サンスター 吉岡貴司執行役員、人々の健康で快適な生活づくりに貢献

週刊粧業 2022年1月1日号 27ページ

サンスター 吉岡貴司執行役員、人々の健康で快適な生活づくりに貢献
 サンスターでは、「100年mouth100年health」 を掲げ、この人生100年時代に「お口」「からだ」「生活空間」にいたるまで包括的な視点で健康を考え、人々の健康で快適な生活づくりに貢献することを、さらに強化して事業推進してまいります。

 昨年、大阪府高槻市に地域の人々との交流による共創を目指す新社屋として、サンスターコミュニケーションパークを開設しました。また、山梨県では、日本・アジアの需要が拡大している洗口液に対応する最大生産量3倍のオーラルケアの新工場を稼働いたしました。

 両施設とも、環境負荷低減への配慮に加え、地域の方々との交流や、お口から全身の健康を考える健康啓発の場として、地域に貢献してまいります。

 手洗いやうがい手指の消毒など衛生管理への関心が高まる中、GUMでは、外出前後の新習慣に、口腔内を長時間殺菌し、口臭を防ぎ、お口を清潔に保つ洗口液「ガム・マウスバリア」を発売いたしました。外出前後の口腔ケアで、日頃から口内環境を清潔に保つ新衛生習慣を提案してまいります。

 Doでは、サンスター史上初めて毛からハンドルまで抗菌加工のハブラシ「ドゥー・ガードシーユーツープラス ハブラシ」を発売。Ora2では毎日の歯みがき時間を、アロマの豊かな香りで気持ちを前向きにする「気分みがき」時間として提案する「オーラツーミー アロマフレーバーコレクション ペースト」を発売し、ご好評いただいています。

 毎日習慣として行う歯みがきなどのオーラルケアは、お口の健康を守り、そして全身の健康を守ることにもつながっています。口腔内の環境をコントロールし、予防することが大切であり、「オーラルケア」から「オーラルヘルス」へカテゴリー価値の向上とマーケット拡大を目指してまいります。

 健康道場ブランドでは、日本のスーパーフードといわれサステナビリティの観点からもアップサイクル製品として今注目の「米ぬか」を手軽に摂取できる「健康道場 ライスブラン生活」を新発売しました。合わせて、36年にわたるサンスター独自の健康メソッドをオンラインで体験できるウェブサービス「バーチャル健康道場」の提供を開始し、自分自身の健康状態と生活習慣を見直すことで、皆様の健やかで豊かな生活をサポートしてまいります。

 サステナビリティ活動の推進では、グループグローバル2030年環境中長期目標を策定し、サンスターだからこそできる持続可能な社会づくりへの価値創造を進めています。また、国内グループ各社の自社事業所使用電力の7割を再生可能電力に切り替え、事業所からの年間CO排出量の6割削減を実現しています。

 さらに、国内グループ各社でテレワーク勤務制度、コアタイムなしのフルフレックス勤務制度を正式に施行いたしました。柔軟な働き方を促進し、ビジョンや目標達成に向けた自主性の尊重、成果重視の主体的な業務遂行を目指すことで、社員の幸福度向上、生産性向上を図ってまいります。

 最後に繰り返しになりますが、サンスターは、お口の健康を起点として全身の健康を考え、「お口」「からだ」「生活空間」まで含めた包括的な視点で「健康寿命の延伸」に貢献したいと考えております。
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > サンスター 吉岡貴司執行役員、人々の健康で快適な生活づくりに貢献

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop