連載コラム

化粧品通販ビジネス実践講座

2022.10.07

第98回 今こそ、休眠客の掘り起しが重要

執筆者:船生千紗子 (株)通販総研 化粧品専門コンサルタント

Img cat14

【週刊粧業2022年09月12日号9面にて掲載】

 多くのEC通販事業者の共通課題として、新規獲得効率の悪化があります。競合の参入、消費者の広告疲れもあり、年々、獲得効率の悪化が顕著になっています。

 そこで、積極的に取り入れていきたい施策が休眠客の掘り起しです。

 「商品が余った」「他社の商品を使ってみたい」「効果をイマイチ感じなかった」など、休眠になってしまった理由はさまざまです。

 ただ、商品の使用経験のない人を広告によって振り向かせるよりも、使用経験のある休眠客にアプローチした方が購入に至る可能性は高く、コストも労力も断然に抑えられます。

休眠掘り起こし成功の3つのポイントは

1、購入しやすいオファーを用意すること
2、DMやメルマガのキャッチコピーで必要性や、お得感を一目で感じさせることができること
3、リストを精査することになります。

 休眠客掘り起こしにチャレンジしたけれど、上手く行かなかった場合は、購入ハードルの高いオファー設計をしてしまった、DMやメルマガのキャッチコピーが弱く、その商品の必要性を感じさせることができなった。

 購入意向の浅い、お試し品購入のみのお客様ばかりに案内してしまったということが考えられます。

 化粧品通販会社A社は、定期解約者に向けて、定期再開案内のDMを送りました。定期コースに戻ってきてらえれば、DMを都度送る手間やコストを抑えられるといった自社都合を優先してのオファー設計です。

 結果、レス率が1%未満となり、かけたコストを回収することができるか否か微妙な数字となってしまったのです。

 仮に、コストを回収できたとしても、かなりの時間を要することとなり、目先の売上、利益を目的に実施をしたため施策としては、失敗となってしまったのです。

 定期コースをメインにしている企業は、休眠施策の際、定期コースに戻って来てもらうことを優先しがちです。

 経済的に体力のある企業なら、レス率が1%未満でも、かけたコスト回収まで1年、2年待っている余裕がありますが、多くの企業は、目先の売上、利益を優先し、オファーを定期にするのか通常購入にするのかの検討も必要です。

 定期コースの再開だけでお客様が反応するか、割引をしたり、何かお得なプレゼントを付けるといったオファーが必要か? 事前の検討が重要となります。

 お客様視点で見た場合、魅力的なオファーなのかどうかを社内で検討してから実施するよう心掛けてください。

 また、DMやメルマガとなると、既存客相手と思ってしまうのか、兎角、キャッチコピーが弱くなってしまいがちです。

 対象が既存客であっても、新規客を獲得する時と同じ気持ちで、誰のどんな悩みを解決できる商品であるかをわかりやすく表現することが大切です。

 化粧品通販会社B社は、当初、商品名+○○%オフというコピーで休眠掘り起こしのDMを送っていました。

 継続して買い続けているお客様であれば、お得なこのチャンスに買おうとなりますが、休眠したお客様にはお得であるだけでは購入になかなか至りませんでした。

 そこで、季節から来るお肌の悩みとその商品がもたらす効果を合わせたキャッチコピーを考えるようにしました。変更したキャッチコピーでDMを送った結果、必要性がお客様に伝わり、単にお得であると表現していた時よりも、高いレスポンスが得られました。

 休眠施策を行う際には、購入回数、未購入期間、累計購入金額なども考慮して、リストの抽出を行います。リストの抽出を工夫するだけでも、効率良く休眠客の掘り起こしを行うことができます。

 どのEC通販事業会社も、新規獲得は効率が悪くなっていますので如何に、今持っている既存客リストを活用できるかが、事業成功の下支えをします。

 是非とも、今こそ、自社の資源を活用し、強いEC通販企業体制の構築を目指してみてはと思います。

この記事のお問い合わせはこちら

プロフィール

執筆者:船生千紗子 (株)通販総研 化粧品専門コンサルタント

通販に特化した広告代理店を経て、株式会社通販総研に入社。現在、化粧品通販新規参入支援、化粧品通販企業向けに新規顧客獲得、リピート顧客育成による売上アップ支援を行っています。クライアントの強みを伸ばし、着実な成長を促すことをモットーにしています。

https://www.tsuhan-soken.com/

Img cat14

化粧品通販ビジネス実践講座

2022.10.07
第98回 今こそ、休眠客の掘り起しが重要
2022.10.07
第97回 オファー価格の変更で広告のレス改善
2022.10.07
第96回 自社のサービスはお客様に伝わっていますか?
2022.10.07
第95回 優良休眠客リストの活用
2022.10.07
第94回 事業計画を自ら作ることでビジネスの難しさを実感する
2021.10.25
第93回 お客様視点で考えていますか?
2021.08.31
第92回 さまざまなタイミングでのクロスセル提案
2021.07.20
第91回 同梱物毎に目的を持たせているか?
2021.06.23
第90回 同送同梱広告の活用
2021.05.25
第89回 押し売りなのか?提案なのか?
2021.04.19
第88回 社内の取り組みを紹介し、お客様への想いを伝える
2021.03.17
第87回 正しい使い方を伝える工夫が大切
2021.02.09
第86回 ファンづくりは、理念づくりから
2021.01.19
第85回 コンセプトシートを作ってから、ツール制作に取り掛かろう
2020.12.16
第84回 コールセンターにおける定期案内のポイント
2020.10.27
第83回 インスタライブを使った商品提案
2020.09.15
第82回 安易なコスト削減は要注意
2020.08.18
第81回 主体性の有無が成果の分かれ道
2020.07.20
第80回 広告クリエイティブが2回目購入率に影響を与える
2020.06.17
第79回 『あり方』と『やり方』
2020.06.04
第78回 社員の意見を引き出す場づくり
2020.06.04
第77回 パートナー企業の選び方
2020.06.04
第76回 社内で広告コンテストを実施する
2020.06.04
第75回 梱包も接客の一部
2020.06.04
第74回 広告クリエイティブをつくる上での基本ステップ
2019.11.25
第73回 会報誌を作る上で重要なこと
2019.11.25
第72回 自社の強みを伸ばす!
2019.11.25
第71回 体験の場づくりに取り組もう!
2019.11.25
第70回 数値意識の徹底
2019.11.25
第69回 モニタリングの重要性
2019.11.25
第68回 休眠顧客リストの活用事例
2019.11.25
第67回 広告クリエイティブは、自社でつくろう!
2019.11.25
第66回 顧客を定期コースから離脱させない方法
2019.11.25
第65回 LTV向上のためにできること
2019.11.25
第64回 愛着を持って商品説明をしよう!
2019.11.25
第63回 リピート移行を数字で把握する
2019.11.25
第62回 ABテストの重要性
2019.11.25
第61回 リピート施策は改善と継続が大切!
2019.11.25
第60回 目的を明確にすることが大切
2019.11.25
第59回 ステップメールの重要性
2019.11.25
第58回 根本原因の追及が大切
2019.11.25
第57回 オリエンの重要性
2019.11.25
第56回 社内コミュニケーションを大切にしよう!
2019.11.25
第55回 価値観の共有の仕方
2019.11.25
第54回 『小さくはじめる』ことが大切
2019.11.25
第53回 モニタリングの重要性
2019.11.25
第52回 顧客の購入ポイントを探る
2019.11.25
第51回 絞り込みの重要性
2019.11.25
第50回 地道な取り組みが、新規獲得につながる!
2019.11.25
第49回 安易な真似はしない!
2019.11.25
第48回 お客様と触れ合う場づくりが売上アップのカギ!
2019.11.25
第47回 社員の成長を促す取り組み
2019.11.25
第46回 仮説を立ててから情報を集める
2019.11.25
第45回 DM(ダイレクトメール)の活用
2019.11.25
第44回 定期コース継続率アップのために必要なこと
2019.11.25
第43回 『見える化』の重要性
2019.11.25
第42回 商品教育の徹底
2019.11.25
第41回 『しないこと』を決める
2019.11.25
第40回 時系列で数字を見る
2019.11.25
第39回 ジョブローテーションの重要性
2019.11.25
第38回 賑やかしさの大切さ
2019.11.25
第37回 クロスセル
2019.11.25
第36回 実行スピードが事業を左右する!
2019.11.25
第35回 お客様に送るツールは自社で考え、自社で作ろう!
2019.11.25
第34回 お客様に直接会おう!
2019.11.25
第33回 意識改革よりも、まず行動を!
2019.11.25
第32回 アンケートを活用してお客様を知ろう!
2019.11.25
第31回 友人紹介サービスの活用
2019.11.25
第30回 お誕生日の活用
2019.11.25
第29回 化粧品の使い方がリピートを左右する
2019.11.25
第28回 商品が持つストーリーを伝えよう!
2019.11.25
第27回 必ずシミュレーションをしよう!
2019.11.25
第26回 集客商品と収益商品
2019.11.25
第25回 パートナー企業との上手な付き合い方
2019.11.25
第24回 リピート客育成ツール『会報誌』
2019.11.25
第23回 仮説と検証の積み重ねが大切
2019.11.25
第22回 代金決済も重要なサービス
2019.11.25
第21回 お客様への気持ちを表現しよう!
2019.11.25
第20回 実店舗による通販ビジネス活用法
2019.11.25
第19回 絆作りの勉強会
2017.01.27
第18回 『女子会』の活用
2016.04.26
第17回 ネット経由のお客様にも、紙でのフォローを!
2016.02.03
第16回 1番商品を育てよう!
2015.10.30
第15回 通販成功のための3要素
2015.07.30
第14回 通販広告作成のポイント
2015.04.09
第13回 お客様の声の有効活用
2015.03.04
第12回 同業他社との積極的な交流を!
2014.12.01
第11回 事業を支える現場力が鍵
2014.10.06
第10回 売上げを構成する3要素
2014.07.09
第9回 休眠顧客の掘り起こし
2014.04.25
第8回 初回同梱物の重要性
2014.03.06
第7回 定期コースへの誘導が、売上アップの鍵
2014.01.22
第6回 通販立ち上げ時の落とし穴
2013.12.10
第5回 広告指標の重要性
2013.10.09
第4回 テストマーケティングの重要性
2013.09.03
第3回 顧客フォローの仕組み化で売上アップ
2013.07.18
第2回 初回購入顧客への対応で売上アップ
2013.06.14
第1回 通販事業における顧客対応の重要性

カテゴリー

流通記者50年「経営トップとの交流の中で」

執筆者:加藤英夫

週刊粧業 顧問(週刊粧業 流通ジャーナル 前会長)

Img cat27

化粧品通販ビジネス実践講座

執筆者:船生千紗子

(株)通販総研 化粧品専門コンサルタント

Img cat14

矢野経済研究所 アジア美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

矢野経済研究所 中国美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

化粧品トレンドを読み解くキーワード

執筆者:松本 竜馬

TPCマーケティングリサーチ(株)マーケティングマネージャー

Img cat21

化粧品のリテラシー

執筆者:島田邦男

琉球ボーテ(株) 代表取締役

Img cat10

激変するコスメマーケット

執筆者:鯉渕登志子

(株)フォー・レディー代表取締役

Img cat2

『女心』攻略データベース

執筆者:中村浩子

(株)ヴィーナスプロジェクト代表取締役社長

Img cat

今日から試せる! PR&販促講座

執筆者:松下令子

美容専門PR・販促支援会社 (株)DSプロモーション 代表取締役

Matsushita face

化粧品コンサルタントが教えます 最新・ヒットの法則

執筆者:廣瀬知砂子

女性潮流研究所 所長 / 商品企画コンサルタント

Hirose face

アジア美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

中国美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

化粧品・日用品業界の商標・ブランド戦略相談室

執筆者:髙橋 伸也

フルブルーム国際商標事務所 所長弁理士

Img cat20

榎戸淳一のエステサロン経営 地域一番店への道

執筆者:榎戸淳一

株式会社ES-ROOTS代表取締役社長、一般社団法人エステティックグランプリ元理事長

Img cat3 1

中国クチコミ分析で探る「美」のツボ

執筆者:森下 智史

株式会社トレンドExpress 「中国トレンドExpress」編集長

%e6%a3%ae%e4%b8%8b%e6%99%ba%e5%8f%b2

アットコスメクチコミトレンド

執筆者:山田メユミ

株式会社アイスタイル 取締役 CQO / コーポレート領域管掌

Img cat1

新日本有限責任監査法人 公認会計士から見た化粧品・トイレタリー業界

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

新日本有限責任監査法人 不正事例に学べ!

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

創業原点を未来へ託す

執筆者:川原慎也

(株)船井総合研究所 東京経営支援本部 部長 グループマネージャー

Img cat8

Eコマースに見る中国化粧品マーケットの今

執筆者:斉晶岩(サイ ショウガン)

LAFASO JAPAN 代表取締役社長

Img cat13

韓国ビューティーマーケット最前線

執筆者:吉田武史

吉田法務事務所代表、日本薬事法務学会理事長

Img cat4

消費動向から斬り込むマーケティング戦略

執筆者:大神賢一郎

産業能率大学総合研究所主席研究員

Img cat6

消費者視点の「買われ方・選ばれ方」

執筆者:野澤 太郎

(株)ネオマーケティング ビューティ&ライフチーム マネージャー

%e3%83%8d%e3%82%aa%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

SNSで売上拡大 コスメ業界の新販促手法

執筆者:岡崎佑紀

(株)ホットリンク ソーシャルメディア事業本部 コンサルティング部

Img cat26

アクセスランキング

  1. 1位 11月29日 10時00分
    化粧品業界、アフターコロナを見据え...
  2. 2位 11月29日 10時00分
    シーオーメディカル、「湘南美容まつ...
  3. 3位 11月28日 11時00分
    資生堂、唇の角層成分を包括的に解析
  4. 4位 11月29日 12時00分
    2022年ドラッグストアの化粧品販売戦略
  5. 5位 11月28日 12時00分
    ポーラ、「美肌県グランプリ2022...
  6. 6位 11月29日 12時00分
    ロゼット、東洋思想から着想を得たス...
  7. 7位 11月29日 11時00分
    ライフスタイルカンパニー、自社コス...
  8. 8位 11月29日 14時00分
    伊勢半、マスクに付きにくいティント...
  9. 9位 11月29日 11時00分
    マツキヨココカラ、美容感度の高い顧...
  10. 10位 11月28日 13時00分
    ライオン、オーラルケアメディアセミ...
  1. 1位 4月6日 13時00分
    テスティー、15~24歳女性を対象...
  2. 2位 11月23日 14時00分
    花王、「鬼滅の刃」とのコラボで需要喚起
  3. 3位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  4. 4位 11月21日 14時00分
    ライオン、手肌のうるおいを保つ薬用...
  5. 5位 11月24日 11時00分
    コーセー、役員人事(2023年1月...
  6. 6位 11月24日 13時00分
    花王、レジリエントな新しい生産シス...
  7. 7位 11月25日 10時00分
    アルビオン、組織変更(2023年1...
  8. 8位 11月24日 10時00分
    コーセー化粧品販売、組織変更・人事...
  9. 9位 11月23日 12時00分
    小林製薬、さぼったリングの企画品を...
  10. 10位 11月25日 11時00分
    コーセー、2022年12月期第3四...
  1. 1位 4月6日 13時00分
    テスティー、15~24歳女性を対象...
  2. 2位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  3. 3位 11月4日 11時00分
    資生堂、世界初のサステナブルな化粧...
  4. 4位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  5. 5位 11月1日 16時00分
    ライオン、下期は「Lighteeハ...
  6. 6位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  7. 7位 5月10日 14時53分
    HRK・岩本初恵社長、病魔に打ち勝...
  8. 8位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  9. 9位 1月8日 10時40分
    サンスター、コロナ禍で殺菌成分「C...
  10. 10位 10月31日 12時00分
    資生堂、触感を司る細胞が香り成分で...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

ページの先頭へ