありますか。

 笹山 注意点としては、「完全オリジナルの幹細胞化粧品の発売元」になることが、最も重要だと考えている。当社では「完全独自処方」の幹細胞培養液化粧品を「100個からでも」製造させていただいている。

 100個と簡単には言っているが、100個を5万円で作ると、粗利は1万円しかない。その1万円で、試作費や原料手配、薬事校正、送料などを算出しなければならない。つまり、支援するという根底の気持ちが無ければ、到底できないことだ。それでも、起業される方や、エステティシャンのブランドステータスの構築の支援を一生かけてやりたいと考え、この支援事業を続けている。

 「100個から」ならば、ほぼノーリスクで、成長する幹細胞化粧品市場に参入することができる。まずは成功の一歩を、当社とともに踏み出していただきたい。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 11月29日 10時00分
    化粧品業界、アフターコロナを見据え...
  2. 2位 11月29日 10時00分
    シーオーメディカル、「湘南美容まつ...
  3. 3位 11月28日 11時00分
    資生堂、唇の角層成分を包括的に解析
  4. 4位 11月29日 12時00分
    2022年ドラッグストアの化粧品販売戦略
  5. 5位 11月28日 12時00分
    ポーラ、「美肌県グランプリ2022...
  6. 6位 11月29日 12時00分
    ロゼット、東洋思想から着想を得たス...
  7. 7位 11月29日 11時00分
    ライフスタイルカンパニー、自社コス...
  8. 8位 11月29日 14時00分
    伊勢半、マスクに付きにくいティント...
  9. 9位 11月29日 11時00分
    マツキヨココカラ、美容感度の高い顧...
  10. 10位 11月28日 13時00分
    ライオン、オーラルケアメディアセミ...
  1. 1位 4月6日 13時00分
    テスティー、15~24歳女性を対象...
  2. 2位 11月23日 14時00分
    花王、「鬼滅の刃」とのコラボで需要喚起
  3. 3位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  4. 4位 11月21日 14時00分
    ライオン、手肌のうるおいを保つ薬用...
  5. 5位 11月24日 11時00分
    コーセー、役員人事(2023年1月...
  6. 6位 11月24日 13時00分
    花王、レジリエントな新しい生産シス...
  7. 7位 11月25日 10時00分
    アルビオン、組織変更(2023年1...
  8. 8位 11月24日 10時00分
    コーセー化粧品販売、組織変更・人事...
  9. 9位 11月23日 12時00分
    小林製薬、さぼったリングの企画品を...
  10. 10位 11月25日 11時00分
    コーセー、2022年12月期第3四...
  1. 1位 4月6日 13時00分
    テスティー、15~24歳女性を対象...
  2. 2位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  3. 3位 11月4日 11時00分
    資生堂、世界初のサステナブルな化粧...
  4. 4位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  5. 5位 11月1日 16時00分
    ライオン、下期は「Lighteeハ...
  6. 6位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  7. 7位 5月10日 14時53分
    HRK・岩本初恵社長、病魔に打ち勝...
  8. 8位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  9. 9位 1月8日 10時40分
    サンスター、コロナ禍で殺菌成分「C...
  10. 10位 10月31日 12時00分
    資生堂、触感を司る細胞が香り成分で...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

ページの先頭へ