L'ERBOLARIO有楽町マルイ店、HP、SNS通じて顧客を開拓

週刊粧業 2022年1月17日号 7ページ

カンタンに言うと

  • ファッションとの親和性に着目、サステナブル訴求の好立地に出店
  • カウンセリングのツールを開発、コロナ禍のストレス解消に期待
L'ERBOLARIO有楽町マルイ店、HP、SNS通じて顧客を開拓
 繊維商社のタキヒヨーは2021年9月10日、有楽町マルイ(東京都千代田区)の1階に、イタリアのナチュラルコスメ「L'ERBOLARIO(レルボラリオ)」の国内1号店をオープンした。10坪の売場にスキンケア商品を中心とした38コレクションのくくりで、パフュームド、フェイシャルケア、ヘアケアの3ライン・約130アイテムを揃えた。

 日本初ブランドでホームページ、SNSを通じて情報発信し、近隣顧客とのコミュニケーションを通して、顧客の開拓に取り組む。当面、有楽町マルイ店とECサイトによって、ブランドの浸透を図る。

 レルボラリオは1978年、イタリア北部の街ローディに開業したハーブ薬局が原点で現在国内1000万世帯以上に普及していると同時に、世界40カ国以上で展開している。自社の有機農園で栽培する植物や、動物実験を一切行わない原料、地球環境に配慮したボトル、ラベルなど細部にこだわる。

あと90%

週刊粧業の有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > L'ERBOLARIO有楽町マルイ店、HP、SNS通じて顧客を開拓

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop