連載コラム

化粧品コンサルタントが教えます 最新・ヒットの法則

執筆者:廣瀬知砂子 株式会社ビューティブレーン 代表

Hirose face

2019.11.21 第66回 100歳の○○
【週刊粧業2019年10月28日号12面にて掲載】 最近、サステナビリティ(持続可能性)という言葉を目にしない日はないですよね。レジ袋廃止やファッションブランドのショッパーの紙化など、生活で実感することも多いのではないでしょうか。 日本では「エコバッグでちょっと良いことした気分」という意識ですが、一方でNYでは「ビニールの袋を持っているとむしろ恥ずかしい」と、欧米と日本では温度差がある、と言...
2019.11.21 第65回 ブランディングで大切なこと
【週刊粧業2019年9月16日号6面にて掲載】 デジタル広告やSNSマーケティングのパワーの加速によって、企業の規模に関わらずどんな会社でもヒット商品をつくれる可能性が高まってきました。 とはいえ、デジタルマーケティングのチカラをみんなが使えるようになった今、メーカーの担当者が求めるのは、広告をしている時だけの一過性のヒットではなく、継続的に売れるモノをつくりたいということです。 確かに「広...
2019.11.21 第64回 サブスクリプションの○○○○○
【週刊粧業2019年8月5日号5面にて掲載】 ファッション・ヘアなど女性にまつわる市場で、サブスクリプションサービス需要は上昇しています。 例を挙げると、6800円でスタイリストが選んだ洋服が借り放題の「エアクローゼット」、月額1万6000円でどこの提携美容室でもシャンプーできる「MEZON」などは気になる人も多い模様です。 化粧品業界にもサブスクリプションサービスは存在します。ただし、化粧...
2019.11.20 第63回 使いかけの○○○
【週刊粧業2019年7月15日号6面にて掲載】 「1330億」という数字にどんな印象を抱きますか? フリマアプリ最王手メルカリの市場規模は、1330億円(2019年6月期第3四半期)だそうです。うち「メーク美容」は6%を占めます。 私は、中古市場に化粧品は無関係だと思いこんでいました。しかし、今のフリマアプリで売れられているものは、中古品ではないのです。売れ筋真っ最中の状態の商品、言ってみれ...
2019.11.20 第62回 ○○な言葉
【週刊粧業2019年5月27日号6面にて掲載】 化粧品企画はエッジのある言葉を考えられるかという点がとても重要です。難解すぎる造語だと理解されませんし、平易すぎると印象に残りにくい……といったように、わかりやすいけどオリジナリティがあるというのが条件となります。 たとえば、資生堂「エリクシール」の「つや玉」。最初は無理やり感があった気もするのですが、ていねいに訴求し続けたことで、消費者の認知...
2019.11.20 第61回 メークと○○○○○○の関係
【週刊粧業2019年4月29日号4面にて掲載】 今回は、女性のメークとファッションの関係についてお話ししたいと思います。最近の女性トレンドの動きが少し特殊で、美容とファッションが別々の流行をたどっていることにお気づきでしょうか。 女性潮流研究所では、女性トレンドの定点観測を15年近く続けていますが、今の状態は非常に珍しいのです。 最近の雑誌の見出しを見てみると、「メイクがちぐはぐな子、実は多...
2019.11.20 第60回 ジャンル違いネーミングの○○
【週刊粧業2019年3月25日号6面にて掲載】 私は化粧品メーカー以外の企業(製薬会社や食品)で化粧品の企画のお手伝いをすることも少なくないのですが、化粧品というのは独特な消費財だということを理解していただくことはとても難しいと感じます。 他との違いは、「お客様の願いを叶える」というのが大きな使命だということではないでしょうか。「これを使えば人生変わってしまう」まではいかないにしても、「これ...
2019.11.20 第59回 和コンセプトの○○
【週刊粧業2019年2月25日号15面にて掲載】 弊社で行っている「化粧品企画塾」では、化粧品企画キャリアや美容編集者などの有識者による新製品の分析会議を行っています。今年の1回目に話題になったのが、「和コンセプト」の盛り上がりでした。 一部をご紹介すると、「SUQQU マスキュレイトマッサージ&マスククリーム 生姜爽香キット」(1月1日限定発売)、「ピエール ファーブル デルモ・コ...
2019.11.20 第58回 モテる○○
【週刊粧業2019年2月4日号4面にて掲載】 「平成が終わる」ということで、平成の象徴的なワードのひとつでもある「モテ」についてお話ししたいと思います。 「モテる○○」のようなコンセプトが、最も世の中にあふれていたのは平成ど真ん中の2005年(平成17年)頃です。当時の「モテ」と今の「モテ」はだいぶ違うということは、化粧品事業に関わるみなさまには是非とも知っておいていただきたいのです。 20...
2019.11.20 第57回 刺激的な○○
【週刊粧業2018年12月10日号10面にて掲載】 こちらのコラムでは、女性潮流研究所の女性誌の見出し分析から化粧品ビジネスのヒントをご紹介しています。まずは頭の体操です。これらの見出しであなたが気づいたことは何でしょう?  「美顔器は痛いくらいがちょうどいい(美ST 12月号)」「最適『たるみ原因つぶし』で10歳若見え!(からだにいいこと12月号)」「『皮膚ねじり』で20代の美腹が手に入る...
2019.11.20 第56回 ○○顔が流行中
【週刊粧業2018年11月12日号5面にて掲載】 女性の顔に変化が起きています。「目は大きければ大きいほどいい」という時代が長かったのですが、最近はそうではないものが重要視されています。 例えばMAQUIA 11月号では、「人中短縮メークで小顔も、美人バランスも」のように、「人中」というマニアックな部分に着目されています。 そういえば、ちょっと前は「透明感」「こなれ感」「モテ」などの定量化で...
2019.11.20 第55回 シニアの○○ヘア
【週刊粧業2018年10月1日号12面にて掲載】 「実は白髪染めテクノロジーが凄いことになってる!(STORY 9月号)」と、今年は女性向けメディアで白髪ケアが続々とクローズアップされています。 たとえば花王が4月に出したのは、100%天然由来の着色成分『黒髪メラニンのもと』だけで染める新ヘアケアブランド 「Rerise」です。白髪に黒髪色を取り戻す【リ・ブラック】と、白髪を自然なグレーに整...
2019.11.20 第54回 ブランドの○○
【週刊粧業2018年8月27日号6面にて掲載】 ちょっと前に、女性たちの消費動向でアパレル支出を化粧品支出が初めて上回ったというニュースがありましたね。改めて化粧品ビジネスの競争相手は化粧品業界内とは限らないということを実感しました。 最近の女性誌の見出しですが、「ティファニー、カルティエ、ハリー・ウィンストンetc.『そろそろ本気で』投資したい憧れジュエリーの誘惑♡(andGIRL 7月号...
2019.11.20 第53回 中年世代に共感される○○
【週刊粧業2018年7月30日号4面にて掲載】 20年ほど前、日本の化粧品業界のメインターゲットといえば「若者」でした。ちょうど人口の多い団塊ジュニア層(1971年~1974年)や元気なバブル世代(1965年~1969年)を指していたわけですが、それぞれ42歳~45歳、47歳~51歳とすっかり中年世代になりました。 多感な時代に消費の現場でちやほやされたこの層は、中年になっても積極的に新しい...
2019.11.20 第52回 プチプラの○○○
【週刊粧業2018年6月25日号4面にて掲載】 皆さまは、SNSでトレンド情報の収集をしていますか?マメにチェックしている方は、今年前半に流行った「#限界コスメ」をご存知ですよね。「真実の#限界コスメ」(non-no 6月号)、「米のとぎ汁で洗顔!」「レフィル直塗り!」etc、「極力お金をかけずにキレイになるスゴ技集めました! それでも可愛くなれる『限界コスメ』『限界美容』!」(andGIR...
2019.11.20 第51回 ○○な美白市場
【週刊粧業2018年5月28日号5面にて掲載】 今年は美白の強力新製品が続々と登場していますね。今回はますますレッドオーシャン化する美白市場で勝ち抜くために、最新の消費者インサイトを女性誌の見出し記事を事例に挙げながら紐解いていきたいと思います。 美容業界的には2013年に起きた「白斑問題」によって美白は「シミを薄く」という訴求が減って「全顔の印象を明るく(くすみをクリアに、透明感 アップ、...
2019.11.20 第50回 カテゴリー再開発の○○
【週刊粧業2018年4月30日号5面にて掲載】 この春の美容トレンドでは、メークやスキンケアよりもヘアが注目されています。雑誌の見出しにも続々と登場し、「事実、モテる女はみんなボブだった!(CLASSY. 4月号)」「最近、人気有名人がこぞって挑戦し、話題になっているヘアスタイルといえば、ボブ! でも、 自分に似合うのはどんな形? 気分も印象も変わる!『好感・ボブ』カタログ(美的 4月号)」...
2019.11.20 第49回 花粉対策の○○
【週刊粧業2018年3月26日号6面にて掲載】 今まさにお悩み中の方も多いと思いますが、いよいよ花粉のピーク到来です。花粉対策といえば薬が真っ先に思い浮かびますが、最近は女性市場で花粉対策が熱くなっていて、今年の女性誌にはそれに関する記事がたくさんみつかりました。去年はそれほど目立っていなかった現象として「どうせ花粉症になるなら、楽しく可愛く立ち向かおう」という提案が目立ちます。 『正しい知...
2019.11.20 第48回 ブランドの○○
【週刊粧業2018年2月26日号4面にて掲載】 企画コンサルタントとして25年、いろいろな企業様と一緒に成功や失敗の体験を重ねてきました。最近、成功する化粧品ブランドがどうやって生まれて育っていくのかが、肌感覚でわかってきた気がします。 理想は、世の中にない画期的な新技術を搭載した新製品で爆発的な大ヒットを生み出すことだと思いますが、そんな技術はめったに生まれません。でも、化粧品業界に、次々...
2019.11.20 第47回 アンチエイジング意識の変化
【週刊粧業2018年1月29日号12面にて掲載】 「化粧品、婦人服上回る 17年世帯支出が逆転へ」という昨年末の日経新聞の記事に驚いた方も多いのではないでしょうか。 「バブル真っただ中の1990年、『婦人服』の年間支出は6万3500円だった。高額品でも流行に敏感な女性が購入した。この年の『化粧品』は2万9000円台と半分に届かなかった。17年の化粧品の支出は1~11月で2万6806円。2万6...
2019.11.20 第46回 「インスタ売れ」と「ロイヤル売れ」
【週刊粧業2017年11月27日号5面にて掲載】 今年の化粧品業界で私がいちばん印象が強かったのは、百貨店ハイブランドの勢いが戻ってきたことです。 ドラッグストアや通販など、背伸び系の買い物よりも、身の丈にあった買い物をしたいという気分が長年続いていました。もちろん今もそれは変わりません。 ちょっと前の時期である2014年~15年くらいには、Twitterやまとめサイト、メーク動画のブームだ...
2019.11.20 第45回 古くて新しいアンチエイジングの考え方
【週刊粧業2017年10月31日号5面にて掲載】 季節の変わり目がやってくると、肌トラブルも起きがちです。そんな時にどんなケアを提案すればいいのか? それが今回のテーマです。 まずは、バリアケアを取り上げましょう。去年と今年の春には、花粉やホコリや紫外線、はたまた流行りのPM2.5からも防御するケア製品が続々と登場しました。続いて秋には商品名がそのものズバリ「バリアケア」というのが2品現れて...
2019.11.20 第44回 寝たままメークの○○
【週刊粧業2017年9月25日号10面にて掲載】 「ルッキズム」という言葉をご存知でしょうか? 「容貌による差別または他者を差別する段階にまで至った外見至上主義」という意味です。「イケメン」「ビミョー」などが流行語になったのは2002年ですから、この15年で日本では外見至上主義の傾向が強くなっていることがわかります。現在、その傾向はさらに加速しています。 原因として、2014年から携帯電話が...
2019.11.20 第43回 温度の○○
【週刊粧業2017年8月28日号14面にて掲載】 温度をコンセプトにした商品、今年は急増しています。 「フローフシ LIP38℃ リップトリートメント」(全5色、うち1色はWeb限定6.5ml 1600円、7月7日発売)は、すっぴん唇の体温を上げ、色気を放つ「38℃」の血色感を再現するというコンセプトで、独自の美容成分エンドミネラルが巡りにアプローチし、唇を38℃の色温度へ導くとか。また、人...
2019.11.20 第42回 ロングセラーブランドの○○問題
【週刊粧業2017年7月31日号4面にて掲載】 このコラムは化粧品企画のお役に立ちたいという気持ちで書いていますが、今回は、お菓子の話から始めたいと思います。 今年の5月、スナック菓子の「カール」が西日本以外での販売を8月生産分をもって取りやめるというニュースが流れました。西日本だけで売れているからいう理由ではなく、「四国明治」の生産拠点を一カ所に縮小することでブランドを存続させるということ...
2019.11.20 第41回 今っぽい○○
【週刊粧業2017年6月26日号11面にて掲載 新製品を作るときに、いつも悩むことがあります。斬新なものが良いのか、共感されるものが良いのか。エッジの利いた斬新なものは、話題になりますし驚きを与えて強い印象が残りますし、勢いで買ってくれることもあります。 ところが、みなさんも実感されていると思いますが、話題になっただけで誰にも買われなかったり、勢いで1回だけ買ってくれたものの、リピートには繋...
2019.11.20 第40回 「上半身」「下半身」専用の○○
【週刊粧業2017年5月22日号11面にて掲載】 ここ数年「防御ケア」がトレンドだったような気がします。紫外線はもちろん、花粉、ホコリ、大気汚染、ストレスなどをブロックするさまざまな商品が登場しました。 今年もその流れは続いていて、例えば「キールズ エッセンス ジェルマスクCL」(100ml 4700円、4月28日発売)などがあります。カレンデュラに含まれるフラボノイドが外的ストレスによるダ...
2019.11.20 第39回 ネーミング技の○○
【週刊粧業2017年4月24日号5面にて掲載】 現在ベースメーク市場において、BBクリームやCCクリームは、定番化しています。これらは、一言で言えば、日やけ止めや化粧下地不要のライトファンデという位置づけです。定番化というと聞こえがいいですが、コモデティ化して激戦状態とも言えるでしょう。ちょっと高めの価格帯のブランドなら、BBやCCというより、新しいファンデとして訴求する方が引っかかりがある...
2019.11.20 第38回 マーケットイン発想の○○
【週刊粧業2017年3月27日号4面にて掲載】 化粧品ビジネスにおいて、よく出てくるフレーズにプロダクトアウトとマーケットインがあります。これに関しては色々な考え方がありますが、それぞれ簡単に言い換えれば「新技術の製品化」をプロダクトアウトといい、「市場のニーズの製品化」をマーケットインといったところでしょうか。 ここで重要なのが、自社が目指すのはどちらのタイプか? ということではなく、「プ...
2019.11.20 第37回 「素肌っぽさ」と「メリハリ陰影」の○○
【週刊粧業2017年2月27日号4面にて掲載】 2017年春、なんとなくメークトレンドの過渡期なのかなぁと感じます。ここ2年ほど続いているトレンドは、「素肌っぽさ」と「赤み」で、1月に注目したのはこちらの2品です。 「ローラ メルシエ キャンドルグロウ コンシーラー アンド ハイライター」(全3色 各3900円、1月2日発売)は、軽やか仕上がりのコンシーラー。チップのようなアプリケーター式な...
1  3

プロフィール

執筆者:廣瀬知砂子 株式会社ビューティブレーン 代表

実践をモットーとする化粧品コンサルタント
現場発想で生み出した独自の商品企画法やトレンド分析法で、大企業から中小企業まで多くのヒット商品を手がけている。

http://www.beautybrain.co.jp/

Hirose face

カテゴリー

流通記者50年「経営トップとの交流の中で」

執筆者:加藤英夫

週刊粧業 顧問(週刊粧業 流通ジャーナル 前会長)

Img cat25

化粧品通販ビジネス実践講座

執筆者:船生千紗子

(株)通販総研 化粧品専門コンサルタント

Img cat14

矢野経済研究所 アジア美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

矢野経済研究所 中国美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

化粧品トレンドを読み解くキーワード

執筆者:松本 竜馬

TPCマーケティングリサーチ(株)マーケティングマネージャー

Img cat21

化粧品のリテラシー

執筆者:島田邦男

琉球ボーテ(株) 代表取締役

Img cat10

激変するコスメマーケット

執筆者:鯉渕登志子

(株)フォー・レディー代表取締役

Img cat2

『女心』攻略データベース

執筆者:中村浩子

(株)ヴィーナスプロジェクト代表取締役社長

Img cat

今日から試せる! PR&販促講座

執筆者:松下令子

美容専門PR・販促支援会社 (株)DSプロモーション 代表取締役

Matsushita face

化粧品コンサルタントが教えます 最新・ヒットの法則

執筆者:廣瀬知砂子

株式会社ビューティブレーン 代表

Hirose face

アジア美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

中国美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

化粧品・日用品業界の商標・ブランド戦略相談室

執筆者:髙橋 伸也

フルブルーム国際商標事務所 所長弁理士

Img cat20

榎戸淳一のエステサロン経営 地域一番店への道

執筆者:榎戸淳一

株式会社ES-ROOTS代表取締役社長、一般社団法人エステティックグランプリ元理事長

Img cat3 1

中国クチコミ分析で探る「美」のツボ

執筆者:森下 智史

株式会社トレンドExpress 「中国トレンドExpress」編集長

%e6%a3%ae%e4%b8%8b%e6%99%ba%e5%8f%b2

アットコスメクチコミトレンド

執筆者:山田メユミ

株式会社アイスタイル 取締役 CQO / コーポレート領域管掌

Img cat1

新日本有限責任監査法人 公認会計士から見た化粧品・トイレタリー業界

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

新日本有限責任監査法人 不正事例に学べ!

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

創業原点を未来へ託す

執筆者:川原慎也

(株)船井総合研究所 東京経営支援本部 部長 グループマネージャー

Img cat8

Eコマースに見る中国化粧品マーケットの今

執筆者:斉晶岩(サイ ショウガン)

LAFASO JAPAN 代表取締役社長

Img cat13

韓国ビューティーマーケット最前線

執筆者:吉田武史

吉田法務事務所代表、日本薬事法務学会理事長

Img cat4

消費動向から斬り込むマーケティング戦略

執筆者:大神賢一郎

産業能率大学総合研究所主席研究員

Img cat6

消費者視点の「買われ方・選ばれ方」

執筆者:野澤 太郎

(株)ネオマーケティング ビューティ&ライフチーム マネージャー

%e3%83%8d%e3%82%aa%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

アクセスランキング

  1. 1位 3月30日 12時30分
    花王、「プラスチック製アイキャッチ...
  2. 2位 3月25日 10時00分
    アスツール、「マスク在庫速報」をリリース
  3. 3位 3月30日 11時30分
    コーセー、メイクキープミストが総出...
  4. 4位 3月30日 11時00分
    ノエビア、+1アイテムの提案を推進
  5. 5位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  6. 6位 3月30日 10時30分
    コストコ2020年度上期決算、増収増益
  7. 7位 3月30日 13時30分
    クリエイトSDHD、自社電子マネー...
  8. 8位 3月30日 09時30分
    ランクアップ、テレワーク中の病児シ...
  9. 9位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  10. 10位 3月27日 15時45分
    化粧品容器・パッケージ、プラ代替な...
  1. 1位 3月25日 10時00分
    アスツール、「マスク在庫速報」をリリース
  2. 2位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  3. 3位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  4. 4位 3月26日 09時30分
    ライオン、NONIOから爽快な刺激...
  5. 5位 3月26日 10時30分
    コーセー、コスメデコルテから新感触...
  6. 6位 3月25日 13時00分
    平和化学工業所、環境対応型容器の専...
  7. 7位 3月23日 11時30分
    マンダム、4月より2つの人事制度を導入
  8. 8位 3月26日 13時30分
    アース製薬、2019年12月期決算...
  9. 9位 3月24日 14時00分
    5G時代の到来で「ライブコマース」に脚光
  10. 10位 3月25日 14時00分
    廣川、片手で簡単開封のイージースナ...
  1. 1位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  2. 2位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  3. 3位 3月25日 10時00分
    アスツール、「マスク在庫速報」をリリース
  4. 4位 3月4日 15時00分
    コーセー、新型コロナウイルス感染症...
  5. 5位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  6. 6位 9月28日 10時00分
    WOORELL鈴木蘭々社長、理想の...
  7. 7位 9月21日 18時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品原料メー...
  8. 8位 3月6日 10時30分
    資生堂、組織の一部改正・人事異動(...
  9. 9位 3月4日 10時00分
    ドラッグストア、業界全体が新しいス...
  10. 10位 3月4日 09時30分
    ライオン創業者・小林富次郎氏の葬儀...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ