ペプチド入り化粧品が世界的トレンド?

2010年10月13日 10時05分

%e3%83%9a%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%89%e5%8c%96%e7%b2%a7%e5%93%81

 専門的な知識を持つエステティシャンやドクターからペプチド化粧品の説明を受けてしまうと、作用機序が理解できなくてもほとんどの女性達が目を輝かせ財布のひもを緩ませてしまうのは当分続きそうな美容業界における世界的なトレンドである。

 日本の化粧品技術者向けデータベースサイト(Cosmetic-Info.jp)においても、ペプチド原料は100種以上が既に表示成分リストに登録されている。

 従来のペプチド原料は、 コラーゲン加水分解ペプチドのように、保湿原料のような基材的な使われ方をしていたが、近年は、成長因子のような、細胞に対して特異的機能をもつペプチドが人気の中心である。化粧品に使用されるペプチドは大別して2種に分類される。

 第1にコラーゲンを酵素分解したペプチドのように主に保湿等の化粧品基材を目的に使用されるものである。第2に、細胞の成長を促進したり特定の酵素反応を阻害し、又は促進するなど生理的な機能を及ぼすことを目的に使用されるものである。

 近年、化粧品原料として注目されているのは後者の機能性ペプチドである。現在化粧品原料として利用される機能性ペプチドは、ほとんどがサイトカイン様の働きを示すものである。

 サイトカインとは、 細胞から分泌されるペプチドで、特定の細胞に情報伝達をする働きがあり、その種類としては免疫調節に関与するインターロイキン、白血球遊走化を促進するケモカイン、ウイルスや細胞増殖抑制作用をもつインターフェロン、上皮成長因子 (EGF)、線維芽細胞成長因子 (FGF)、肝細胞成長因子等の細胞増殖活性を引き起こす細胞増殖因子、腫瘍壊死因子等のアポトーシス誘発作用をもつ細胞傷害因子、食欲や脂質代謝の調節を行うアディポカイン、神経細胞成長促進作用をもつ神経栄養因子等多くの種類が存在し、免疫反応、炎症反応、細胞の増殖、分化、細胞死、創傷治癒等のプロセスの活性化に関与することが知られている。

 中でも細胞増殖因子であるEGFやFGFは、皮膚を構成する細胞の増殖を促進するためにシワ等に対して効果的なイメージがあるために化粧品製剤に配合されている。

 その他の化粧品に添加される機能性ペプチドとしては、特定のコラーゲンやプロテオグリカンの産生促進作用を持つペプチド、 メラニン産生を抑制するもの、 神経伝達物質の阻害を目的としたペプチド等が報告され美容分野においてシミ、 シワの予防等の目的のために配合されている。
 しかし、 これらの細胞成長因子のほとんどは、 分子量が7000~2万と大きいため化粧品に添加して外用しても皮膚吸収されにくいと考えられる。

 そこで最近は、 分子量が400~700と比較的小さなペプチド類をスクリーニングして疑似細胞成長因子を探し出す試みが活発化している。 さらにペプチド鎖で3~5の比較的小さなものに、 脂質エステルを修飾して両親媒性を付与したり、 処方的に吸収促進剤と併用して経皮吸収性を高めるなどの製品も開発されてきている。

 DDS製剤などにペプチドを包摂して皮膚からの浸透性を高めたものなどもある。 エレクトロポレーションやイオン導入器等の経皮吸収促進デバイスを使用して皮膚へ浸透させる試みも試されている。 マイクロニードルなどのパッチシートを用いた導入法なども検討されている。

 化粧品用ペプチド原料の詳細は、 http://provitamin.jpまで。

アクセスランキング

  1. 1位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  2. 2位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 7月20日 10時00分
    ニュートリション・アクト 石川CE...
  5. 5位 11月28日 09時30分
    資生堂グループ、新組織体制(202...
  6. 6位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  7. 7位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  8. 8位 1月21日 10時30分
    コーセー、医療従事者応援プロジェク...
  9. 9位 1月22日 12時30分
    ロレアル、年商68億円のスキンケア...
  10. 10位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  1. 1位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  2. 2位 1月14日 15時00分
    ポーラ、マスク着用が肌に良い影響...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  5. 5位 11月28日 09時30分
    資生堂グループ、新組織体制(202...
  6. 6位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  7. 7位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  8. 8位 3月4日 15時00分
    コーセー、新型コロナウイルス感染症...
  9. 9位 1月18日 15時00分
    花王、ディープラーニング技術を用い...
  10. 10位 1月19日 11時00分
    一丸ファルコス、再生医療研究に着目...
  1. 1位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  2. 2位 1月14日 15時00分
    ポーラ、マスク着用が肌に良い影響...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  5. 5位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  6. 6位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  7. 7位 1月12日 15時20分
    花王、感染症に対する手指本来が持つ...
  8. 8位 3月4日 15時00分
    コーセー、新型コロナウイルス感染症...
  9. 9位 8月5日 16時30分
    ライオン、「NONIO(ノニオ)」...
  10. 10位 7月15日 12時00分
    マンダム、男性向けシワ改善クリームを発売

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ