資生堂ジャパン 杉山副会長、コアブランドへ投資集中し成長へ

週刊粧業 2020年1月1日号 10ページ

2020年1月16日 10時20分

Ss20200101 139 1

 資生堂ジャパンでは、2019年も「お客さま(生活者)があらゆる生活場面で好きな時に、好きなように、ブランドを通じた化粧体験を楽しめることを実現する」というVISIONのもと、「肌3分野(スキンケア・ベースメイクアップ・サンケア)×コアブランドへの集中」と「コンタクトポイントの拡大・強化」という戦略を掲げ活動してきた。

 活動のひとつの成果としてファンデーション市場においては、新技術のみならず、ファンデーションでスキンケアをするという新しい美容習慣を提唱することで、これまでのファンデーションに対する概念を180度転換させ、市場にイノベーションを起こした。

 また、戦略の実行力を高めるために働き方改革にも注力している。代表的な取り組み「グッジョブ活動」もカルチャーとして息づきはじめるなど戦略が成果として現れ、資生堂ジャパンを市場に大きくアピールした1年となった。

 そこで、2019年を振り返るとともに、2020年の展望や注力する取り組みについて、資生堂常務兼資生堂ジャパン代表取締役副会長 日本地域CEO補佐 杉山繁和氏に話を伺った。

顧客の固定化へとつなげていく
「プロセス重視」の活動を推進

 ――まずは昨年1年間を振り返っていただけますか。

 杉山 19年は資生堂ジャパンのVISIONのもと「活動の『型を定着』させ『さらなる成長』を実現する」重要な年として活動してきました。

 現在も生活者起点に立ち「イノベーション×接点づくり」を強化しながら、自然災害や消費増税後の反動、インバウンド売上の変化など市場環境が厳しい中、柔軟に対応を図っています。

 戦略の中心である「肌3分野」への取り組みに加え、昨年は「SHISEIDO」「クレ・ド・ポー ボーテ(以下CPB)」「エリクシール」「HAKU」「dプログラム」「アネッサ」といったコアブランドへの取り組みに集中しました。

あと87%

こちらの記事は週刊粧業の有料プランをご契約の方のみ閲覧可能です

有料プランについてはこちら

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  2. 2位 9月25日 10時00分
    クラシエ、「ラメランス」新CMに竹...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 9月28日 10時00分
    コーセー、DECORTE Conc...
  5. 5位 9月28日 15時00分
    ポーラ・オルビス、ANAと化粧品を...
  6. 6位 9月28日 11時00分
    イオンリテール、ネットスーパーの強...
  7. 7位 9月28日 10時30分
    コーセー、「Maison KOSE...
  8. 8位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  9. 9位 9月28日 10時00分
    ファンケル、マイクレの累計販売実績...
  10. 10位 9月28日 12時00分
    メナード、肌の老化はつやの低下から...
  1. 1位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  2. 2位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  3. 3位 7月15日 12時00分
    マンダム、男性向けシワ改善クリームを発売
  4. 4位 9月25日 10時00分
    クラシエ、「ラメランス」新CMに竹...
  5. 5位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  6. 6位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  7. 7位 8月4日 15時30分
    花王、「アタック3X(スリーエック...
  8. 8位 9月24日 15時00分
    コーセー、コスメデコルテの中国売上...
  9. 9位 10月28日 13時00分
    アルビオン、化粧液「フローラドリッ...
  10. 10位 9月23日 11時00分
    ウーノのオールインワンジェル、男性...
  1. 1位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  2. 2位 9月14日 15時10分
    花王、スキンケア動作習慣が皮膚状態...
  3. 3位 8月4日 15時30分
    花王、「アタック3X(スリーエック...
  4. 4位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  5. 5位 9月11日 14時00分
    資生堂、太陽光強度のブルーライトが...
  6. 6位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  7. 7位 9月17日 16時00分
    ポーラ、70代以上の人の肌は最もう...
  8. 8位 8月31日 15時30分
    ライオン、2023年春に本社を台東...
  9. 9位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  10. 10位 8月5日 18時00分
    PayPay、花王商品の購入で最大...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ