連載コラム

流通記者50年「経営トップとの交流の中で」

2021.01.19

最終回 「流通革命の実現に命燃やす」(ダイエー 中内㓛元社長)

執筆者:加藤英夫 週刊粧業 顧問(週刊粧業 流通ジャーナル 前会長)

Img cat25

【週刊粧業2021年1月18日号9面にて掲載】

 今から30年近く前の1992年、流通ジャーナル創刊30周年記念特集号の取材で、当時、東京 浜松町の芝パークビル(通称 軍艦ビル)にあったダイエー東京本部で中内社長(当時)にインタビューした。

 執務室の入口には、ダイエーが創業当時から使っていた歴代のレジスターがずらりと並べられて実に壮観だった。中内さんが自らポットで紙コップにコーヒーを入れてくれたのには恐縮した。

 中内さんは元気な声で、「創刊30年周年か。なかなか頑張っているじゃないですか。君たちはいいなあ、好きなことが書けて。僕も一度新聞記者をやりたかったんですよ」。当時、バブルが弾けて、ダイエーの業績にもやや陰りが見え始めていた時期だっただけに、彼の冗談にも本音が少し混じっていたのかも知れない。

 翌年秋の叙勲で中内さんは、スーパー業界では初めて勲一等瑞宝章を受賞された。親しい記者有志で、浅草の隅田川沿いにあったダイエーの居酒屋「リキシャマン」で中内さんの受賞を祝う会を開いた。

 その席で、予め秘書に彼のサイズを確認して仕立ててもらった洒落たブルーのブレザーをプレゼントした。これには中内さんも喜んでくれて早速袖を通された。

 2次会はやはり浅草にあったダイエーの洋風居酒屋「ハフ」で盛り上がった。「僕は昔からジャズが好きでね」と中内さん。その頃のダイエーは何でもやっていた。

 翌日、たまたま記者会見があったが、そこに彼は、我々が贈ったブレザーを着て現れた。こうした細かな気遣いも中内さんらしかった。

 戦時中、陸軍軍曹としてフィリピン北部の山中を彷徨い、九死に一生を得た中内さんは、戦死した人々に終生後ろめたさを感じていたという。

 日々の生活必需品が安心して買える社会をつくるため、「よい品をどんどん安く」が今も変わらぬダイエーの企業理念となった。

 安売りへの抗議に対して彼は三宮店の店頭に、「日用の生活必需品を最低の値段で消費者に提供するために商人が精根を傾けて努力し、その努力の合理性が商品の売価を最低にできたという事が何で悪いのであろうか?」と貼りだして反論した。これがまさに流通革命なのである。

 だが1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災で、この三宮店をはじめとして、ダイエーが神戸市内で展開していた店舗の多くが壊滅的な被害を受けた。

 中内さんはすぐに対策本部を立ち上げ、営業本部長だった川一男専務を現地に派遣する一方、ライフラインの確保のため、あらゆる交通手段を使って緊急物資を現地に運んだ。

 しかしダイエーの業績に与えたこの災害の影響は大きく、同年度は創業以来の赤字決算を余儀なくされた。

 その後1990年代後半からダイエーの業績は下降を続け、紆余曲折を経て2015年、イオングループの完全子会社となって現在に至っている。

 だが中内さんの理念を今も灯し続けている企業の一つがダイエーの子会社「ビッグ・エー」である。「大栄」を英語表記した社名の同社は現在、首都圏に230店近くを展開しており、ほとんどの店舗が24時間営業を行っている。

 ドイツのハードディスカウンター、「アルディ」をモデルとして1979年に創業したが、スタートは余り芳しいものではなかった。

 だが100%国産品をめざして商品政策を大きく転換させてから業績が上向いてきた。あまり目立った存在ではないが、消費者の支持を着実に集めている。

 以上、流通革命を先導した日本リテイリングセンターの渥美俊一氏をスタートに、それを実現させたダイエーの中内 氏を最終回としてこれまで、40名を超える国内外の経営トップとの50年に及ぶ交流の中から感じた思いやエピソードなどを綴ってきた。

 まだまだ多くの方々のお顔が思い浮かぶが、紙数にも限りがあることもあり、この辺で筆を置くことにしたい。

 皆さんに共通するのは、人々の日々の生活を、より良く快適にしたいという「利他の精神」である。これを真摯に追求し実践してきた方々ばかりである。

 「一隅を照らす」という言葉がある。高野山延暦寺の天台宗開祖、伝教大師 最澄が後進の指導のために著した「山家学生式」(さんげがくしょうしき)の中の一節である。

 「一隅を照らす、是れ即ち国宝なり」。これからもこうした方々が数多く現れ、世の中を明るく照らしていただきたい。(完)

この記事のお問い合わせはこちら

プロフィール

執筆者:加藤英夫 週刊粧業 顧問(週刊粧業 流通ジャーナル 前会長)

私が週刊粧業の子会社「流通ジャーナル」に入社したのは今からちょうど50年前の昭和44年(1969年)6月だった。この間、国内はもちろんアメリカ・ヨーロッパ・アジアにも頻繁に足を運び、経営トップと膝を交えて語り合ってきた。これまでの国内外の小売経営トップとの交流の中で私なりに感じた彼らの経営に対する真摯な考え方やその生きざまを連載の形で紹介したい。

https://www.syogyo.jp/

Img cat25

流通記者50年「経営トップとの交流の中で」

2021.01.19
最終回 「流通革命の実現に命燃やす」(ダイエー 中内㓛元社長)
2021.01.15
第42回 「小売業は平和産業である」(イオン 岡田卓也名誉会長)
2020.12.15
第41回 「中小スーパーマーケットの連合体を構想」(さえきセルバホールディングス 佐伯行彦社長)
2020.12.01
第40回 「時代を切り拓くパイオニア」(CFSコーポレーション 石田健二 元社長)
2020.11.25
第39回 「独自開発の生鮮加工システムを業界全体に」(関西スーパーマーケット 北野祐次 元会長)
2020.11.17
第38回 「欧米を運転して回って感じたことなど」
2020.11.10
第37回 「経営基盤強化を総仕上げ」(あらた 畑中伸介会長)
2020.11.04
第36回 「生鮮の作業システムを変革」(サミット 荒井伸也 元社長)
2020.10.27
第35回 「巨額投資を断行、全国にRDC網築く」(PALTAC 三木田國夫会長)
2020.10.13
第34回 「中四国で1兆円めざす」(フジ 尾﨑英雄会長兼CEO)
2020.10.06
第33回 「過疎地にも敢えて出店」(サツドラホールディングス 冨山睦浩会長)
2020.09.24
第32回 「センター加工か、インストア加工か」(いなげや 成瀬直人会長)
2020.09.15
第31回 「母が教える顧客サービスの徹底」(ドロシー レーン ノーマン C.メインCEO)
2020.08.31
第30回 「チェーンストア理論の優等生」(薬王堂ホールディングス 西郷辰弘社長)
2020.08.17
第29回 「平和を祈る創業者の思い」(平和堂 夏原平和会長兼CEO)
2020.08.04
第28回 「地域の健康支え続けて130年」(バーテル ドラッグ ジョージ D.バーテル会長)
2020.07.28
第27回 「美と健康で最大グループ形成」(ココカラファイン 塚本厚志社長)
2020.07.13
第26回 「広がるグローバルネットワーク」(阪急オアシス 千野和利 前会長兼社長)
2020.06.29
第25回 「巨大M&Aの連続で急成長」(CVS ファーマシー デビッド B.リカード副社長兼CFO)
2020.06.24
第24回 「国民の美と健康に奉仕」(コクミン 絹巻和美前会長)
2020.06.15
第23回 「現場力を高めるには」(ヤオコー 川野幸夫会長)
2020.06.08
第22回 「巨大ドラッグストアの神髄」(ウォルグリーン ジョー マークリオ経営戦略部長)
2020.06.08
第21回 「五島列島との深い絆」(サンドラッグ 才津達郎会長)
2020.06.08
第20回 「中興の祖」(カスミ 小濱裕正会長)
2020.06.05
第19回 「イギリス最大の小売業」(テスコ デビッド リード元副会長)
2020.06.05
第18回 「調剤併設は経営の根幹」(スギホールディングス 杉浦広一会長)
2020.06.05
第17回 「新年号で記事交換」(作家 椎名誠氏)
2020.06.05
第16回 「テスコに学ぶ」(マルエツ 吉野平八郎 元社長)
2020.06.05
第15回 「生産から消費までを効率化」(プロクター&ギャンブル シャーロット R オットー元上級副社長)
2020.06.05
第14回 「現場主導の業務改革が柱」(アインホールディングス 大谷喜一社長)
2020.06.05
第13回 「志を高く、同じ目標に邁進」(アークス 横山清社長)
2020.06.04
第12回 「芸術の都 パリ」(ロレアル パトリック ラバン副社長)
2020.06.04
第11回 「化粧品専門店に意欲」(ウエルシアホールディングス 池野隆光会長)
2020.06.04
第10回 「小売業から流通業へ」(バローホールディングス 田代正美会長兼社長)
2020.04.02
第9回 「最も働きがいのある企業」(ウェグマンズ フード マーケット ダニエル ウェグマン会長)
2020.04.02
第8回 「経営統合のねらい」(マツモトキヨシホールディングス 松本南海雄会長)
2020.04.02
第7回 「後継者」(ライフコーポレーション 清水信次会長兼CEO)
2020.03.10
第6回 「揺るぎない消費者の支持」(コストコホールセール リチャード ギャランティ副社長)
2020.03.10
第5回 「驚くべき計画達成力」(ツルハホールディングス 鶴羽樹会長)
2020.02.27
第4回 「おしん」(八百半デパート創業者 和田カツさん)
2020.02.27
第3回 「ベントンビルでの衝撃」(ウォルマート リー スコット元社長)
2020.02.26
第2回 「原点」(セブン&アイホールディングス 鈴木敏文前会長)
2020.02.26
第1回 「時代を創った指導者」(日本リテイリングセンター 渥美俊一氏)

カテゴリー

流通記者50年「経営トップとの交流の中で」

執筆者:加藤英夫

週刊粧業 顧問(週刊粧業 流通ジャーナル 前会長)

Img cat25

化粧品通販ビジネス実践講座

執筆者:船生千紗子

(株)通販総研 化粧品専門コンサルタント

Img cat14

矢野経済研究所 アジア美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

矢野経済研究所 中国美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

化粧品トレンドを読み解くキーワード

執筆者:松本 竜馬

TPCマーケティングリサーチ(株)マーケティングマネージャー

Img cat21

化粧品のリテラシー

執筆者:島田邦男

琉球ボーテ(株) 代表取締役

Img cat10

激変するコスメマーケット

執筆者:鯉渕登志子

(株)フォー・レディー代表取締役

Img cat2

『女心』攻略データベース

執筆者:中村浩子

(株)ヴィーナスプロジェクト代表取締役社長

Img cat

今日から試せる! PR&販促講座

執筆者:松下令子

美容専門PR・販促支援会社 (株)DSプロモーション 代表取締役

Matsushita face

化粧品コンサルタントが教えます 最新・ヒットの法則

執筆者:廣瀬知砂子

株式会社ビューティブレーン 代表

Hirose face

アジア美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

中国美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

化粧品・日用品業界の商標・ブランド戦略相談室

執筆者:髙橋 伸也

フルブルーム国際商標事務所 所長弁理士

Img cat20

榎戸淳一のエステサロン経営 地域一番店への道

執筆者:榎戸淳一

株式会社ES-ROOTS代表取締役社長、一般社団法人エステティックグランプリ元理事長

Img cat3 1

中国クチコミ分析で探る「美」のツボ

執筆者:森下 智史

株式会社トレンドExpress 「中国トレンドExpress」編集長

%e6%a3%ae%e4%b8%8b%e6%99%ba%e5%8f%b2

アットコスメクチコミトレンド

執筆者:山田メユミ

株式会社アイスタイル 取締役 CQO / コーポレート領域管掌

Img cat1

新日本有限責任監査法人 公認会計士から見た化粧品・トイレタリー業界

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

新日本有限責任監査法人 不正事例に学べ!

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

創業原点を未来へ託す

執筆者:川原慎也

(株)船井総合研究所 東京経営支援本部 部長 グループマネージャー

Img cat8

Eコマースに見る中国化粧品マーケットの今

執筆者:斉晶岩(サイ ショウガン)

LAFASO JAPAN 代表取締役社長

Img cat13

韓国ビューティーマーケット最前線

執筆者:吉田武史

吉田法務事務所代表、日本薬事法務学会理事長

Img cat4

消費動向から斬り込むマーケティング戦略

執筆者:大神賢一郎

産業能率大学総合研究所主席研究員

Img cat6

消費者視点の「買われ方・選ばれ方」

執筆者:野澤 太郎

(株)ネオマーケティング ビューティ&ライフチーム マネージャー

%e3%83%8d%e3%82%aa%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

SNSで売上拡大 コスメ業界の新販促手法

執筆者:岡崎佑紀

(株)ホットリンク ソーシャルメディア事業本部 コンサルティング部

Img cat26

アクセスランキング

  1. 1位 2月25日 15時00分
    コーセー、組織変更・人事異動(20...
  2. 2位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  3. 3位 2月25日 15時10分
    コーセー、取締役(6月下旬予定)・...
  4. 4位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  5. 5位 2月25日 11時00分
    ケイズ、化粧品コンシェルジュとして...
  6. 6位 2月25日 12時00分
    東色ピグメント、開発体制と提案力の...
  7. 7位 2月25日 15時30分
    ジョイフル本田、エッセンシャルワー...
  8. 8位 2月25日 15時20分
    トワニー、フェムテック分野で女性に...
  9. 9位 2月25日 10時00分
    セントラル・コーポレーション、ネッ...
  10. 10位 2月25日 15時40分
    PPIH、新営業体制を構築し生産性向上へ
  1. 1位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  2. 2位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  3. 3位 2月17日 11時30分
    資生堂、中高価格帯の化粧品事業へ投...
  4. 4位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  5. 5位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  6. 6位 10月27日 12時00分
    プリシラ×C/L.T.L、価格訴求...
  7. 7位 2月22日 11時00分
    コージー本舗、指原莉乃プロデュース...
  8. 8位 2月22日 12時00分
    ポーラ・オルビスHD、トリコを完全...
  9. 9位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  10. 10位 3月4日 15時00分
    コーセー、新型コロナウイルス感染症...
  1. 1位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  2. 2位 2月17日 11時30分
    資生堂、中高価格帯の化粧品事業へ投...
  3. 3位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  4. 4位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  5. 5位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  6. 6位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  7. 7位 2月1日 10時00分
    資生堂、エリクシールから突発ニキビ...
  8. 8位 1月26日 14時00分
    資生堂、新ブランド「EFFECTI...
  9. 9位 3月4日 15時00分
    コーセー、新型コロナウイルス感染症...
  10. 10位 10月27日 12時00分
    プリシラ×C/L.T.L、価格訴求...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ