連載コラム

化粧品・日用品業界の商標・ブランド戦略相談室

執筆者:髙橋 伸也 フルブルーム国際商標事務所 所長弁理士

Img cat20

2018.04.19 第16回 ブランド力を掛け合わせよう! コラボの際の商標上の注意点
【週刊粧業2016年11月21日号5面にて掲載】 ブランドとブランドを掛け合わせることで互いのブランド力を強化していくコラボレーションの試みが頻繁に見られるようになりました。よいパートナーさえ見つかればブランディングの観点からは基本的に好ましい試みであると言えますが、商標法の観点からチェックしなくてはならないポイントもございます。 今回は、いくつかのコラボのスタイルを取り上げて、商標の観点か...
2018.04.19 第15回 東南アジア進出に朗報! 続々進む商標の国際登録制度加盟
【週刊粧業2016年10月17日号5面にて掲載】 日本企業にとって、東南アジアは今後の成長エンジンとして期待されています。これまでは経済成長途上にあり、かつ、文化や法制度の壁もあり期待通りの結果がなかなか出ていないと感じておられる企業も多かったようですが、化粧品・トイレタリー市場の規模は年々着実に拡大してきているほか、法制度の整備を通して進出の壁も取り払われてきています。 私が専門とする商標...
2018.04.19 第14回 商品容器も商標に! 立体商標の取得戦略
【週刊粧業2016年9月19日号6面にて掲載】 少し前になりますが、コーセーが台湾で「薬用雪肌精」の容器についての立体商標登録を取得したというニュースが話題になりました。同社は日本においても立体商標登録を有していますが、実は台湾で立体商標を取得できたことに大きな意味があるんです。 今回は、この事例を紹介しながら、立体商標の概要と取得戦略についてお話しいたします。 そもそも立体商標制度とは、文...
2018.04.19 第13回 越境EC参入時に知っておきたい商標上の注意点
【週刊粧業2016年8月22日号5面にて掲載】 ここ数年化粧品・日用品業界を席巻した「爆買い」と「インバウンド消費」でしたが、商品がよく売れるという前向きなインパクトがある一方で、日本市場においては品切れが発生して日本の消費者の手元に十分な量が行き渡らないという問題が発生していましたし、中国市場では模倣品問題が発生していました。 そんなデメリットを解消すべく、このところ化粧品・日用品業界にお...
2018.04.19 第12回 化粧品戦国時代で生き残る企業差別化の事例と商標戦略
【週刊粧業2016年7月25日号6面にて掲載】 インターネットが世の中に浸透するまでは、化粧品業界もテレビCMなどマスメディアの力を利用できる大企業が圧勝していたように思います。 しかし、インターネットの登場後は、資本力に乏しい企業でもマーケティングのやり方次第でクチコミを巻き起こせるようになりましたし、それが評判サイトを通して一気に広がっていくようになりました。時代はまさに化粧品戦国時代と...
2018.04.19 第11回 海外で平均月収の10分の1の価格の化粧品を売るマーケティング戦略の事例
【週刊粧業2016年6月20日号5面にて掲載】 今回はブランド戦略という観点から、膨大な数の海外バイヤーのネットワークを有している海外進出支援企業のCOUXU㈱より共有していただいた化粧品に関するマーケティング事例を皆さんと共有したいと思います。 今回の事例における販売地域は、なんとミャンマーです。私の専門である商標という観点から言うと、ミャンマーでは驚くことに未だ商標法すら整備されておらず...
2018.04.19 第10回 指定商品「化粧品」で保護できない化粧品のお話
【週刊粧業2016年5月23日号6面にて掲載】 商標権は、商標(マーク)と指定商品・役務(商品やサービス)という二つの要素によって権利範囲が決まってきます。この指定商品・役務というのが曲者で、ちょっと調べたくらいだと適切な権利範囲を確保することができないので専門性が必要となるところでもあり、我々弁理士の腕の見せ所であるとも言われてます。 一例を見てみましょう。通常、化粧品関係の商品を取り扱っ...
2018.04.19 第9回 最新の登録商標に学ぶ化粧品業界のトレンドと商品名の考案法
【週刊粧業2016年4月25日号5面にて掲載】 一般に、商標は世相を反映すると言われています。その理由としては、企業の皆様が消費者の方々に響くネーミングを採択したいと考える結果、業界のトレンドに沿ったネーミングを採択するケースが多くなるためです。 今回のコラムは、その傾向を踏まえて、最近登録になった商標から化粧品業界のトレンドを探ってみたいと思います。具体的には、化粧品と同一又は類似の商品を...
2018.04.19 第8回 新商品名、商標調査してますか? 調査をしないリスクと調査のメリット
【週刊粧業2016年3月21日号5面にて掲載】 今回のコラムは、特に中小の化粧品・日用品メーカーに知っていただきたい内容です。 さて、読者の皆様は新しい商品名を決定する際に商標調査をなさっていますでしょうか? うちは小さい企業だから商標まで気にする必要はないとか、売れてから考えればいいなどと言って済ましてしまっていないでしょうか? そのような安易な判断は、実は大きな事業運営上のリスクにつなが...
2018.04.19 第7回 有名ブランドの管理は大変! シャネルに学ぶブランド保護
【週刊粧業2016年2月29日号4面にて掲載】 いつの時代も香水の世界の女王として君臨する「シャネル№5」。シャネル社は香水以外にもファッション、化粧品、バッグ、時計など幅広い事業展開で知られている著名ブランドですが、その知名度ゆえに商標にまつわるさまざまな問題に悩まされてきました。今回は、有名ブランドの管理の悩みというテーマで三つの事例をお話ししたいと思います。 一つ目は、「○○タイプ」「...
2018.04.19 第6回 新コンセプトの採用による先行者利益を長く享受する方法
【週刊粧業2016年1月25日号11面にて掲載】 アンチエイジング、プラセンタ、オーガニック、ロハス……ある企業が新しいコンセプトを打ち出しても、それがヒットの兆候を見せると競合企業が次々と同様のコンセプトの下、新商品を企画・販売し始めます。そうなると企業間の競争は激しくなり、最初にそのコンセプトを採用した企業の利幅も薄くなってしまいます。しかし、実は先行者利益を享受する期間を長くするひと工...
2018.04.19 第5回 インバウンドの落とし穴! 中国の冒認商標出願に注意
【週刊粧業2016年1月11日号4面にて掲載】 化粧品業界はインバウンド消費の恩恵を受けている業界の代表であり、各社積極的にインバウンド需要を取り込もうとしています。一方、そのような動きには落とし穴もありますので、以下で注意点と対策をお伝えします。 インバウンド消費の中心的な担い手である中国の消費者は、事前にインターネット等で化粧品のクチコミ、評判をしっかり調査した上で買うものをリストアップ...
2018.04.19 第4回 その言葉で他社商品と区別できますか? 識別力のお話
【週刊粧業2015年11月16日号4面にて掲載】 商標は自社商品と他社商品を区別する標識・目印ですので、どこの商品かを識別する力(識別力)がない商標は登録することができません。識別力がない商標の例としては、商品の普通名称(例=頬紅に「チーク」)や、簡単すぎる構成からなる商標(例=「AB」)などがありますが、化粧品業界において、識別力がないとしてよく問題となるのが品質表示語です。 たとえば、そ...
2016.12.07 第3回 ネーミングの工夫で化粧品・日用品業界で差別化を
【週刊粧業2015年10月19日号5面にて掲載】 化粧品・日用品業界はブランディング・商標の観点から見ても競争の激しい業界です。だからこそ、ほんの少しのネーミングの工夫が大ヒットのきっかけになったりします。今回は、ネーミングの原則論を押さえた上で、成功事例から学びましょう。 ネーミングの大原則としては、①読み・書き・話し・聞きやすいこと、②覚えやすいこと、③意味やイメージが伝わることなどが挙...
2016.04.26 第2回 化粧品・日用品業界で商標登録を取得する3つのメリット
【週刊粧業2015年9月21日号4面にて掲載】 今回は、商標登録を取得するメリットについて、化粧品・日用品業界特有の事情を絡めながら大きく三つに分けてお話ししたいと思います。 一つ目は、自社の使用を担保するためです。商標権というと、後述するような他社を排除するイメージが強いのでこれが一番に来るのは意外に思われるかもしれませんが、特に化粧品・日用品業界においてはこのメリットの恩恵が大きいです。...
2016.02.03 第1回 化粧品・日用品業界は商標激戦区
【週刊粧業2015年8月24日号5面にて掲載】 本日から始まる本コラムでは、商標弁理士としての専門性を活かし、化粧品・日用品業界の商標・ブランド戦略について、読者の皆さんのお役に立つ情報を提供していきたいと思います。第一回は、化粧品・日用品業界の商標事情についてです。 商品のマーケティングを考える上で差別化は重要な要素ですが、化粧品やコモディティ化した日用品は機能や品質の差を伝えるのが難しい...

プロフィール

執筆者:髙橋 伸也 フルブルーム国際商標事務所 所長弁理士

早稲田大学政治経済学部卒業。日本でも数少ない商標専門事務所を経営。化粧品・日用品業界をはじめとした中小・ベンチャー企業の商標出願支援と外国・国際商標出願支援を得意としている。商標・ブランディングの専門家として数々のメディアに寄稿している。

http://www.fullbloom-tm.jp/

Img cat20

カテゴリー

化粧品通販ビジネス実践講座

執筆者:船生千紗子

(株)通販総研 化粧品専門コンサルタント

Img cat14

矢野経済研究所 アジア美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

矢野経済研究所 中国美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

化粧品トレンドを読み解くキーワード

執筆者:松本 竜馬

TPCマーケティングリサーチ(株)マーケティングマネージャー

Img cat21

化粧品のリテラシー

執筆者:島田邦男

琉球ボーテ(株) 代表取締役

Img cat10

激変するコスメマーケット

執筆者:鯉渕登志子

(株)フォー・レディー代表取締役

Img cat2

『女心』攻略データベース

執筆者:中村浩子

(株)ヴィーナスプロジェクト代表取締役社長

Img cat

今日から試せる! PR&販促講座

執筆者:松下令子

美容専門PR・販促支援会社 (株)DSプロモーション 代表取締役

Matsushita face

化粧品コンサルタントが教えます 最新・ヒットの法則

執筆者:廣瀬知砂子

株式会社ビューティブレーン 代表

Hirose face

アジア美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

中国美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

化粧品・日用品業界の商標・ブランド戦略相談室

執筆者:髙橋 伸也

フルブルーム国際商標事務所 所長弁理士

Img cat20

榎戸淳一のエステサロン経営 地域一番店への道

執筆者:榎戸淳一

株式会社ES-ROOTS代表取締役社長、一般社団法人エステティックグランプリ元理事長

Img cat3 1

中国クチコミ分析で探る「美」のツボ

執筆者:森下 智史

株式会社トレンドExpress 「中国トレンドExpress」編集長

%e6%a3%ae%e4%b8%8b%e6%99%ba%e5%8f%b2

アットコスメクチコミトレンド

執筆者:山田メユミ

株式会社アイスタイル 取締役 CQO / コーポレート領域管掌

Img cat1

新日本有限責任監査法人 公認会計士から見た化粧品・トイレタリー業界

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

新日本有限責任監査法人 不正事例に学べ!

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

創業原点を未来へ託す

執筆者:川原慎也

(株)船井総合研究所 東京経営支援本部 部長 グループマネージャー

Img cat8

Eコマースに見る中国化粧品マーケットの今

執筆者:斉晶岩(サイ ショウガン)

LAFASO JAPAN 代表取締役社長

Img cat13

韓国ビューティーマーケット最前線

執筆者:吉田武史

吉田法務事務所代表、日本薬事法務学会理事長

Img cat4

消費動向から斬り込むマーケティング戦略

執筆者:大神賢一郎

産業能率大学総合研究所主席研究員

Img cat6

消費者視点の「買われ方・選ばれ方」

執筆者:野澤 太郎

(株)ネオマーケティング ビューティ&ライフチーム マネージャー

%e3%83%8d%e3%82%aa%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

アクセスランキング

  1. 1位 9月17日 11時00分
    花王 キュレル、年内に欧米展開でさ...
  2. 2位 9月17日 14時00分
    クレア、サンタマルシェが「本気のシ...
  3. 3位 9月17日 14時00分
    アムリターラ、国産植物原料を使った...
  4. 4位 9月17日 15時00分
    ミシャジャパン、朝の時短を実現した...
  5. 5位 9月17日 13時00分
    柳屋本店、丁寧なコミュニケーション...
  6. 6位 9月17日 16時00分
    JIMOS、オールインワンシリーズ...
  7. 7位 9月17日 10時30分
    カネボウ、フリープラスから目元二重...
  8. 8位 9月17日 13時30分
    筑波大・藤田医大、経皮感作小麦アレ...
  9. 9位 8月5日 10時00分
    ササキ、高濃度水素イオン水配合スキ...
  10. 10位 9月13日 14時00分
    ディセンシア、敏感肌の悩み・要因を...
  1. 1位 9月12日 15時30分
    2018年度通販化粧品市場は4292億円
  2. 2位 9月13日 14時00分
    ディセンシア、敏感肌の悩み・要因を...
  3. 3位 9月10日 14時00分
    大木ヘルスケアホールディングス、C...
  4. 4位 9月11日 10時00分
    あらた、消費税増税、年末商戦への対...
  5. 5位 9月10日 16時00分
    中央物産、M&Sを主軸に継続的取り...
  6. 6位 8月5日 10時00分
    ササキ、高濃度水素イオン水配合スキ...
  7. 7位 9月13日 13時00分
    メディプラス、潜在層への啓発マーケ...
  8. 8位 9月11日 14時00分
    RBP、美の本質を追究し様々な開発...
  9. 9位 9月13日 15時00分
    ピエール ファーブル、アベンヌが国...
  10. 10位 9月11日 12時00分
    マサヤ一番街店、広域集客で業績好調...
  1. 1位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  2. 2位 8月5日 10時00分
    ササキ、高濃度水素イオン水配合スキ...
  3. 3位 7月11日 11時00分
    DHC、ラクして痩せるボディジェルを投入
  4. 4位 12月25日 14時00分
    イライラでガサガサ…ストレスでお肌...
  5. 5位 2月6日 19時40分
    冬のトラブル続きの肌に!温感美容で潤いを
  6. 6位 7月29日 17時00分
    エコットコスメ、10歳きざみで肌悩...
  7. 7位 3月18日 17時00分
    ES-ROOTS、こだわりの純粋ハ...
  8. 8位 12月11日 19時30分
    一秒でも長く寝たい…忙しい年末年始...
  9. 9位 8月19日 10時00分
    三省製薬、エイジングケアブランド「...
  10. 10位 8月23日 14時30分
    2018年度化粧品メーカー国内売上...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ