アイスタイル、2022年下半期の化粧品トレンドを予測

訪販ジャーナル 2022年6月27日号 2ページ

カンタンに言うと

  • 5つの美容トレンドをキーワード化して発表
  • サステナ買い・だれでもコスメなどSDGsをより重視する傾向へ
アイスタイル、2022年下半期の化粧品トレンドを予測
 アイスタイルは6月9日、「@cosmeベストコスメアワード2022 下半期トレンド予測」を発表した。



 同予測では、@cosmeに投稿されたクチコミや@cosme STORE、@cosme TOKYOでの売上等の分析、その他関連情報からみえる生活者の意識変化と美容プラットフォーマーとしての知見から、今後の生活者インサイトや美容トレンドを予測し、2022年下半期のトレンドをキーワード化している。

 1つ目のキーワードとして「リハビリから『リベンジ』へ」を挙げた。

 今年3月にまん延防止等重点措置が全国的に解除されて以降、化粧品業界でもリベンジ消費の動きがみられている。外出に関する規制緩和とともに、人と集う機会を楽しむためにメークをする消費者が増加したことなどにより、@cosme TOKYOでも、5月にコロナ禍前を含む過去最高の月間売上を更新した。5月下旬に@cosmeユーザーを対象に実施した調査「化粧品に関するアンケート」でも、「コロナが収束に向かったら、化粧品を買いたい、美容にお金をかけたいという気持ちが高まりそう」と回答した人が全年齢で約7割に達した。特に10代、20代ではその意向が高く、8割以上に及んでいる。


あと82%

続きを読むには無料会員登録が必要です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • 化粧品業界の優良記事を
    お届け
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > アイスタイル、2022年下半期の化粧品トレンドを予測

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop