企業連載コーナー

大成建設株式会社

Img cat

第7回 BCPの運用

2012.03.30

 この連載では、BCP構築のポイントについて、ファシリティの視点を踏まえて解説しています。

 今回は、「BCPの運用」です。

 策定したBCPをもとに、どのような活動をしていけばよいのかを、「平常時」「非常時」「復旧時」の段階別にまとめてみました。

大成建設第7回図.jpg

 〈平常時:次のリスクに備える活動〉

 ①訓練して備える

 被災後の中核事業が目標復旧時間内に再開可能かを訓練によって検証します。訓練の種類は、参集訓練や代替生産への切り替え訓練など対象者や目的によって様々です。いずれの場合も評価基準を明確にして常に改善していくことが対応力の向上につながります。

 ②手順書・マニュアルを見直して備える

 発災後の初動、被害状況の確認、代替への切り替え手順などをあらかじめ書面にまとめ、訓練によって見直します。特に初動における連絡体制は常に最新の状態にすることが重要です。

 ③減災対策を実施して備える

 重要ファシリティのリスク評価結果から減災対策を実施管理します。

 ④復旧に必要な情報を整備して備える

 生産機能を目標復旧時間内に再開させるには、その前に施設の機能、特に電気設備といった建築設備の復旧が不可欠です。これらをスムーズに復旧させるには最新の図面の有無が大きく影響します。確実な図面管理を考えると、図面を電子化して一元管理する方法も考えられます。これをシステム化したものをCAFM(キャフム)と呼びます。

 〈非常時:確実な初動対応活動〉

 ①初動(安否確認・被害状況の把握)

 まずは安否確認です。特に地震や火災といった、突然発生する災害・事件・事故においては、従業員の安否確認が必須です。従業員以外のパートタイマーが多数在館する施設では、彼らの安否確認方法も事前に取り決めて訓練する必要があります。被害状況の把握は、自社の被災状況だけではなく、ライフライン(電気・上下水道・通信・ガス・電話・道路など)、サプライヤ、顧客の被災状況も確認します。

 ②中核事業への影響を評価

 もし目標復旧時間以内に復旧の見込みがない場合は、代替手段への移行を経営者に意思決定してもらいます。代替手段が決定された際には、対応手順書に則り行動します。どのリスクがどの程度の規模で発生した場合、どのプロセスがどのように影響するのか。またその場合の対応は何があるかなどをシナリオプランニングのように事前にまとめておくと、素早い対応が可能です。

 〈復旧時:代替・応急対応から通常時へ移行するための活動〉

 復旧計画書に則り、被災箇所の応急・修復を行います。チェックポイントは以下の3つです。

 ・どこをどの順番で復旧するか(優先順位づけ)

 ・どの程度まで復旧するか(進捗管理)

 ・どのように平常時の体制に切り替えるか(意思決定)

 復旧計画書には、復旧箇所の優先順位づけが明記されている必要がありますが、それらは減災対策の実施状況によって変わりますので、減災対策計画書と復旧計画書はリンクして更新される必要があります。

 以上、BCPの運用のポイントについて解説しました。BCPはリスクが発生した際に十分機能することが高く問われます。そういった意味では、策定したBCPが実際に機能するかを、訓練などを通じて何度も検証して見直しを行い、徐々に習熟させる運用と体制づくりが重要と考えます。

 次回は、BCPの運用の続きとして、リスク管理について解説します。

img_profile_post_003510.jpg

企業紹介

大成建設では、従来から「人がいきいきとする環境を創造する」という企業理念のもと、安全で快適な生活環境の整備を通じて社会の持続的発展に貢献することを企業活動の大きな目標としています。

自然との調和を大切にしながら、より豊かな未来を築くことは社会共通の願いです。次の世代へと受け継がれていく新しい価値の創造を目指して、これからも真摯な姿勢で事業活動に取り組んでいきたいと考えています。

http://www.taisei.co.jp/

アクセスランキング

  1. 1位 11月18日 10時00分
    Paypay、花王商品の購入で最大...
  2. 2位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  5. 5位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  6. 6位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  7. 7位 6月22日 13時00分
    耳にかけないマスクが販売開始、ヘア...
  8. 8位 11月19日 20時00分
    資生堂、「アルティミューン」から高...
  9. 9位 10月28日 13時00分
    アルビオン、化粧液「フローラドリッ...
  10. 10位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  1. 1位 11月18日 10時00分
    Paypay、花王商品の購入で最大...
  2. 2位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  5. 5位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  6. 6位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  7. 7位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  8. 8位 11月17日 13時00分
    花王、鬼滅の刃とコラボ、家族で掃除...
  9. 9位 10月28日 13時00分
    アルビオン、化粧液「フローラドリッ...
  10. 10位 11月18日 17時30分
    エスプリーク、マスク着用でも化粧持...
  1. 1位 11月6日 10時30分
    ナリス化粧品、ネイル禁止でも使える...
  2. 2位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  3. 3位 11月18日 10時00分
    Paypay、花王商品の購入で最大...
  4. 4位 11月9日 14時00分
    ポーラ、肌の潜在力高めるには「喫煙...
  5. 5位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  6. 6位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  7. 7位 11月10日 10時30分
    コーセー、マスクに色移りしない高化...
  8. 8位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  9. 9位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  10. 10位 10月5日 14時00分
    コーセーマルホファーマ、新ブランド...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ