花王、紫外線ダメージから光老化に至るプロセスを解明

粧業日報 2019年10月9日号 1ページ

2019年10月9日 14時30分

Sn20191009 6

 花王のスキンケア研究所・生物科学研究所・解析科学研究所は、将来の光老化を未然に防ぐことを目指し、微弱な生体発光バイオフォトンを利用した独自の肌ダメージ評価の研究に取り組む中、このほど、紫外線照射1~3分後のバイオフォトン量が多く、活性酸素種などによる目に見えないダメージを受けやすい肌ほど、角層水分量の低下や表面粗さの増加などの肌変化が起きていることや、実際に紫外線を多く浴びた肌でも同様の変化が起こることを確認した。

 これらの結果から、紫外線のダメージは、角層水分量の低下や表面粗さの増加などを経て、光老化につながっていくと推察された。今回の研究成果は、「第49回欧州研究皮膚科学会」(2019年9月18~21日)にて発表している。

 紫外線は、肌に日やけを生じさせるだけでなく、将来的にシミ・シワ・たるみなどの光老化を引き起こすことが知られている。その主な要因が、紫外線を浴びたときに肌内に発生する過酸化脂質をはじめとする活性酸素種で、これらを肉眼で見ることはできないため、花王では、活性酸素種の発生に伴って生じる微弱な生体発光現象であるバイオフォトンに着目した。

 今年6月、紫外線照射1~3分後に発生するバイオフォトン量を計測することで、紫外線を浴びた際の過酸化脂質量を推測できることや、そのバイオフォトン量が肌表面にはあらわれないほどのわずかな肌ダメージを表す指標になることを報告しているが、これらの研究から紫外線照射1~3分後のバイオフォトン量が多い肌は、紫外線によるダメージを受けやすい状態であることがわかってきた。

 そこで今回は、バイオフォトン量が多い肌では、紫外線によるダメージが蓄積し、肌状態に何らかの変化が生じているものと考え、20代女性43名を対象に、紫外線照射1~3分後のバイオフォトン量を測定し、併せてさまざまな肌性状との関係を検討した。その結果、バイオフォトンの発生量が多くダメージを受けやすい肌では、角層水分量が低下し、表面粗さが増加する傾向があることを見出した。

 シミやシワなどの肌悩みを気にする人が増えるのは概ね30代以降だが、紫外線によるダメージは日々蓄積されていくことから、光老化につながるような変化は、もっと早い段階からあらわれているのではないかと考え、シミ・シワなどの肌悩みが少ないとされる20代の女性を対象に、紫外線曝露量の違いによる肌状態の変化を調べた。6歳から最近までに太陽光にさらされていた標準的な時間を、生活習慣や屋外レジャー活動に関するアンケート調査から予測。低曝露群(22名)と高曝露群(21名)で比較したところ、高曝露群の肌は、低曝露群と比べて角層水分量が有意に低いこと、表面粗さが有意に増加していることが明らかになった。

 つまり、バイオフォトンの発生量が多く、紫外線による見えないダメージを受けやすい肌ほど、日々さらされる紫外線によって肌内部でのダメージが蓄積しやすく、角層水分量の低下や表面粗さの増加といった肌変化となってあらわれている可能性が示された。また、肌悩みが顕在化していない20代であっても、紫外線に多くさらされている肌では、角層水分量の低下や表面粗さの増加が確認された。

 このことから、紫外線によるダメージが蓄積されることでこれらの肌変化が起こり、ひいては将来の光老化につながっていく可能性が考えられるという。

 同社では引き続き、紫外線から徹底的に肌を守り、将来の光老化を未然に防ぐ新たな技術開発を進めていく。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 2月20日 12時30分
    コーセー、化粧品成分のサンゴへの影...
  2. 2位 2月21日 12時30分
    エスティローダー上期決算、増収営業減益
  3. 3位 2月21日 15時00分
    第6回インターフェックス Week...
  4. 4位 2月20日 11時30分
    牛乳石鹼、大丸梅田で「赤箱」のポッ...
  5. 5位 2月19日 12時30分
    カネボウ、「N-ルージュ」ポップア...
  6. 6位 2月21日 10時30分
    コーセー、2020年第3四半期決算...
  7. 7位 2月20日 10時30分
    ポーラ化成、体操の習慣化で肌がきれ...
  8. 8位 2月20日 13時30分
    PPIH、新中長期経営計画で203...
  9. 9位 2月21日 11時00分
    大成建設、細胞培養プロセスの自動化...
  10. 10位 2月20日 16時00分
    大和製罐、研究・製造施設の衛生環境を向上
  1. 1位 2月20日 12時30分
    コーセー、化粧品成分のサンゴへの影...
  2. 2位 2月17日 16時00分
    ナリス化粧品、大阪市女性活躍リーデ...
  3. 3位 2月18日 12時00分
    ポーラ、及川美紀社長が所信を表明
  4. 4位 2月19日 12時30分
    カネボウ、「N-ルージュ」ポップア...
  5. 5位 2月18日 10時30分
    昭栄薬品、「トリポーラス」を配合し...
  6. 6位 2月18日 15時30分
    資生堂2019年12月期、売上高・...
  7. 7位 2月17日 14時00分
    富士経済、機能性化粧品の国内市場調...
  8. 8位 2月20日 10時30分
    ポーラ化成、体操の習慣化で肌がきれ...
  9. 9位 2月19日 10時30分
    持田製薬、懇親会でヘルスケア事業の...
  10. 10位 2月18日 10時00分
    ファンケル、白麹菌含有成分に美肌機...
  1. 1位 1月28日 11時00分
    コーセー、「雪肌精」のグローバル化を加速
  2. 2位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  3. 3位 1月20日 12時30分
    オルビス、国内空港免税店へ初出店
  4. 4位 1月17日 12時30分
    三葵コーポレーション、ユニークな海...
  5. 5位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  6. 6位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  7. 7位 1月23日 10時30分
    アルビオン、「イグニス」を一新 個...
  8. 8位 2月4日 09時30分
    花王グループ、「バイオミメシス ヴ...
  9. 9位 2月7日 12時30分
    資生堂、Beauty Innova...
  10. 10位 1月28日 14時00分
    中国ECモール化粧品売上高トップ3...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ