インテグロ神林社長、口腔ケア事業から生理用品事業へ転身

週刊粧業 2018年12月3日号 20ページ

インテグロ神林社長、口腔ケア事業から生理用品事業へ転身
 米国製生理用品の輸入販売事業を展開するインテグロの代表取締役・神林美帆氏は、国際線のキャビンアテンダントを経験した後、2007年からドライマウス向け口腔ケア製品の日本市場立ち上げに、医療関係者へドライマウスの認知を広め、製品を訴求していく営業・マーケティング担当として携わった。

 その後、経営に関する知見を深めるべく、青山学院大学大学院に進学。2014年にMBAを取得した。神林代表はMBAを取得後、知人の紹介を受け、生理カップに関心を持ち始め、米国の生理用品メーカーAniganのサラ・テオ氏と出会った。

あと68%

週刊粧業の有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > インテグロ神林社長、口腔ケア事業から生理用品事業へ転身

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop