連載コラム

新日本有限責任監査法人 公認会計士から見た化粧品・トイレタリー業界

執筆者:田中計士 新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

2017.01.27 第44回 女性管理職比率に関する考察
【週刊粧業2016年4月4日号14面にて掲載】 2015年8月に「女性活躍推進法」が可決されて、従業員301人以上の企業、自治体、地方公共団体は2016年4月1日までに女性管理職の割合の数値目標を盛り込んだ行動計画を策定し公表しなくてはならなくなりました。 当初、安倍政権の掲げる政府目標は2020年までに女性管理職の割合を30%にするというものでしたが、2015年12月15日に政府が国家公務...
2016.09.07 第43回 業界各社のROEから見る利益獲得構造
【週刊粧業2015年11月9日号12面にて掲載】 公認会計士の五藤です。今回より以前の連載テーマ「公認会計士から見た化粧品・トイレタリー業界」に戻し、会計という視点から皆様のお役に立てる情報を提供していければと思っています。 今回は自己資本利益率(以下、ROE)について取り上げたいと思います。ROEとはReturn on Equityの略で、投資家から集めた資本に対してどれだけの利益を獲得で...
2016.04.26 第42回 日本企業のCFOの役割
【週刊粧業2014年4月7日号5面にて掲載】 今回のテーマは日本企業のCFO(Chief Financial officer=最高財務責任者)の役割についてです。現在、日本企業において一層のグローバル化が進んでおり新興国を始めとした不確実性の高い経営環境における企業価値最大化追及が必須となっています。 そのためには社内の経営に関わる重要な情報のほとんどにアクセス可能なCFOの役割が非常に重要...
2015.10.07 第41回 統合報告書について
【週刊粧業2014年3月3日号5面にて掲載】 皆さんこんにちは。今回は、吉野が担当させて頂きます。 今回は、企業報告の1つとして最近注目を浴びている「統合報告書」について紹介します。 企業の分析や、投資の意思決定に有用な情報を提供するため、企業は様々な形で活動報告を行っています。財務情報としては、財務諸表や計算書類など法律で定められている開示書類をはじめ、決算短信やアニュアルレポートなどが作...
2015.07.16 第40回 平成26年度税制改正について
【週刊粧業2014年2月3日号5面にて掲載】  平成25年12月12日に平成26年度税制改正大綱が与党により正式決定されています。正式公布はまだですが、今回はこの税制改正大綱において12月に新たに盛り込まれた項目のうち、主に企業にインパクトが大きいところをまとめてみたいと思います。 ①復興特別法人税の廃止 ...
2015.04.01 第39回 買収価格の算定方法
【週刊粧業2014年1月13日号5面にて掲載】  皆さん。あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。  今日はM&A時の買収価格の算定手法についてお話したいと思います。買収時には外部の専門家を利用の上で事業や資産等の査定を行った上で最終的な買収額を合意することが一般的ですが、売主と買主が相互に合意するためにも、ある程度客観性のある、定型的な手法が用いられる事にな...
2015.02.23 第38回 ブランドの財務諸表上の表示
【週刊粧業2013年12月2日号21面にて掲載】  皆さんこんにちは。今回は山藤が担当させて頂きます。自社のブランド価値を他の企業による模倣等により毀損しないためにも、企業は製品名、ロゴマークなどを商標登録、意匠登録してその権利を保護します。そうした権利は立派な資産であり財務諸表上に計上されることとなります。  新聞やニュースでは、有名ブランドの獲得を目的としたM&Aの記事をよく...
2014.11.17 第37回 消費税増税―実務上の留意ポイント
 皆さんこんにちは。今回は、吉野が担当させて頂きます。  2013年10月1日、消費税率を2014年4月1日より5%から8%へ引き上げる方針が閣議決定されました。そこで今回は、消費税率アップに向けて、実務上留意すべきポイントをご紹介したいと思います。  消費税増税により、原則として2014年4月1日以後に資産の譲渡等を行った場合には、新税率である8%が適用されることになります。これだけで...
2014.09.02 第36回 限界利益
 企業にとって、赤字のビジネスは当然撤退を考える対象となります。しかし、単純に赤字といっても、全ての赤字ビジネスからの撤退は必ずしも必要ではありません。事業戦略を考えるに当たって一般的に利用されている管理会計の概念として、限界利益があります。限界利益の定義は諸説ありますが、今回は話を簡略化するため、「限界利益=売上高マイナス変動費」とします。  例えば、他社からOEM生産を受託している製造...
2014.06.10 第35回 移転価格税制
 移転価格税制とは、海外取引を通した税金計算の基礎となる課税所得を小さく算定することによる国内での税金の支払額の意図的な圧縮を防ぐことを目的とした制度です。1つの例として、国内法人による海外販売子会社(国外関連者)への輸出販売の際、通常の取引先に対する販売価格より低い価格で販売すれば、国内法人で計上される売上高は当然低くなりますから、国内での課税所得及び税金の支払額は小さくなります。  一...
2014.03.25 第34回 固定資産税評価額の適正化
 企業は、保有する建物について毎年固定資産税を納付する義務があります。固定資産税額の基礎となる固定資産税評価額は、総務省が定める固定資産評価基準に基づき、建物の設計図書、見積書、現地内覧調査等をベースに各自治体により算出されます。  しかし、この評価方式は建築に関する高い専門性を要し、また評価基準自体が現在の高度な建築技術等に必ずしも適合出来ていない等の理由により、適切に評価されにくく、そ...
2014.02.14 第33回 IR資料から見た各社中計と財務への影響
 今回は業界各社の中期経営計画(中計)とその財務情報への影響について比較してみようと思います。企業は事業活動を行なうにあたり、中期(3~5年程度)的スパンでの経営計画を策定しており、その実現に向かい、営業活動、予算・資金計画策定他の事業活動を展開していきます。  この中計には各社が目指す自社の未来像がある程度具体的な形で表わされているため、投資家にとっては非常に有用な情報です。この中計にお...
2014.01.07 第32回 研究開発費について
 皆さんこんにちは。今回は、吉野が担当させて頂きます。  内閣府によると、国内総生産(GDP)の計算方法が2016年から変わるとのことです。GDPとはGross Domestic Productの略で、一定期間内に国内で産み出された付加価値の総額を言います。計算方法がどのように変わるかというと、GDPの計算上、これまでコストとして扱ってきた研究開発費を、産み出された付加価値の中に含めること...
2013.11.13 第31回 IR資料から見たBCP(事業継続計画)
 今回のコラムは山藤が担当させて頂きます。  BCPという言葉をご存じでしょうか。事業継続計画(Business Continuity Plan)の一般的な呼び方で、企業が自然災害や事故、テロが起こった際に被害を最小限にとどめて、事業活動を早期復旧させるための行動計画のことですが、2011年3月の東日本大震災後、日本企業が、工場の操業停止、取引先の被災、物流網のマヒ等の影響を受け多額の損失...
2013.09.24 第30回 業種特有の引当金について
 皆さんこんにちは。今回は、吉野が担当させて頂きます。  今回は引当金について説明したいと思います。企業の貸借対照表を見ると、「~引当金」という科目がいくつか見受けられると思います。会計基準上、次の4つの要件を満たした場合には、引当金を計上することが定められています(図表1)。  基準で例示列挙されている引当金には、製品保証引当金、売上割戻引当金、返品調整引当金、賞与引当金、工事補償...
2013.08.01 第29回 第二会社方式による企業再生
 近年の不況の中、「企業再生」というキーワードを皆さんも頻繁に目にすると思います。今回は、再生手法の一つとしてよく利用される、第二会社方式について簡単にご説明します。  企業の業績が大幅に悪化し、従来通りの経営では資金繰り等の目処が全くつかないという状況に陥った場合、経営者は解散や清算を通じて自社の事業を終結させるのか、それとも新たなスポンサーと協力する等の「企業再生」を通じて自社の事業を...
2013.06.21 第28回 業界各社の連単倍率から見る事業構造
 皆さんこんにちは。今回は、吉野が担当させて頂きます。  今回は、有価証券報告書の数値を利用して、財務分析を行いたいと思います。このコラムの中で、これまで何回か財務分析を紹介しましたが、連結財務諸表の数値を使用し、連結グループとしての財政状態や経営成績について分析したものがほとんどでした。  しかしながら、金融商品取引法では連結財務諸表と個別財務諸表両方を開示することが求められており、上...
2013.05.27 第27回 IFRSを見据えた決算期の統一
 初めまして。公認会計士の山藤大と申します。今回より、我々新日本有限責任監査法人のコラムを担当させて頂くことになりました。どうぞ宜しくお願い致します。  今回は、有価証券報告書の注記よりIFRSを見据えた決算期の統一についてご紹介したいと思います。  現在、日本におけるIFRSの適用時期の検討については棚上げとなっていますが、将来の導入を見据えて既に対応を行なう企業も増えています。  ...
2013.04.18 第26回 業界各社の売上原価・販売費及び一般管理費について
 初めまして。公認会計士の吉野緑と申します。今回より、新日本有限責任監査法人のコラムを担当させて頂くことになりました。どうぞ宜しくお願い致します。  今回は、直近の有価証券報告書を用いて、各社の財務分析を行いたいと思います。今回焦点を当てるのは、各社の損益計算書です。中でも、「売上高」「売上原価」「販売費及び一般管理費(以下、販管費)」の数値を用いて、業界各社の「売上原価率」及び「販管費率...
2013.03.22 第25回 国内の広告費の状況
 今回は、化粧品・トイレタリー業界の広告費の推移についてです。大手広告代理店の電通のウェブサイトでは、国内の広告費に関する様々な統計を見ることが出来ます。このうち、「業種別広告費」という欄では、化粧品・トイレタリー業界の広告費の金額や国内の総広告費に占めるその割合を確認することが出来ます。  皆さん、業種別にみるとどの業界が一番広告費にお金をかけていると思いますか? 今回は平成19年~...
2013.02.26 第24回 世界の化粧品マーケットの状況
 当法人がメンバーファームとして加盟している世界規模の会計事務所であるアーンスト・アンド・ヤングは、Luxury&Cosmetics業界に関する様々な分析を行ったFinancial Factbookを先日公表しました。いつも会計的な話に偏りがちなので、今回は、そこから世界の化粧品市場に関する記載を抜粋したいと思います。  まず、最近10年...
2012.12.25 第23回 中小企業で利用される会計基準
 上場会社等では公認会計士監査が義務付けられていますので、それらの会社はいずれも共通の会計基準(いわゆる日本基準)で財務諸表を作成しています。この会計基準は、必ずしも法人税法と処理が同じということは無く、あくまで会計的にはどう処理すべきか、という観点で作られています。  一方、中小企業では、法人税法から逸脱しない会計処理は行われているものの、一般的には上場企業等の用いる会計基準と比べて、そ...
2012.11.09 第22回 キャッシュ・フロー指標による分析
 日本においても、「キャッシュ・フロー経営」という言葉が叫ばれるようになって久しいですが、キャッシュ・フロー情報は各社の開示情報の中で欠かせないものになっています。現に、上場会社が公表している決算短信の中でも、キャッシュ・フロー計算書は勿論、その他複数のキャッシュ・フロー関連指標の開示が要請されています。  決算短信での開示指標以外にもフリー・キャッシュ・フロー(Free-Cash-Flo...
2012.10.09 第21回 化粧品業界各社の報告セグメント
 今回は、PBRという言葉に着目してみましょう。PBRはPrice Book-value Ratioの略で、日本語では株価純資産倍率といいます。PBRは、ある会社の株価が、会社の1株当たりの純資産の何倍になっているかを示す値であり、企業の株価水準を測る指標の一つです。  例えば、Yahoo!JAPANのファイナンスで「化粧品」と検索すると、化粧品業界数社が表示されます。ここで、各社の証券コ...
2012.09.25 第20回 税制改正の影響
 去る平成23年11月30日に平成23年度税制改正の一部を修正した「経済社会の構造の変化に対応した税制の構築を図るための所得税法等の一部を改正する法律(以下、「再修正法」)、「東日本大震災からの復興のための施策を実施するために必要な財源の確保に関する特別措置法(以下、「復興財源法」)が成立し、平成23年12月2日に公布・施行されました。今回は上記2法の公布・施行に伴う影響について触れたいと思...
2012.09.03 第19回 業界各社の報告セグメント
 第17回のコラムでは、世界の化粧品・トイレタリー業界トップ30社のうち上場している21社の開示資料を分析し、各社がどのような世界観でエリア区分を行っているかを見てみました。今回は、これらの会社のセグメント情報に着目したいと思います。  経営者は、事業の種類別やエリア別のように、自社グループのビジネスを様々な手法で区分することで日常の経営管理を行っています。セグメント情報には、こういった日...
2012.08.10 第18回 株式の保有目的開示
 上場各社が提出している有価証券報告書には、貸借対照表や損益計算書等の決算情報だけではなく、実に様々な情報が掲載されています。今回は、その中でも各社の株式の保有目的の開示について触れたいと思います。  株式は、貸借対照表上で「(投資)有価証券」という勘定科目で計上されますが、有価証券勘定の残高から判断するに、各社とも株式を多く保有していると考えられます。では、各社は一体どのような目的で多く...
2012.07.19 第17回 業界各社の世界観
 化粧品・トイレタリー業界各社は、各国での売上高を一定のエリア区分を行った上で管理しています。今回は、世界の業界企業トップ30(図表参照)のうち上場している21社の開示資料を分析し、各社がどのような世界観でエリア区分を行っているかを見てみましょう。  多くの企業はアメリカ、ヨーロッパ、アジアの3つを軸としたエリア区分を行っています。  まずアメリカエリアですが、米国を単独区分するケー...
2012.06.27 第16回 業界各社の安全性分析
 今回は、直近の有価証券報告書を用いて業界各社の財務分析を簡単に行ってみたいと思います。財務分析と一言でいっても、企業の収益の水準を分析する「収益性分析」や、売上高や各段階損益の期間比較を行って企業の成長性を分析する「成長性分析」等、様々な分析方法がありますが、その中でも「安全性分析」を取り上げたいと思います。  ご承知の通り、いくら収益が上がっていても、様々な債務の支払ができないことには...
2012.06.11 第15回 事業等のリスク
 上場企業各社は、自社の様々な情報を有価証券報告書に記載し、年に一度開示しています。今回は、この中の「事業等のリスク」という項目にフォーカスしてみます。  「事業等のリスク」には、財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の異常な変動、特定の取引先・製品・技術等への依存、特有の法的規制・取引慣行・経営方針、重要な訴訟事件等の発生、役員・大株主・関係会社等に関する重要事項等、投資者の判断...
1 

プロフィール

執筆者:田中計士 新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

2000年、監査法人太田昭和センチュリー(現新日本有限責任監査法人)に入所後、化粧品、食品、宝飾品などの消費者製品メーカーを中心とした監査業務に従事。その他、株式公開支援業務、内部統制アドバイザリー、デューデリジェンス、経理財務専門誌への寄稿等、幅広い業務を行う。

http://www.shinnihon.or.jp/corporate-accounting/industries/basic/cosmetics-and-toiletries/

Img cat7

カテゴリー

化粧品通販ビジネス実践講座

執筆者:船生千紗子

(株)通販総研 化粧品専門コンサルタント

Img cat14

矢野経済研究所 アジア美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

矢野経済研究所 中国美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

化粧品トレンドを読み解くキーワード

執筆者:松本 竜馬

TPCマーケティングリサーチ(株)マーケティングマネージャー

Img cat21

化粧品のリテラシー

執筆者:島田邦男

琉球ボーテ(株) 代表取締役

Img cat10

激変するコスメマーケット

執筆者:鯉渕登志子

(株)フォー・レディー代表取締役

Img cat2

『女心』攻略データベース

執筆者:中村浩子

(株)ヴィーナスプロジェクト代表取締役社長

Img cat

今日から試せる! PR&販促講座

執筆者:松下令子

美容専門PR・販促支援会社 (株)DSプロモーション 代表取締役

Matsushita face

化粧品コンサルタントが教えます 最新・ヒットの法則

執筆者:廣瀬知砂子

株式会社ビューティブレーン 代表

Hirose face

アジア美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

中国美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

化粧品・日用品業界の商標・ブランド戦略相談室

執筆者:髙橋 伸也

フルブルーム国際商標事務所 所長弁理士

Img cat20

榎戸淳一のエステサロン経営 地域一番店への道

執筆者:榎戸淳一

株式会社ES-ROOTS代表取締役社長、一般社団法人エステティックグランプリ元理事長

Img cat3 1

アットコスメクチコミトレンド

執筆者:山田メユミ

株式会社アイスタイル 取締役 CQO / コーポレート領域管掌

Img cat1

新日本有限責任監査法人 公認会計士から見た化粧品・トイレタリー業界

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

新日本有限責任監査法人 不正事例に学べ!

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

創業原点を未来へ託す

執筆者:川原慎也

(株)船井総合研究所 東京経営支援本部 部長 グループマネージャー

Img cat8

Eコマースに見る中国化粧品マーケットの今

執筆者:斉晶岩(サイ ショウガン)

LAFASO JAPAN 代表取締役社長

Img cat13

韓国ビューティーマーケット最前線

執筆者:吉田武史

吉田法務事務所代表、日本薬事法務学会理事長

Img cat4

消費動向から斬り込むマーケティング戦略

執筆者:大神賢一郎

産業能率大学総合研究所主席研究員

Img cat6

消費者視点の「買われ方・選ばれ方」

執筆者:野澤 太郎

(株)ネオマーケティング ビューティ&ライフチーム マネージャー

%e3%83%8d%e3%82%aa%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

アクセスランキング

  1. 1位 5月23日 12時30分
    東流社、第20回なとわ会を開催
  2. 2位 5月23日 10時40分
    資生堂、クレ・ド・ポー ボーテから...
  3. 3位 5月23日 11時40分
    小林製薬、2019年12月期第1四...
  4. 4位 5月24日 10時30分
    ライオン、キッザニア東京に節水を学...
  5. 5位 5月23日 13時30分
    ウォルマート第1四半期、国際部門不...
  6. 6位 5月21日 16時00分
    コーセー、夏肌を演出するスキンプロ...
  7. 7位 5月24日 11時30分
    全米主要チェーン2018年度決算、...
  8. 8位 5月21日 14時00分
    ポーラ、新感覚のカラフルなパウダー...
  9. 9位 5月22日 12時00分
    日本通信販売協会、機能性表示食品4...
  10. 10位 5月23日 11時20分
    油脂工業会館、恒例の定期講演会を開催
  1. 1位 12月25日 14時00分
    イライラでガサガサ…ストレスでお肌...
  2. 2位 4月9日 15時00分
    laboratory、新製品発表会を開催
  3. 3位 4月9日 13時00分
    ヤーマン、マスク型美顔器が人気
  4. 4位 4月9日 11時00分
    アテニア、肌質修正下地をリニューアル
  5. 5位 4月10日 12時00分
    吉田法務事務所、韓国化粧品規制の解...
  6. 6位 4月1日 12時00分
    ファンケル、研究ミーティングを特別開催
  7. 7位 4月10日 14時00分
    日本食品衛生協会、最適な化粧品試験...
  8. 8位 2月6日 19時40分
    冬のトラブル続きの肌に!温感美容で潤いを
  9. 9位 12月11日 19時30分
    一秒でも長く寝たい…忙しい年末年始...
  10. 10位 5月9日 12時00分
    せたがや行政法務事務所、大切なのは...
  1. 1位 4月9日 13時00分
    ヤーマン、マスク型美顔器が人気
  2. 2位 12月25日 14時00分
    イライラでガサガサ…ストレスでお肌...
  3. 3位 4月10日 12時00分
    吉田法務事務所、韓国化粧品規制の解...
  4. 4位 4月9日 11時00分
    アテニア、肌質修正下地をリニューアル
  5. 5位 4月10日 14時00分
    日本食品衛生協会、最適な化粧品試験...
  6. 6位 4月1日 12時00分
    ファンケル、研究ミーティングを特別開催
  7. 7位 12月11日 19時30分
    一秒でも長く寝たい…忙しい年末年始...
  8. 8位 2月6日 19時40分
    冬のトラブル続きの肌に!温感美容で潤いを
  9. 9位 4月9日 15時00分
    laboratory、新製品発表会を開催
  10. 10位 3月18日 17時00分
    ES-ROOTS、こだわりの純粋ハ...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ