連載コラム

化粧品・日用品業界の商標・ブランド戦略相談室

執筆者:髙橋 伸也 フルブルーム国際商標事務所 所長弁理士

Img cat20

2019.11.15 第37回 化粧品・日用品業界の企業なら知っておきたい商標のファストトラック審査
【週刊粧業2018年11月19日号4面にて掲載】 第34回の当コラムにおいて、商標の早期審査制度をご紹介いたしました。審査期間を2カ月程度まで短縮できる便利な制度である一方、使用証拠の提出を要するなど、少々ハードルが高い面があるのも確かです。 そんな中、特許庁が商標出願について「ファストトラック審査」を導入することとなりましたので、今回はその概要を紹介したいと思います。 「ファストトラック審...
2019.11.15 第36回 最新の出願から化粧品業界の潮流を分析する方法
【週刊粧業2018年10月29日号6面にて掲載】 化粧品・日用品業界はトレンドに左右されやすく、ビジネスのスピードが速いので、競合他社のブランド動向などはすごく興味があるところかと思います。実は、公開情報からその一端を知ることができますので、今回はその方法についてお話ししたいと思います。 そもそも、商標登録出願を行った際、どのくらいでその情報が公開されるかご存知でしょうか。正解は1カ月程度で...
2019.11.15 第35回 キャッチフレーズの守り方
【週刊粧業2018年10月10日号4面にて掲載】 自社や自社商品を象徴するキャッチフレーズ・タグラインを他社に勝手に使われてしまったら問題ですよね。これまで、キャッチフレーズは識別力が無い(自社と他社を区別する標識として機能しない)という理由で、一部の例外を除き商標登録することができませんでした。 しかし、実際にはキャッチフレーズは企業活動上重視され、商標として機能するケースも多々あることか...
2019.11.15 第34回 使いやすくなった早期審査でスピーディなブランド保護を
【週刊粧業2018年7月23日号6面にて掲載】 ここ最近、商標登録出願の件数が増加しています。2014年までは年間12万件程度で推移していましたが、昨年は19万件超と3年前の1・5倍程度の水準まで増加しています。 この増加はブランド保護意識の高まりとも捉えることができ歓迎すべきことですが、その副作用として、審査期間の長期化の問題が生じています。ほんの1年程度前までは出願から5カ月程度で審査結...
2019.11.15 第33回 守ってあげていますか?自社キャラクターの保護の基本
【週刊粧業2018年6月18日号5面にて掲載】 ブランディングを考える上で、キャラクターのもたらしてくれる価値は絶大です。たとえば、商品それ自体としては何の変哲もないお菓子であっても、子供たちに人気のキャラクターをつけるだけで売り上げは大きく変わることとなります。それゆえ、コンテンツホルダーはそれに見合ったライセンスフィーを得ることができるわけですね。 人気のキャラクターのライセンスを受ける...
2019.11.15 第32回 ブランド力を築き上げるセオリーとそのメリット・デメリット
【週刊粧業2017年5月21日号6面にて掲載】 先日弊所のお客様と電話をしていて、次の新商品について効果的にブランド力を築き上げていくために、どういう商標を使うのが有効かという質問を受けました。 いろんな切り口がありますが、そのときは既存語と造語のどちらがよいかという論点で説明しました。新商標考案の一助になるかと思いますので、その観点から考え方を整理・ご紹介したいと思います。 既存語を商標と...
2019.11.15 第31回 商標登録は保護しやすいものから
【週刊粧業2018年4月23日号11面にて掲載】 ちょうど3年ほど前、商標業界では「音」や「色彩のみ」、「動き」などの商標が登録できるようになる画期的な法改正が行われ話題になりました。 しかし、昨年9月の段階で、色彩のみの商標は出願509件に対して登録が2件のみ、音の商標は出願566件に対して登録が172件あるもののその中で音のみの商標は3件のみといった状況で、登録へのハードルが高いことが窺...
2019.11.15 第30回 インターネット上の模倣品対策
【週刊粧業2018年3月26日号5面にて掲載】 オンライン・インターネットでの販売はどの企業様にとっても極めて重要なチャネルとなってきているものと思われます。その一方で、インターネットでは模倣品や偽ブランド品なども簡単に販売できてしまうため問題視されており、近年では中国のECサイトから模倣品を入手して転売するといった手口も増えてきているようです。そこで、今回はインターネット上の模倣品への基本...
2019.11.15 第29回 派生ブランドの商標使用や登録商標の変更使用の注意点
【週刊粧業2018年2月19日号6面にて掲載】 貴社商品「XYZ」がヒットしたとしましょう。売り上げも順調なので、「XYZ 〇〇」という派生ブランドを作ることにしました。 商品名「XYZ」に関しては商標登録してあるから、派生ブランドについての商標登録は不要でしょうか。それとも、必要でしょうか。 今回はそのあたりのお話をしたいと思います。 大原則としては、登録商標と使用する商標は同一であるのが...
2019.11.15 第26回 だまされないために!商標を取り巻く落とし穴とその回避方法
【週刊粧業2017年10月16日号5面にて掲載】 商標は目に見えない権利ということもあって、なかなか馴染みがないという方がほとんどです。 そういった知識の無さにつけこんで、だまそうとしてくる人や業者も少なからず存在します。 今回は、どのような手口でだまそうとしてくるかの代表例をご紹介することで、そのような事態を回避するヒントになればと思います。 まずは、最近メディアでも話題になっている他社商...
2019.11.15 第28回 商標登録できない?そんなときの対応方法
【週刊粧業2018年1月29日号14面にて掲載】 語感、商品への思い入れ、マーケティング的要素……さまざまな要素を考慮して商標を決定していただき、弊所にご相談いただくわけですが、中には商標調査の結果、類似だと思われる先行商標が見つかってしまう場合もあります。 ご存知のとおり商標は早い者勝ちが原則ですので、企業様はここで難しい判断に迫られるわけです。せっかく一生懸命考えた商標を変更する、特に、...
2019.11.15 第27回 日本文化・外国文化のブランドイメージへの活用法
【週刊粧業2017年11月20日号5面にて掲載】 弊所では日本企業が外国へ進出するパターンのほか、外国企業が日本へ進出するパターンのお手伝いもしておりますが、どちらのパターンにおいても「日本ブランド」であることを意識し、ブランディング上重要視している企業様が少なくありません。その重視の理由は複層的で一つではありませんが、一定の傾向が見えてきて面白く感じています。 たとえば、日本企業のクライア...
2019.11.15 第25回 ロゴマークが雄弁に語るブランドの性格
【週刊粧業2017年9月18日号5面にて掲載】 「人は見た目が9割」なんていう本が話題になったことがありました。たしかに、スーツをカッチリ着こなしていれば真面目で仕事がデキる印象を与えることができるでしょうし、逆に着崩していたりダボダボだったりすると性格についてもルーズという印象を与えるかもしれません。 こうした見た目・外観の重要性は、私の専門である商品デザインや商標の分野についても同じこと...
2019.11.15 第24回 化粧品業界のブランディング戦略の裏側
【週刊粧業2017年8月21日号10面にて掲載】 私は、商標登録出願の代理をするだけでなく、ブランド戦略についてもさまざまな相談に乗っています。 今回は、主にブランド展開の観点から化粧品業界における代表的なブランディング戦略をご紹介すると共に、それを裏側で支える商標のお話などもご紹介したいと思います。 一口にブランドと言っても、名前をつけて商標登録すればそれで終わりといったわけもなく、マーケ...
2019.11.15 第23回 商標登録のメンテナンスしてますか?気をつけたい3つのポイント
【週刊粧業2017年7月24日号5面にて掲載】 皆さん最初は何か理由があって商標権を取得されるわけですが、登録後はあまり意識されない場合も多いのではないでしょうか。しかし、放置しておくといろいろと問題が発生してくることがあります。今回は、商標登録後に必要なメンテナンスについての代表的な注意点を3つほどご紹介したいと思います。 1つ目は期限管理・更新です。商標登録は基本的には10年に1回更新を...
2019.11.15 第22回 展示会出展で気をつけたい3つのポイント
【週刊粧業2017年6月19日号4面にて掲載】 日本においても外国においても新規取引先開拓の場・販路拡大の場として重宝されているのが展示会です。今回は商標の観点を中心として展示会において気をつけておきたいポイントを3つほどご紹介したいと思います。 1つ目は、なんといっても冒認商標(第三者による商標の盗み取り)の問題です。展示会は会社・商品のアピールの場ですから、当然商品のロゴマークや会社のハ...
2019.11.15 第21回 助成金を利用した外国商標取得戦略の落とし穴
【週刊粧業2017年5月22日号12面にて掲載】 化粧品関係企業が海外進出するにあたっては進出国における商標登録が必須となりますが、そんな企業様にとって要注目の助成金制度「中小企業等外国出願支援事業」があるのはご存知でしょうか。審査に通れば助成を受けられるわけですからお得な制度であるのは事実ですが、実はその落とし穴もたくさんあります。 今回は、落とし穴の部分をご説明して、皆様が効果的に利用す...
2019.11.15 第20回 商標権侵害の警告書を受け取ったときの対処法
【週刊粧業2017年4月24日号12面にて掲載】 ある日突然、内容証明郵便で警告書が届き、自社の人気商品について商標の使用を止めるよう要求されたらどうしますか? 警告書の話はなかなか表に出てこないので自社とは縁遠いと感じている企業様も多いかもしれません。しかし、商標権者としては自社のブランドを守るべく少なからぬ費用をかけて権利を取得していますので、侵害者を発見した以上は使用を止めさせたいと思...
2019.11.15 第19回 時代と共に変わる商標・変わらない商標
【週刊粧業2017年3月20日号6面にて掲載】 「商標は時代を映す鏡」と言われることがあります。商標はブランディング上の重要な要素ですから、各企業共に時代の波に乗ろうということで試行錯誤を行う結果、時代を反映したロゴマークやフォント等が用いられるわけです。 化粧品業界において有名な例が花王のロゴマークの変遷です。当初のロゴは月の顔のデザインがリアリティのあるもので現代の感覚からすると怖い印象...
2019.11.15 第18回 化粧品・日用品業界ならではの商標出願テクニック
【週刊粧業2017年2月20日号11面にて掲載】 商標弁理士という仕事柄、時折「この業界特有の出願テクニックはありますか」などと聞かれることがあります。実際、業界ごとにビジネスの性質・お客様の層などに一定の傾向があり、日々の経験を通してそれが出願テクニックに反映される面はございます。そこで、今回は化粧品・日用品業界における商標出願のテクニックの一部をお伝えいたします。 まずは、ストック商標戦...
2019.11.14 第17回 トレンドは自社で作る!流行語の商標権を確保する方法
【週刊粧業2017年1月30日号6面にて掲載】 昨年もさまざまな語が流行しましたね。化粧品業界においても毎年次々と新しい語が出てきて、時には流行語となって化粧品業界のマーケティングの場を席巻します。そのような流行語を独占的に使えたら、それは強力なマーケティング上の武器になりますよね。実は、そのような観点からメイク法やコンセプトについてのワードを積極的に商標登録する企業様も多々いらっしゃいます...
2018.04.19 第16回 ブランド力を掛け合わせよう! コラボの際の商標上の注意点
【週刊粧業2016年11月21日号5面にて掲載】 ブランドとブランドを掛け合わせることで互いのブランド力を強化していくコラボレーションの試みが頻繁に見られるようになりました。よいパートナーさえ見つかればブランディングの観点からは基本的に好ましい試みであると言えますが、商標法の観点からチェックしなくてはならないポイントもございます。 今回は、いくつかのコラボのスタイルを取り上げて、商標の観点か...
2018.04.19 第15回 東南アジア進出に朗報! 続々進む商標の国際登録制度加盟
【週刊粧業2016年10月17日号5面にて掲載】 日本企業にとって、東南アジアは今後の成長エンジンとして期待されています。これまでは経済成長途上にあり、かつ、文化や法制度の壁もあり期待通りの結果がなかなか出ていないと感じておられる企業も多かったようですが、化粧品・トイレタリー市場の規模は年々着実に拡大してきているほか、法制度の整備を通して進出の壁も取り払われてきています。 私が専門とする商標...
2018.04.19 第14回 商品容器も商標に! 立体商標の取得戦略
【週刊粧業2016年9月19日号6面にて掲載】 少し前になりますが、コーセーが台湾で「薬用雪肌精」の容器についての立体商標登録を取得したというニュースが話題になりました。同社は日本においても立体商標登録を有していますが、実は台湾で立体商標を取得できたことに大きな意味があるんです。 今回は、この事例を紹介しながら、立体商標の概要と取得戦略についてお話しいたします。 そもそも立体商標制度とは、文...
2018.04.19 第13回 越境EC参入時に知っておきたい商標上の注意点
【週刊粧業2016年8月22日号5面にて掲載】 ここ数年化粧品・日用品業界を席巻した「爆買い」と「インバウンド消費」でしたが、商品がよく売れるという前向きなインパクトがある一方で、日本市場においては品切れが発生して日本の消費者の手元に十分な量が行き渡らないという問題が発生していましたし、中国市場では模倣品問題が発生していました。 そんなデメリットを解消すべく、このところ化粧品・日用品業界にお...
2018.04.19 第12回 化粧品戦国時代で生き残る企業差別化の事例と商標戦略
【週刊粧業2016年7月25日号6面にて掲載】 インターネットが世の中に浸透するまでは、化粧品業界もテレビCMなどマスメディアの力を利用できる大企業が圧勝していたように思います。 しかし、インターネットの登場後は、資本力に乏しい企業でもマーケティングのやり方次第でクチコミを巻き起こせるようになりましたし、それが評判サイトを通して一気に広がっていくようになりました。時代はまさに化粧品戦国時代と...
2018.04.19 第11回 海外で平均月収の10分の1の価格の化粧品を売るマーケティング戦略の事例
【週刊粧業2016年6月20日号5面にて掲載】 今回はブランド戦略という観点から、膨大な数の海外バイヤーのネットワークを有している海外進出支援企業のCOUXU㈱より共有していただいた化粧品に関するマーケティング事例を皆さんと共有したいと思います。 今回の事例における販売地域は、なんとミャンマーです。私の専門である商標という観点から言うと、ミャンマーでは驚くことに未だ商標法すら整備されておらず...
2018.04.19 第10回 指定商品「化粧品」で保護できない化粧品のお話
【週刊粧業2016年5月23日号6面にて掲載】 商標権は、商標(マーク)と指定商品・役務(商品やサービス)という二つの要素によって権利範囲が決まってきます。この指定商品・役務というのが曲者で、ちょっと調べたくらいだと適切な権利範囲を確保することができないので専門性が必要となるところでもあり、我々弁理士の腕の見せ所であるとも言われてます。 一例を見てみましょう。通常、化粧品関係の商品を取り扱っ...
2018.04.19 第9回 最新の登録商標に学ぶ化粧品業界のトレンドと商品名の考案法
【週刊粧業2016年4月25日号5面にて掲載】 一般に、商標は世相を反映すると言われています。その理由としては、企業の皆様が消費者の方々に響くネーミングを採択したいと考える結果、業界のトレンドに沿ったネーミングを採択するケースが多くなるためです。 今回のコラムは、その傾向を踏まえて、最近登録になった商標から化粧品業界のトレンドを探ってみたいと思います。具体的には、化粧品と同一又は類似の商品を...
2018.04.19 第8回 新商品名、商標調査してますか? 調査をしないリスクと調査のメリット
【週刊粧業2016年3月21日号5面にて掲載】 今回のコラムは、特に中小の化粧品・日用品メーカーに知っていただきたい内容です。 さて、読者の皆様は新しい商品名を決定する際に商標調査をなさっていますでしょうか? うちは小さい企業だから商標まで気にする必要はないとか、売れてから考えればいいなどと言って済ましてしまっていないでしょうか? そのような安易な判断は、実は大きな事業運営上のリスクにつなが...
1 

プロフィール

執筆者:髙橋 伸也 フルブルーム国際商標事務所 所長弁理士

早稲田大学政治経済学部卒業。日本でも数少ない商標専門事務所を経営。化粧品・日用品業界をはじめとした中小・ベンチャー企業の商標出願支援と外国・国際商標出願支援を得意としている。商標・ブランディングの専門家として数々のメディアに寄稿している。

http://www.fullbloom-tm.jp/

Img cat20

カテゴリー

化粧品通販ビジネス実践講座

執筆者:船生千紗子

(株)通販総研 化粧品専門コンサルタント

Img cat14

矢野経済研究所 アジア美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

矢野経済研究所 中国美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

化粧品トレンドを読み解くキーワード

執筆者:松本 竜馬

TPCマーケティングリサーチ(株)マーケティングマネージャー

Img cat21

化粧品のリテラシー

執筆者:島田邦男

琉球ボーテ(株) 代表取締役

Img cat10

激変するコスメマーケット

執筆者:鯉渕登志子

(株)フォー・レディー代表取締役

Img cat2

『女心』攻略データベース

執筆者:中村浩子

(株)ヴィーナスプロジェクト代表取締役社長

Img cat

今日から試せる! PR&販促講座

執筆者:松下令子

美容専門PR・販促支援会社 (株)DSプロモーション 代表取締役

Matsushita face

化粧品コンサルタントが教えます 最新・ヒットの法則

執筆者:廣瀬知砂子

株式会社ビューティブレーン 代表

Hirose face

アジア美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

中国美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

化粧品・日用品業界の商標・ブランド戦略相談室

執筆者:髙橋 伸也

フルブルーム国際商標事務所 所長弁理士

Img cat20

榎戸淳一のエステサロン経営 地域一番店への道

執筆者:榎戸淳一

株式会社ES-ROOTS代表取締役社長、一般社団法人エステティックグランプリ元理事長

Img cat3 1

中国クチコミ分析で探る「美」のツボ

執筆者:森下 智史

株式会社トレンドExpress 「中国トレンドExpress」編集長

%e6%a3%ae%e4%b8%8b%e6%99%ba%e5%8f%b2

アットコスメクチコミトレンド

執筆者:山田メユミ

株式会社アイスタイル 取締役 CQO / コーポレート領域管掌

Img cat1

新日本有限責任監査法人 公認会計士から見た化粧品・トイレタリー業界

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

新日本有限責任監査法人 不正事例に学べ!

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

創業原点を未来へ託す

執筆者:川原慎也

(株)船井総合研究所 東京経営支援本部 部長 グループマネージャー

Img cat8

Eコマースに見る中国化粧品マーケットの今

執筆者:斉晶岩(サイ ショウガン)

LAFASO JAPAN 代表取締役社長

Img cat13

韓国ビューティーマーケット最前線

執筆者:吉田武史

吉田法務事務所代表、日本薬事法務学会理事長

Img cat4

消費動向から斬り込むマーケティング戦略

執筆者:大神賢一郎

産業能率大学総合研究所主席研究員

Img cat6

消費者視点の「買われ方・選ばれ方」

執筆者:野澤 太郎

(株)ネオマーケティング ビューティ&ライフチーム マネージャー

%e3%83%8d%e3%82%aa%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

アクセスランキング

  1. 1位 1月23日 10時30分
    アルビオン、「イグニス」を一新 個...
  2. 2位 1月21日 10時30分
    コーセー、「コスメデコルテ」から多...
  3. 3位 1月23日 09時30分
    ユニ・チャーム、2020年春の新製...
  4. 4位 1月22日 11時30分
    三洋化成工業、同社初の化粧品ブラン...
  5. 5位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  6. 6位 1月22日 09時30分
    アイスタイル、新会社「Dot & ...
  7. 7位 1月20日 12時30分
    オルビス、国内空港免税店へ初出店
  8. 8位 1月22日 12時30分
    ヒノキ新薬、首都圏ヒノキ会新年方針...
  9. 9位 1月21日 09時30分
    アルビオン、「エレガンス」より20...
  10. 10位 1月17日 12時30分
    三葵コーポレーション、ユニークな海...
  1. 1位 1月21日 10時30分
    コーセー、「コスメデコルテ」から多...
  2. 2位 1月17日 16時00分
    日本コルマー、化粧品開発展で価値創...
  3. 3位 1月17日 15時30分
    グラセル、環境プロジェクトを核にサ...
  4. 4位 1月17日 12時30分
    三葵コーポレーション、ユニークな海...
  5. 5位 1月16日 13時30分
    コーセー、「Innovation ...
  6. 6位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  7. 7位 1月17日 14時00分
    エア・ウォーター・ゾル、エアゾール...
  8. 8位 1月17日 13時30分
    近代化学、ボタニカルをテーマに2ス...
  9. 9位 1月20日 10時30分
    ファンケル美健、新会社「ファンケル...
  10. 10位 1月17日 15時00分
    ケイズ、OEM+容器のオールインワ...
  1. 1位 12月13日 12時30分
    コーセー、デジタル技術の活用でパー...
  2. 2位 12月26日 15時00分
    吉田硝子、環境に配慮したバイオポリ...
  3. 3位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  4. 4位 12月26日 16時00分
    大日本印刷、GREEN PACKA...
  5. 5位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  6. 6位 12月26日 14時00分
    石堂硝子、重量感・肉厚感にこだわり...
  7. 7位 1月21日 10時30分
    コーセー、「コスメデコルテ」から多...
  8. 8位 12月26日 11時00分
    平和化学工業所、ポストコンシューマ...
  9. 9位 12月26日 12時00分
    大阪硝子、軽量化など新時代に対応す...
  10. 10位 1月7日 14時00分
    花王 澤田社長、未来に向けた新たな挑戦

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ