連載コラム

『女心』攻略データベース

執筆者:中村浩子 (株)ヴィーナスプロジェクト代表取締役社長

Img cat

2017.01.27 第55回 「本当に女性を活用したいなら…」
【週刊粧業2014年11月17日号12面にて掲載】 安部晋三首相の提唱する女性活用推進「ウーマノミクス」。一見、女性にとって素晴らしい政策のように見えます。しかし、たとえば男性社会の中でポストだけ用意されても、そこには男性からの嫉妬も含め、女性にとってのストレスしか生み出しません。「女心がわかってない」政策だと思います。 すでに頑張っている女性たちにとっては、「これ以上頑張れと言われたくない...
2016.06.30 第54回 「女性の『決断』は0.1秒」
【週刊粧業2014年11月3日号14面にて掲載】 2015年のカレンダーや、ダイアリーが並び始める季節となり、私のまわりには、今年中、あるいは来年に向けて、「決断」をする女性たちからメッセージが届いています。 例えば、大好きなブランド、ラルフローレンジャパンで40代まで働き、いよいよウィメンズの最高責任者のポストが用意されたときに、「運命の人と出会ったの」と、それまで積み上げたキャリアを捨て...
2016.04.26 第53回 「本音を言わないアラフォーの女心」
【週刊粧業2014年9月22日号5面にて掲載】 日本人形のように美しい、つるりとしたツヤとハリのある肌に導くファンデーション。化粧品ブランド「アディクション」の秋冬キャンペーンのキャッチコピーに魅かれてか、20代から30代のOL達で、夕方のコスメカウンターは賑わっていました。 その時、ふと思い出したのは、私の周りにいるアラフォー女性誌で活躍するビューティーライターA子さんのこと。高校生の息子...
2015.12.03 第52回 「『歳を重ねる』ことに前向きな女性たち」
【週刊粧業2014年8月25日号18面にて掲載】 先日、伝説のJJモデルで現在もHERSで活躍する玉井亮子さんとライブレストランに出かけた際のことです。雰囲気のいい暗めの店内、ご招待席に案内されると、「お飲物は?」と、メニューリストを渡されました。 が、二人とも、しばらく沈黙。すると、亮子さんが、「老眼鏡出していい?」とニッコリ笑いながらメガネをとりだしました。「やっぱり、大人はこうでなくっ...
2015.09.18 第51回 「『時代遅れの常識』をこわす女性たち」
【週刊粧業2014年7月28日号15面にて掲載】 「私、これからは、バレエと歌で演じる側の人もやっていきます」。8年ぶりに会った美帆さんは、目をキラキラさせながら、びっくりする転身の報告をしてくれました。 早稲田大学在学中に、若干21歳で芸能プロダクションを起業。自分たちのまわりにいた美しく才能溢れる女子大生をメインにマネージメントをはじめた美帆さんは、女性社長として、マスコミにも華やかに取...
2015.05.18 第50回 「『消えモノ』に弱い女心」
【週刊粧業2014年6月23日号14面にて掲載】  京セラドームで国歌斉唱をすることが決まった歌手の星本エリーちゃん。ヴォイストレーニングも完璧にこなして、晴れの舞台で着る衣装について相談がありました。  早々、彼女のデビューアルバムのジャケット写真を一緒に担当したスタイリストの川田亜貴子さんと打ち合わせしたところ、エリーちゃんのチャームポイントで...
2015.03.16 第49回 「娘世代から憧れられる大人の女性とは」
【週刊粧業2014年5月19日号5面にて掲載】  「浩子さんご無沙汰しています」。スタイリストのMAIKOさんは周りでランチをしていた華やかな芦屋マダムたちの視線を一斉に集めながら登場しました。「やっぱりステキ!」。待ち合わせしていた私が自慢したくなる彼女は、サッカーやテニス、メジャーリーグで活躍するアスリートからニュースキャスターまで、公私のスタイリングを手がけて、コマーシャルでも活躍し...
2015.01.09 第48回 「忙しい女性の心をつかみたい」
【週刊粧業2014年4月28日号14面にて掲載】  「予定の出席数を越えそうです!」。PRを担当している女性から、嬉しいメールが届いたのは、へアケアブランド、マカダミア ナチュラル オイルシリーズ新商品発表会の前日。表参道のbrisa libreriaにてプレス関係者のみなさまをお迎えしてプレゼンテーション、その後、併設のサロンbrisaにて体験をしていただくという企画をプロデュースしたの...
2014.10.23 第47回 「いま、アート風味が大切」
 「アンジェリーナ・ジョリーが愛用しているドクターズコスメなんです」。  このキャッチコピーだけでセレブに敏感な女性なら、何人が「試したい」と思うことでしょう。N.Y.皮膚科学会の創始者であり現チーフドクターであるデヴィッド・コルベア博士が開発した美肌エステ「トライアドトリートメント」のスキンケアライン「COLBERT」と、大人のためのセレクトショップ「DECO de BONAIR」、ミュ...
2014.08.18 第46回 「大人の女性はナチュラルを目指す」
 本音で話したい相手とだけ行く、お気に入りのビストロ「un coup」は日比谷線広尾駅から歩いてすぐのビル2階にあります。ワインは体に優しいヴァンナチュールが豊富にとり揃えられ、素材にこだわった美味しいお料理が楽しめるお店は、いつも大人の女性で賑わっています。  つい先日、このお店を予約したのはVERYでタレントさんの連載をしていた頃に毎月会っていた女性マネージャーとの数年来の再会のためで...
2014.07.09 第45回 「ファッションでストレスを感じたくない、という本音」
 つい数年前まで、オシャレな女性は、脚をキレイに長く見せるハイヒールを履くことが当たり前だったのに、この冬も街で見かけるリアルな足元の流行は、モコモコしたペッタンコのらくちんブーツです。  私のブーツコレクションと言えば、カジュアルなムートンのウェッジソールから、エンジニアタイプを含めても、7センチ以上のヒールばかり。いよいよ寒さが厳しくなるこの季節に活躍するロングブーツも、カーフ、スエー...
2014.05.07 第44回 「女性が信頼する情報とは」
 食品偽装が話題になっています。私たちが車エビだと思っていたものはブラックタイガー。ステーキだと喜んでいたものは加工肉。それも有名ホテルや百貨店、ミシュランの評価があった店でも偽装がされていたそうです。不況からの価格競争、コストカットのために結果がこうなったということは薄々理解できますが、消費者、特に女性にとっては「裏切り」以外の何者でもありません。  ネット環境が凄いスピードで拡大するな...
2014.03.06 第43回 「専業主婦になりたい女心」
 「結婚したら専業主婦になりたい」。独身女性の30%が、そんな希望を抱いていることが厚生労働省の調査でわかりました。実際、私の知り合いのお嬢さんが「ママみたいな専業主婦になりたい」と宣言して、高校から大学まで本格的に打ち込んでいたダンスは趣味にとどめ、お付き合いしていた彼とも別れて、早々、婚活モードに突入しました。  どんなに好きでも職業にできないダンス、将来がまだ見えない彼には見切りをつ...
2014.02.04 第42回 「東京オリンピックを2回観ることになる世代」
 2020年東京オリンピック招致が決まって、その経済効果が話題となっています。早々にスポーツメーカーのミズノの株が上がったりと、業界周辺の賑やかさも伝わってくる中、時同じくして、個人消費が伸びているにも関わらず、衣料品の売り上げ数値は下がっているという報道がありました。  確かに、若い世代は必要なモノしか買わないし、特に女性にとって東京オリンピックがもたらす経済効果とは何だろう? ファッシ...
2013.12.10 第41回 「女性が堂々と故郷を自慢できるようになった!」
 百貨店の地方物産展から火がついたご当地グルメ、そしてゆるキャラブームと、「地方ブランド」のベースが根付いてきたところに、NHKの朝の連ドラ「あまちゃん」がスタート、視聴率も絶好調です。「じぇじぇじぇ」に始まり、毎朝聞く東北地方の「方言」は日に日に特別な言葉ではなくなって、「ホッとする」「元気になる」一日の始まりに無くてはならないものになりました。  今まで「方言」といえば、東京に出てきて...
2013.10.28 第40回 「世代を越えて価値観を共有できる時代」
 「絶対、気が合うはずだから」。  20年来私のことをよく知る友人が、夏休みを利用して帰国すると、アメリカ、ヒューストン・バレエ団で活躍する、若き日本人バレリーナとのお食事会をセッティングしてくれました。仕事関係ではない女性同士は、会ったその瞬間に「この人と友達になれるかどうか」が大切で、ファッションやメークを通じてその人のライフスタイルや考え方をとらえることになります。  当日の私のフ...
2013.09.06 第39回 「『波』にひるまないのがオシャレな女性」
 ゆっくりショッピングできる、平日午後のZARA六本木ヒルズ店。いつもは空いているはずのフィッティングに、大人の女性が列を作っています。それも、3人以上の人が同じ花柄のプリントパンツを手に持っての順番待ち。  ミントグリーンベースにリゾートで見かけるような大きな花があしらわれたデザインのパンツは、大人世代には「ちょっと派手かも?」の印象。実は私もそのフロアで一目見て気になっていたものですが...
2013.07.18 第38回 「女性が専業主夫を望む時代?」
 約1カ月間、お休みをいただいたおかげで、久し振りにTVを観る機会が増え、驚いたのは芸能人から素人登場まで、料理男子の番組がどれだけあるのか、と思うほど多くなっていたことでした。  少し前の男の料理ブームはdancyuに特集されるような「そばを打つ」といった大人の男性に向けた本格的なものでしたが、今の料理男子達は、毎日食べられる、主婦がささっと作るような普段ご飯が出来たらいいナ...的気分...
2013.06.19 第37回 「1994年の女心」
 中村浩子が体調不良のため、長年コンビを組んで仕事をしている私、相沢正人がピンチヒッターで、このコラムを書かせていただきます。中村ファンの皆様には申し訳ありませんが、ご了承ください。  さて、ちょっと時間をさかのぼり94年、今から19年前の話です。  「みなさん、口紅はピンクなんですね。ディオールの475番?」  場所は神奈川県座間市にある大手家電メーカーの社宅。私と中村は30代の奥様...
2013.05.09 第36回 「女心はサプライズに反応する」
 「ネットで買わずに、百貨店に行きなさい!」。母親からそう言われて「久し振りに百貨店のコスメカウンターに行ってきましたよ」と話してくれたのは、老舗のマナースクールでファッション担当の講師をしている30代の女性。彼女自身も会うたびにファッショナブルで、いつもハッとさせてくれます。  「一体何を買ったの?」とたずねてみると、「ファンデーションのベースですよ。いつも使っているカラーなので、アマゾ...
2013.04.12 第35回 「好景気を知らない女たち」
 「仕事も無ければ金も無し、やさぐれていくしかない毎日です」  淡々とこう話すのは、新橋の焼鳥屋さんで集うおじさんではなく、博多でも有名な本格珈琲が味わえる店でバイトする可愛い女のコ。21才で就活中の彼女は、大学の同級生女子たちとつるむだけの日々を送っていると言います。  カウンターで珈琲豆を丁寧に選別するきれいな指を見ながら、素肌を自慢できる21才の女のコがこんな気持ちでいるなんて、と...
2013.03.11 第34回 「健康美に気づいた女性たち」
 「気がつけば足元に赤いヘビがまとわりついていて...」「エッ!私は白いヘビが降って来たわよ」  新春の美容室で隣の個室から聞こえてきたのは、女性ヘアスタイリストとお客様の初夢談義。いくら巳年とはいえ、男性ならちょっと引きそうな内容も「二人合わせれば紅白だからおめでたいね」とあくまで前向きな会話に、今年も女子力に期待が高まります。  私の初夢はというと、眠り過ぎて夢も3本立て! どれが初...
2013.02.01 第33回 「『後悔したくない』が今の気持ち」
 本当に欲しいモノだけを逃さず購入する。私のまわりのオシャレな女性達は、新しいスタイルで「ショッピングに後悔なし」を実現しています。  仕事でお付き合いのあるPR会社の20代女性A子さんは、化粧品担当でありながらファッションも大好きという、今どきの「おシャP」(オシャレなPR)。  先日も、顧問先のヘアケア新商品のサロンイベント打ち合わせの後「これから勝負ジャケットの試着に行って来ます」...
2012.12.19 第32回 「新しい販売スタイルも女性から」
 「これは買わないでください」。この一言で、私の心をつかんでしまったのは、エストネーション六本木ヒルズ店のA子さん。  天候不順が続く中、秋ファッションの動きと人の流れをリサーチするため、銀座、表参道をまわって六本木ヒルズまでたどり着いた時のことです。仕事のついでに「今シーズン買うならコレ1本」と決めて黒の細身パンツをチェックしていると「お客様、お急ぎでしたらフロア全体からいくつか見つくろ...
2012.11.01 第31回 「リセット可能な女心」
 「世界一周寄付の旅で、預金通帳の残高はマイナスにて帰国。車1台が買える特注エルメスのバッグコレクションも捨てて出直しました」  今でこそ話せる独立話をしてくれるA子さんは、私のことを「お姉ちゃん」と呼ぶ超優秀な美人コンサルタント。「だから日本人は......」「だから女性は......」とだけは言われたくない一心で、年中無休の24時間営業で猛勉強、強烈に仕事をこなして結果を出し続け、31...
2012.09.19 第30回 「女子会」の実際
 このところ、「女子会」に参加することが多く、気がつけば一週間、毎日が女子会ということもあります。仕事つながりで仲良くなった20代~40代の女性達と集まることが多いのですが、はじめは「お食事会」と呼ばれるお付き合いからスタートした関係が、いつの間にか「女子会」に進化することも多く、それは本音で話せるかどうかで変わっていきます。  一般的に女性同士の集まりを「女子会」と呼んでいるようですが、...
2012.08.22 第29回 「生涯現役...でも女心は2タイプ」
 いつものようにケーブルテレビでドラマの「ゴシップガール」を見ながらファッションチェックをしていると、合間に流れるコマーシャルに「今年で還暦」と話す女優の夏樹陽子さんが登場。あまりのインパクトに思わず録画ボタンを押してしまいました。  JJ編集部で記者をしていた頃「憧れの大人の女性」としてインタビューして以来、約25年。スポーツカーが好きで、ロングヘアにオシャレなパンツスタイルで、青山のヨ...
2012.07.31 第28回 「女が女のカラダをチェックする時代」
 久しぶりに行きつけのセレクトショップでジャケットのインナーを探していると、顔なじみの女性店長が「中村さん昔から細いけど胸はあるから、透けて見えてもOKのレースのVネックカットソーとかどうですか?」と声をかけてきました。「エッ? 私の胸って、しっかり見られてたんだ」  そういえば胸の話以外にも、年下の女のコ達から「全然太ってらっしゃらないけれど、何かしてるのですか?」と聞かれることが多く、...
2012.07.09 第27回 「『子供を守らなくては』の心は、どんどん強くなる」
 顧問先の化粧品会社の女性代表は、単身赴任で東京の仕事をしています。彼女は30代後半で2歳児の母。昨年の地震による原発事故をきっかけに、この仕事のスタイルを選びました。子育ては家族の協力を得てご主人の実家のある四国、娘の保育園入園とともに今年の春から本格的に東京~四国を行き来する新しい働き方を始めたところです。  子供にとって優先すべきことは「安心して自然と暮らせる環境」。元女子アナで自身...
2012.05.30 第26回 「『現役感』という女心がある」
 この春のファッショントレンドとして見逃せないショートパンツ。「私も素足で履いていいものかどうか?」。同世代の友人達にさり気なく聞いてみると「さすがに私は無理!」「見た目もキツくない?」など、次々と否定的な反応がばかりが返ってきました。  でも、マドンナは50代にして、最新のPVでカッコ良く履きこなしているし、PR会社代表を務める先輩は、ショートパンツに春ブーツで颯爽と年下の男性編集者を案...
1 

プロフィール

執筆者:中村浩子 (株)ヴィーナスプロジェクト代表取締役社長

「JJ」「VERY」等ファッション誌の編集・企画を手がけ、黒田知永子や三浦りさ子等、その時代を代表するタレントをプロデュースし、トレンドを生み出してきた。
現在まで読者モデルを1万人以上発掘しており、現在は女性消費者を取材し続けてきたノウハウを活かし、ファッション・アクセサリー・ビューティに関わる商品開発やイベントを企画、ブランドプロデュース、コンサルティングまで幅広く行っている。

http://www.venus-project.jp/pro/02.html

Img cat

カテゴリー

化粧品通販ビジネス実践講座

執筆者:船生千紗子

(株)通販総研 化粧品専門コンサルタント

Img cat14

矢野経済研究所 アジア美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

矢野経済研究所 中国美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

化粧品トレンドを読み解くキーワード

執筆者:松本 竜馬

TPCマーケティングリサーチ(株)マーケティングマネージャー

Img cat21

化粧品のリテラシー

執筆者:島田邦男

琉球ボーテ(株) 代表取締役

Img cat10

激変するコスメマーケット

執筆者:鯉渕登志子

(株)フォー・レディー代表取締役

Img cat2

『女心』攻略データベース

執筆者:中村浩子

(株)ヴィーナスプロジェクト代表取締役社長

Img cat

今日から試せる! PR&販促講座

執筆者:松下令子

美容専門PR・販促支援会社 (株)DSプロモーション 代表取締役

Matsushita face

化粧品コンサルタントが教えます 最新・ヒットの法則

執筆者:廣瀬知砂子

株式会社ビューティブレーン 代表

Hirose face

アジア美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

中国美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

化粧品・日用品業界の商標・ブランド戦略相談室

執筆者:髙橋 伸也

フルブルーム国際商標事務所 所長弁理士

Img cat20

榎戸淳一のエステサロン経営 地域一番店への道

執筆者:榎戸淳一

株式会社ES-ROOTS代表取締役社長、一般社団法人エステティックグランプリ元理事長

Img cat3 1

中国クチコミ分析で探る「美」のツボ

執筆者:森下 智史

株式会社トレンドExpress 「中国トレンドExpress」編集長

%e6%a3%ae%e4%b8%8b%e6%99%ba%e5%8f%b2

アットコスメクチコミトレンド

執筆者:山田メユミ

株式会社アイスタイル 取締役 CQO / コーポレート領域管掌

Img cat1

新日本有限責任監査法人 公認会計士から見た化粧品・トイレタリー業界

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

新日本有限責任監査法人 不正事例に学べ!

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

創業原点を未来へ託す

執筆者:川原慎也

(株)船井総合研究所 東京経営支援本部 部長 グループマネージャー

Img cat8

Eコマースに見る中国化粧品マーケットの今

執筆者:斉晶岩(サイ ショウガン)

LAFASO JAPAN 代表取締役社長

Img cat13

韓国ビューティーマーケット最前線

執筆者:吉田武史

吉田法務事務所代表、日本薬事法務学会理事長

Img cat4

消費動向から斬り込むマーケティング戦略

執筆者:大神賢一郎

産業能率大学総合研究所主席研究員

Img cat6

消費者視点の「買われ方・選ばれ方」

執筆者:野澤 太郎

(株)ネオマーケティング ビューティ&ライフチーム マネージャー

%e3%83%8d%e3%82%aa%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

アクセスランキング

  1. 1位 9月17日 11時00分
    花王 キュレル、年内に欧米展開でさ...
  2. 2位 9月17日 14時00分
    クレア、サンタマルシェが「本気のシ...
  3. 3位 9月17日 14時00分
    アムリターラ、国産植物原料を使った...
  4. 4位 9月17日 15時00分
    ミシャジャパン、朝の時短を実現した...
  5. 5位 9月17日 13時00分
    柳屋本店、丁寧なコミュニケーション...
  6. 6位 9月17日 16時00分
    JIMOS、オールインワンシリーズ...
  7. 7位 9月17日 10時30分
    カネボウ、フリープラスから目元二重...
  8. 8位 9月17日 13時30分
    筑波大・藤田医大、経皮感作小麦アレ...
  9. 9位 8月5日 10時00分
    ササキ、高濃度水素イオン水配合スキ...
  10. 10位 9月13日 14時00分
    ディセンシア、敏感肌の悩み・要因を...
  1. 1位 9月12日 15時30分
    2018年度通販化粧品市場は4292億円
  2. 2位 9月13日 14時00分
    ディセンシア、敏感肌の悩み・要因を...
  3. 3位 9月10日 14時00分
    大木ヘルスケアホールディングス、C...
  4. 4位 9月11日 10時00分
    あらた、消費税増税、年末商戦への対...
  5. 5位 9月10日 16時00分
    中央物産、M&Sを主軸に継続的取り...
  6. 6位 8月5日 10時00分
    ササキ、高濃度水素イオン水配合スキ...
  7. 7位 9月13日 13時00分
    メディプラス、潜在層への啓発マーケ...
  8. 8位 9月11日 14時00分
    RBP、美の本質を追究し様々な開発...
  9. 9位 9月13日 15時00分
    ピエール ファーブル、アベンヌが国...
  10. 10位 9月11日 12時00分
    マサヤ一番街店、広域集客で業績好調...
  1. 1位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  2. 2位 8月5日 10時00分
    ササキ、高濃度水素イオン水配合スキ...
  3. 3位 7月11日 11時00分
    DHC、ラクして痩せるボディジェルを投入
  4. 4位 12月25日 14時00分
    イライラでガサガサ…ストレスでお肌...
  5. 5位 2月6日 19時40分
    冬のトラブル続きの肌に!温感美容で潤いを
  6. 6位 7月29日 17時00分
    エコットコスメ、10歳きざみで肌悩...
  7. 7位 3月18日 17時00分
    ES-ROOTS、こだわりの純粋ハ...
  8. 8位 12月11日 19時30分
    一秒でも長く寝たい…忙しい年末年始...
  9. 9位 8月19日 10時00分
    三省製薬、エイジングケアブランド「...
  10. 10位 8月23日 14時30分
    2018年度化粧品メーカー国内売上...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ