MimiTV、新型コロナが美容オタクの美意識に与える影響を調査

粧業日報 2020年6月8日号 2ページ

2020年6月8日 11時30分

Sn20200608 2

 MimiTVは、4月11日~24日にかけて、「新型コロナウイルスが美容オタクの美意識に与える影響」と題して、美容への関心が高く、日常的にSNSから美容情報を収集しているユーザーに対してアンケート調査(回答件数:合計2万5404件)を実施した。

 まず、緊急事態宣言後のメーク頻度について尋ねたところ、半数以上(53.6%)が「全くしていない」と回答。メークをする頻度が減った人にその理由を尋ねると、「人前に出ないから」(54.6%)、「マスクをつけるから」(39.7%)といった人前で顔を見せる機会が減ったことに起因するものが多く挙げられた。

 一方で、少しでもメークをしている人に向けてメークをする理由を尋ねたところ、最も多かった回答が「自分が楽しむため」(54.4%)だった。

 対面接触やアクティビティが減少する中、マナーや他者からの好感度獲得のためのメークよりも、自分の気分を上げるための「自分ウケ」メークに意識が向いている様子が伺えた。

 3月と4月におけるスキンケアにかける時間の変化について尋ねたところ、「いつも通り」と答えた人が52.2%となった一方で、「増えた」と答えた人は30.1%となり、3割以上の美容オタクが、スキンケアに力を入れていることがわかった。

 自宅等にこもって行うスキンケア・ヘアケア・ボディケアの総称「おこもり美容」についても、「している」(32.3%)、「アイテムを探している」(37.3%)と、約7割が積極的だった。

 対面接触が減少したことにより、ユーザーの美意識が、美しく着飾るのではなく、自分の肌や髪などの土台を整えたいと自愛的に変化しているようだ。

スマホでの美容情報収集が急増、
EC購入頻度増加は約4割

 百貨店の営業自粛や店舗のテスター撤去を受け、気になるコスメがあってもタッチアップができない中、美容好きな消費者たちはどのように情報を集めているのかを把握すべく、今現在参考にしている美容情報源について尋ねたところ、半数以上が「SNSの個人投稿」(53.0%)と回答、2位の「クチコミサイト」(28.3%)を大きく引き離してトップとなった。

 この背景として、日ごろSNS上で活躍しているインフルエンサーに加えて、テレビや雑誌等で活躍しているパワーインフルエンサーまでもがSNSでの発信を強化していることが考えられる。

 そこで、1日あたりスマホで美容情報を見ている時間がどう変化したかを尋ねた。

 その結果、「3時間以上増加」(52.1%)、「1~2.5時間増加」(17.2%)、「30分~1時間増加」(11.3%)と、8割以上(80.6%)が「増加した」と回答。美容好きな消費者は、スマホに触れる機会が増えるおうち時間を、「美容関連の情報を集めるチャンス」と捉えている。

 次に、美容に関する消費行動の実態を把握すべく、3月~4月にコスメを新しく購入したと回答した人(51.3%)を対象に、購入したコスメの単価を尋ねたところ、「1000円~3000円」(40.7%)、「1000円未満」(30.1%)と、7割以上がプチプラコスメを購入していることがわかった。

 プチプラコスメ購入者の割合が高い要因としては、緊急事態宣言後も営業可能なドラッグストア等で入手しやすいことが考えられる。

 また、ECサイトでコスメを購入する機会が増えたと答えたユーザーも約4割(39.4%)にのぼることから、百貨店や専門店等で取り扱いのある高単価アイテムをECサイトで指名買いしているユーザーや、インフルエンサーが紹介して気になったコスメをオンライン上で衝動的に購入するユーザーも多数存在していることがわかる。

 今回の消費行動の変化をきっかけに、EC販売やデジタル上でのプロモーションに強みを持つ化粧品メーカーやD2Cブランドの台頭がより一層進んでいくことが予想される。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  2. 2位 9月24日 15時00分
    コーセー、コスメデコルテの中国売上...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 9月24日 10時00分
    資生堂ジャパン、在宅勤務中の肌事情を調査
  5. 5位 9月25日 11時00分
    ユニ・チャーム、九州工場の全ての電...
  6. 6位 9月25日 11時30分
    JACDS、オンラインでドラッグス...
  7. 7位 7月15日 12時00分
    マンダム、男性向けシワ改善クリームを発売
  8. 8位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  9. 9位 9月25日 10時30分
    牛乳石鹼、「赤箱」から全身スキンケ...
  10. 10位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  1. 1位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  2. 2位 9月17日 16時00分
    ポーラ、70代以上の人の肌は最もう...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 9月17日 17時05分
    資生堂、シミ部位の血管密度が色素沈...
  5. 5位 7月15日 12時00分
    マンダム、男性向けシワ改善クリームを発売
  6. 6位 8月4日 15時30分
    花王、「アタック3X(スリーエック...
  7. 7位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  8. 8位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  9. 9位 10月28日 13時00分
    アルビオン、化粧液「フローラドリッ...
  10. 10位 9月24日 15時00分
    コーセー、コスメデコルテの中国売上...
  1. 1位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  2. 2位 9月14日 15時10分
    花王、スキンケア動作習慣が皮膚状態...
  3. 3位 8月4日 15時30分
    花王、「アタック3X(スリーエック...
  4. 4位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  5. 5位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  6. 6位 9月11日 14時00分
    資生堂、太陽光強度のブルーライトが...
  7. 7位 9月17日 16時00分
    ポーラ、70代以上の人の肌は最もう...
  8. 8位 8月31日 15時30分
    ライオン、2023年春に本社を台東...
  9. 9位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  10. 10位 7月10日 17時15分
    コロナ禍のメークアップ、使用しなく...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ