企業連載コーナー

大成建設株式会社

Img cat

第10回(最終回) 実効性の高いBCPに向けて

2012.03.30

 この連載では、BCP構築のポイントについて、ファシリティの視点を踏まえて解説しています。

 今回は最終回として、策定したBCPの実効性をどのように向上させるかについて解説します。

 ◆BCPへの心構え

 これまでの連載を踏まえ、BCPの構築と運用を進めるにあたってのポイントを3つにまとめてみました。

 ①「BCPはステークホルダーのために策定する」

 事業継続(BC)戦略の第一義は役職員の方の安全と安心の確保です。それには、人命に及ぼす影響が高いリスクの徹底的な排除が最初のステップです。

 次に取引先です。何らかの原因で停止した中核事業を、自社と取引先とでお互いに合意した「目標復旧時間」内に再開させ、製品を送り届ける必要があります。

 また企業市民として社会的責任と貢献があります。事業を継続することで地域に雇用を創出すると同時に、日頃からリスクコミュニケーションを行なうことで、地域社会から愛され信頼される企業になることが重要です。

 このようにBCPは、役職員、取引先、地域(住民)、株主といった、ステークホルダーすべてがハッピーになるための取り組みと言えます。

 ②「BIAで業務改善につなげる」

 BCP策定の最初の取り組みとして重要なフェーズであるBIA(Business Impact Analysis:ビジネス影響度分析)は、自社を客観的に評価することで重要業務の流れ全体が明らかになります。これにより無駄な業務や改善すべきプロセスが把握でき、それらを変更・改善することで、目標復旧時間を短縮することにもつながります。

 ③従業員のモチベーションが要です

 実際の被災現場で従業員の方々に積極的に活動してもらうには、BCPに対する理解と高いモチベーションが不可欠です。

 日頃からリスクに対する意識や企業の取り組みについて従業員と情報共有し、彼らのBCマインドを高めることが重要です。

 ◆真に「事業の継続」を実現する社内体制とパートナーシップ

大成建設第10回図.jpg

 この図は、重要業務が停止した際の対応・手順をまとめるBCPの構築・運用と、重要なファシリティが停止しないためのリスクマネジメントのサイクルを示しています。企業活動としてこの2つの流れをしっかりとサイクルさせることが確実な「事業の継続」につながります。

 特にリスクマネジメントのサイクルにおける重要なプロセスとして「生産機能の継続に欠かせない重要ファシリティは何か」といった、重要ファシリティの特定があります。

 生産プロセスを把握して、関連する建物・建築設備・生産装置・ユーティリティ等をもれなく洗い出し、それら1つ1つが停止する可能性を、結果分析や原因分析などできるだけ多面的に評価することが必要です。それには、建築業者・設備業者・生産装置メーカーなどの協力が欠かせません。

 自社の従業員だけではなく、このような会社とパートナシップを築き、2つのサイクルを回していくことが、実効性の高いBCPを実現する近道ではないでしょうか。

img_profile_post_003510.jpg

企業紹介

大成建設では、従来から「人がいきいきとする環境を創造する」という企業理念のもと、安全で快適な生活環境の整備を通じて社会の持続的発展に貢献することを企業活動の大きな目標としています。

自然との調和を大切にしながら、より豊かな未来を築くことは社会共通の願いです。次の世代へと受け継がれていく新しい価値の創造を目指して、これからも真摯な姿勢で事業活動に取り組んでいきたいと考えています。

http://www.taisei.co.jp/

アクセスランキング

  1. 1位 1月22日 10時00分
    資生堂グループ、人事異動(2019...
  2. 2位 1月21日 12時00分
    日本通信販売協会、2019年新年賀...
  3. 3位 1月21日 12時00分
    花王、カバーしたいシミ部位にメーク...
  4. 4位 1月22日 11時00分
    ライオン、「雨活アイデアコンテスト...
  5. 5位 1月21日 14時00分
    小林製薬、春の新製品10品目で初年...
  6. 6位 1月22日 12時00分
    官民一体で使用済みエアゾール缶の安...
  7. 7位 1月18日 13時30分
    花王グループカスタマーマーケテ...
  8. 8位 1月21日 13時00分
    ウォルグリーンBA、マイクロソフト...
  9. 9位 1月18日 12時00分
    BOTANIST Tokyo、植物...
  10. 10位 1月21日 16時00分
    ロックオン、コスメガチャ機能搭載し...
  1. 1位 1月16日 12時00分
    ヤーマン、美顔器「フォトプラス」が...
  2. 2位 1月18日 12時00分
    BOTANIST Tokyo、植物...
  3. 3位 1月18日 14時00分
    ポーラ化成、新規美白有効成分で医薬...
  4. 4位 12月14日 11時00分
    ロゴナジャパン、スキンケアしながら...
  5. 5位 12月14日 14時00分
    P&Gパンテーン、ミセラーテクノロ...
  6. 6位 12月14日 13時00分
    NAOS JAPAN、皮膚科学に基...
  7. 7位 12月14日 12時00分
    フィッツコーポレーション、ミセラー...
  8. 8位 12月11日 19時30分
    一秒でも長く寝たい…忙しい年末年始...
  9. 9位 11月22日 19時30分
    冬はすぐそこ!血流改善で冷え対策
  10. 10位 10月12日 18時00分
    肌疲れを冬に持ち越さない!秋の肌老化ケア
  1. 1位 12月14日 14時00分
    P&Gパンテーン、ミセラーテクノロ...
  2. 2位 12月14日 14時30分
    コージー本舗、3D製法のつけまつ毛...
  3. 3位 12月14日 11時00分
    ロゴナジャパン、スキンケアしながら...
  4. 4位 12月14日 13時00分
    NAOS JAPAN、皮膚科学に基...
  5. 5位 12月14日 12時00分
    フィッツコーポレーション、ミセラー...
  6. 6位 11月22日 19時30分
    冬はすぐそこ!血流改善で冷え対策
  7. 7位 12月10日 12時00分
    バルクオム、ヘアケア市場へ参入
  8. 8位 10月12日 18時00分
    肌疲れを冬に持ち越さない!秋の肌老化ケア
  9. 9位 11月15日 20時00分
    気になる抜け毛や痛み…秋のまつ毛ダ...
  10. 10位 12月10日 10時00分
    HOLO BELL、主力製品の店頭...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ